HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

新たな音楽体験と大自然が共鳴するオープンエアパーティー『rural 2018』が7月14日(土)〜16日(月・祝)に開催されることが決定した。

 

会場となるのは『rural 2017』と同じく、長野県佐久市の「内山牧場キャンプ場」。佐久高原に切り立つ名山「荒船山」を望む、360度パノラマのダンスフロアが大きな魅力の会場となっている。

内山牧場キャンプ場では初開催となった2017年は、『rural』の真髄と言える先鋭的な音楽が、山頂の移りゆく景色と呼応し、本祭のひとつの完成形に達したと言える素晴らしい3日間を繰り広げた。

 

 

『rural』は来年で10年目を迎える。次回もさらなる進化を目指し、電子音楽界の先陣を切るアーティストが集結するという。ラインナップやチケットについては後日発表されるそうなので、続報をお待ちいただきたい。

 

また、11月25日(土)には『rural』の10年に向けて布石となるクラブイベント『rural presents Amber – milestone for the next decade -』が代官山UNITで開催される。メインフロアには『rural 2017』で霧の朝に圧倒的な存在感を残したLena Willikensが帰還。また、夕暮れをダンサブルなムードで沸かせたSolarの盟友で、同じくサンフランシスコのローカルヒーローであるMozhgan、Lights Down Lowが揃って初来日を果たす。そしてヨーロッパツアーから帰国したばかりのSapphire Slows、今年は『Berlin Atonal』への出演も果たしたDJ Yaziをはじめ、国内勢も盤石のラインナップとなっている。

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

rural presents Amber – milestone for the next decade –

Date: 2017/11/25(Sat)

Venue: UNIT / Saloon

Open/Start: 23:00

Door Admission: ¥4,000
w/Flyer: ¥3,500
ADV: ¥3,000
Early Bird: ¥2,500

 

Line up:

[UNIT]

Phantom Kino Ballett – Live visual performance by Lena Willikens & Sarah Szczesny

Lena Willikens (Còmeme | DE)

Mozhgan (We Are Monsters | US)

Sapphire Slows (Nous Disques, Not Not Fun)

 

[SALOON]

Lights Down Low (Richie Panic & Corey Sizemore | US)

DJ YAZI (Black Smoker, Twinpeaks)

ditsese – Live

O-Ma – Live

Rogue HQ (Wiggle Room)

Nao (addictedloop)

Takahashi (Veta)

 

More info: https://www.rural-jp.com/

UNIT 03-5459-8630

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

現行のUKガラージ、グライム、UKベースミュージック・シーンにおける最重要な女性プロデューサー/DJであるFlava Dが11月22日(水)〜25日(土)にかけてジャパンツアーを開催する。

 

Flava DことDanielle Goodingは、幼少からCASIOのキーボードに戯れ、14才からレコード店で働き、16才から独学でプロデュースを開始。当時彼女が住んでいたボーンマスでは、地元の海賊放送『Fire FM』やUKガラージの大御所DJ EZの『Pure Garage CD』を愛聴し、さらにはNasやPete Rockにも傾倒したという。2009年以降、彼女のトラックはWileyを始めとする多くのグライムMCに使用され、数々のコンピに名を残していくと、2012年にはグライムDJのSir Spyroの〈Pitch Controller〉から自身の名義で初のEP『Strawberry』を発表。2013年からは自身のBandcampから精力的なリリースを開始する。やがてDJ EZがプレイした彼女の“Hold On”を聴いたElijahからコンタクトを受け、彼が主宰するレーベル/クルー〈Butterz〉と契約。2013年に『Hold On/Home』のリリースを皮切りに、Royal Tとのコラボ『On My Mind』、またRoyal TとDJ Qとのユニット「tqd」による『Day & Night』などのリリースで評価を高めていく。

 

 

2015年にはシングルの総集編的な意味合いも含んだアルバム『More Love』を自身のBandcampページでリリースし、2016年にはロンドンの名門クラブが運営するレーベル〈Fabric〉からミックスCD『Fabriclive 88』を発表した。2017年にはtqdとしてアルバム『UKG』を発表し、大きな話題を呼んだ。

〈Butterz〉と契約した時期と同じくして、Flava DはUKハウス、ガラージ、グライム、ベースライン等を自在に行き交うプロダクションと独創的なDJプレイで一気にブレイクし、その波は今や世界各地へ及んでいる。

 

 

Flava Dのジャパンツアーは、11月22日(水・祝前日)に高知のOUTERからスタート。同週の週末、11月24日(金)には東京のCIRCUS TOKYOで、〈TREKKIE TRAX〉のSeimei & andrewが日本のグライムMCであるONJUICYをフィーチャーした特別なセット、『House Not House』を主催するFrankie $ & Datwunと共演する。11月25日(土)には大阪のCIRCUS OSAKAにてプレイする。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Flava D Japan Tour 2017

【東京】

Date: 2017/11/24 (Fri)

Venue: CIRCUS Tokyo

Open: 23:00
ADV: 2500yen

Door: 3000yen

 

ADV ticket outlets:

[チケットぴあ] P-CODE(349939)

[イープラス] http://eplus.jp/

[peatix] http://ptix.co/2w9gyKQ

 

Line yp:

[MAIN FLOOR]

Flava D

Seimei & andrew featuring ONJUICY

Frankie $ & Datwun

iivvyy(HVNS & KOSMO KAT)

 

[1st FLOOR]

Gradate

moriura

Genik

Shun

 

More info: CIRCUS TOKYO

http://circus-tokyo.jp/event/flava-d-japan-tour-2017-tokyo/

 

 

 

 

【大阪】

Date: 2017/11/25 (Sat)

Venue: CIRCUS Osaka

Open: 23:00
ADV: 2000yen

DOOR: 2500yen
※別途1ドリンク代金600円必要

 

ADV ticket outlets:

[チケットぴあ] P-CODE(349940)

[イープラス] http://eplus.jp/

[peatix] http://ptix.co/2fcJnPN

 

Line up:
Flava D
EXIT & Nazanael
BIGTED & RASTY(Nightbird)
and more

 

 

More info: CIRCUS OSAKA

http://circus-osaka.com/event/flava-d-japan-tour-2017-osaka/

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

Mr. TiesがVENTにて開催のMonkey Timers主催の『DISKO KLUBB』に登場する。

 

Mr. TiesことFrancesco De Nittisは、南イタリアの小さな港町ジョヴィナッツォ出身で、現在はベルリンを拠点に活動するDJ。10代の頃から常に音楽を欲して来た彼の経験の多さは、一歩一歩確実にDJ/プロデューサーとしての彼の地位を高位なものにしてきた。また彼は、2010年にベルリンでDanilo Rosatoと共にスタートさせたパーティー『Homopatik』の評価の高まりと共に、ヨーロッパでDJとしての注目を集めるようになった。ベルリンの人気ヴェニュー://about blankにて毎月開催され、陽気で高揚感溢れる彼のトラックとマッチしたフリーダム全開な彼のパーティーは先鋭的なベルリンの多くのクラバー達に親しまれてきた。現在は://about blankでのマンスリーレジデントは終了しているが、『Homopatik』は現在も国内外の会場にて時にスペシャルなゲストを招き、時にMr. Tiesのオールナイトロングセットが披露される場として機能している。

3台のターンテーブルとロータリーミキサーを自由自在に操り、直感的かつ肉体的な瞬発力と持続力を8時間以上キープするエネルギーと突破力に満ち溢れ、ダンスフロアにマジックをかけ続けることができる。そして、生粋のパーティーピープルからクラブビギナーまで、すべてのクラウドを惹きつけてやまない、その破天荒でフリーキーな存在感は、「新世紀のLarry Levan」とも称されている。

 

 

Mr. Tiesを迎えるのは、VENTなどのヴェニューにて定期開催されているMonkey Timers主催の『DISKO KLUBB』。過去にはSan ProperやMaurice Fultonなど、独自のスタイルを持ったDJたちを招聘し成功を収めてきた本パーティーは、Mr. Tiesとの相性も抜群だろう。Monkey Timersとともに、OMI、JITSUMITSU、GYAOらがメインフロアに登場する。

 

 

イベント詳細は以下の通り。

 

 

 

 

DISKO KLUBB supported by TDME

 

Date: 2017/12/1 (Fri)
Venue: VENT
Open: 23:00
Door: ¥3,500
FB discount: ¥3,000
FB event page: https://www.facebook.com/events/1454171981298883/

 

Line up:
[ROOM1]
Mr. Ties (Homopatik)
MONKEY TIMERS
OMI 
JITSUMITSU 
GYAO

 

[ROOM2]
MURAKAMI JUN (村上 淳)
YOSHIROTTEN
MORITA KENTARO (TAICOCLUB)
DJ SHIKISAI 
yamarchy 
DJ CALPIS

 

More info: VENT

http://vent-tokyo.net/schedule/mr-ties/

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

SEKITOVAが自身の地元、大阪CLUB JOULEにて主催するパーティー『TESLA』。Licaxxxとの二人会となった8月開催の前回に引き続き、11月25日(土)に開催される第5回にはDazzle Drumsが登場、大阪からのゲストとしてAsparaとMightwhalesが招かれた。

 

『TESLA』は新世代を代表するDJ、SEKITOVAが地元大阪から国内シーンの更なる活性化を図るため主宰するパーティー。国内トップランカーを迎えつつ、大阪、関西を中心に活動するDJをフックアップし、関西のローカルDJ陣の底上げをも視野に入れているという彼の想いは、こちらのインタヴューからチェックしていただきたい。

 

近年のDazzle Drumsと言えば、11年続く青山ZEROでのレギュラーパーティー『Block Party』と、Oathでの奇数月の第四金曜日のレジデントを続けながら、昨年末の『Ray-Ban x Boiler Room Tokyo』に出演、2017年に入ってからも初夏のマルタとイタリアでのツアー、先日の『Amsterdam Dance Event(通称:ADE)』期間中の3度のギグ、同期間にRush Hour Record Storeにて行われたGilles Peterson主催「Worldwide FM」でのプレイなど、ローカルとワールドワイドの両方に根差す活動が話題だ。また、2017年春発表のミックス&コンピCD『Music Of Many Colours』や、つい先日自身らが主催する〈Green Parrot Recording〉からのリリースと相成ったアフロ・ハウスに特化したコンピレーション『Conga』、DJ Spen主宰〈unquantize〉からリリースされ〈Beat In Space〉のTim Sweeneyも早速プレイした『Voodoo Drums/Russell Street』など、リリース面においても精力的な動きを見せており、長いキャリアを更にブレイクスルーさせるような兆しすらある。

DOMMUNE主催の宇川直宏をして「Larry Levan直系」と言わしめたDazzle Drumsのプレイの爆発力は凄まじく、加えてアフロハウスを駆使したグルーヴキープ力によって時により深く潜り、時にドラマチックな展開を見せる。関西においてJOULEのような大箱で彼らの実力を体感できるパーティーは、見逃せない機会となるだろう。

 

 

 

この日は『TESLA』主宰のSEKITOVAがオープンを担当するほか、Licaxxx、Madeggと共に『MAL』を主宰する大阪在住の若手筆頭株Aspara、大阪に拠点を置くパーティー『Satellite』主宰でありSEKITOVA曰く「バイブスとミラクルを起こすナイスガイ」Mightwhalesが登場する。

 

 

 

 

ヨーロッパ帰りのDazzle Drumsと大阪ローカル勢によって、ハウス・ミュージックの魔力がJOULEのメインフロアを支配する夜を、お見逃しなく。

 

イベント詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Date: 2017/11/25 (Sat)
Venue: CLUB JOULE
Open/Start: 23:00
Door: ¥2,500

 

Line up:

DJ:
Dazzle Drums
Mightwhales
Aspara
SEKITOVA

 

VJ:
catchpulse

 

More info:

Club Joule
http://club-joule.com/

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

エレクトロニックミュージックのWEBマガジン『Resident Advisor』が、東アジア3都市でイベントを開催、Daniel AveryとCourtesyの2人が一晩に渡りB2Bでプレイする。

 

この企画は11月22日(水・祝前)東京はUNITでキックオフし、11月24日(金)ソウルのFaust、25日(土)台北のKornerへと続く。これまでに一度も一緒にプレイしたことがなく、どこか同じ性質を持つDaniel AveryとCourtesyは、両者ともに広範囲にわたるジャンルやムードをスムーズに行き来するプレイで知られるが、テクノがその中心だ。彼らはそれぞれのショーで、B2Bでプレイする。

 

UK出身のDJ/アーティストDaniel Averyは、2012年にロンドンの名門クラブfabricのコンピレーションシリーズ『Fabriclive』を手がけ、2013年にはErol Alkan主宰のレーベル〈Phantasy Sound〉よりデビューアルバム『Drone Logic』を発表し各方面から大きな賞賛を浴びた。Averyはソロアーティストとして活動するほか、〈BleeD〉主宰のVolte-Faceや、Nine Inch NailesのメンバーであるAlessandro Cortiniといった他のアーティストとのコラボレーションも積極的に行なっている。fabricでスタートした彼のセミレギュラーパーティーであり、「心に働きかけるような音楽や、何かスペシャルなことをやっているアクトを紹介する場」である『Divided Love』は現在世界各地に影響力を広げており、これまでにDJ Nobu、Helena Hauff、Voices From The Lake、Dopplereffektなど様々なゲストを迎えてきた。2015年にはRødhådやPowell、Silent Servantをフィーチャーした『Drone Logic』のリミックスコンピレーションをリリース。同作と彼が2016に監修した『DJ-Kicks』は、シーンで最もオリジナリティのあるアーティストの1人が、現代のアンダーグラウンドミュージックの強さを証明したアルバムとなった。

 

 

CourtesyことNajaaraq Vestbirkは、グリーンランド生まれデンマーク育ちのDJ、レーベルオーナー、ジャーナリスト。コペンハーゲン拠点のDJ、Mama Snakeと共に運営するレーベル〈Ectotherm〉では、彼女のDJプレイとも共通する空気を持った無骨で切迫感のあるフロアバンガーなリリースを多数を手掛けている。Courtesyのブレイクスルーイヤーとなった2016年、『Crack Magazine』と『FACT』で公開され高く評価されたミックスには、ファジーなテクスチャと洗練されたプロダクション、滑らかなエレクトロ、ライヴに影響を受けたブレイクスなど、様々なスタイルを融合させ、ダンスミュージックの限界を超えていくような彼女の好みが現れていた。彼女は既にパリConcrete、アムステルダムDe School、ヘルシンキKaiku Club、そしてベルリンのBerghain/Panorama Barと、世界各地の主要クラブへの出演を果たしており、年内にはアジア、ニュージーランド、北米でのツアーを控えている。

彼女の来日は、今年3月のAvalon Emersonとのダブルヘッダーツアー以来となる。様々なグルーヴを自由に行き来する当時のプレイも話題と波紋を呼んでおり、今回のDaniel AveryとのB2Bも注目必至だ。

 

 

 

今回の東京公演では、UNITでDaniel AveryとCourtesyがオールナイトロングセットでプレイ。そしてSaloonでは国内から4組をラインナップ。『Future Terror』のHarukaがレアなハウスセットで出演するほか、ギターレイヤーを重ね合わせて音風景を描くHakobune、多様な機材を駆使しダブテクノを体現するMoss、実験的なベースサウンドを自在に操るLynneが出演する。

 

 

 

 

 

なお、11月22日(水・祝前)のイベント開催前の19:00から21:30は、Daniel AveryとCourtesyのプレイが『RA Live and Dommune: Daniel Avery and Courtesy』として両チャンネルからストリーミング配信される予定だ。

 

若きテクノDJたちによる、エクスクルーシヴなB2Bセットをお見逃しなく。

 

イベント詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Resident Advisor + Unit

Date:2017/11/22(Wed)

Venue: UNIT

Ooen / Start 23:00
Adv:

1st ¥2,000

2nd ¥2,500

3rd ¥3,000

Door: ¥3,500
Ticket outlets: RA

 

Line up:

[Unit]
Daniel Avery b2b Courtesy all night long

 

[Saloon]
Haruka
Hakobune (live)
Moss (live)
Lynne

 

More info:

RA

https://jp.residentadvisor.net/events/1021813

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.