HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

女性ならではの繊細さとディープな選曲による独特の世界観で多くのテクノ・ファンを魅了し、またレーベル〈BPitch Control〉のオーナーとして世界的なエレクトロニックミュージック・カルチャーを前進させてきたEllen Allienが3月11日(土)に遂にVENTに登場する。

 

ベルリン出身のEllen Allienは、90年代初期より地元の名門クラブTresorやMaria、WMF、WatergateなどでレジデントDJを務めてそのキャリアを確立した。ヨーロッパ最大の屋内レイヴ『MAYDAY』や『Love Parade』、日本では『WIRE』などに出演、後にレジデントを務めることになったイビサのDC10の名物アフターアワーズ『CIRCOLOCO』にも幾度と出演し、長きにわたって常にシーンを代表する女性DJとして注目を集め続けてきた。1999年に自身の主宰レーベル〈BPitch Control〉を始動させると、自身のクリエイティヴの本拠地としながら、テクノやハウスを始めとするエレクトロニックミュージックのためのハブとして機能させてきた。彼女自身はレーベルで販売するTシャツや洋服のデザイナーとしての活動もしながら、空港や飛行機、数え切れないほど多くのクラブを第二の家としながら、未だ世界中にフォロワーを増やし続けている。また、近現代アートの聖地であるパリのポンピドゥーセンター(Pompidou Centre)でもパフォーマンスを行い、国際的に信頼されているDJとしての生活を送り、華麗なキャリアを築き上げてきた。

 

プロデュースでは2001年のデビューアルバム『Stadtkind』が爆発的なヒットを記録。長い音楽的物語も惜しみなく披露するアルバムは、2006年にはApparatとの共作『Orchestra Of Bubbles』、2010年の『Dust』、2013年の『LISm』とどれも高く評価されてきた。最近のリリースでは、ダークでニューウェーヴなテクノ、震えるようなエレクトロ、そして期待されるようなテックハウスの『High』、『Landing xx』、『Turn Off Your Mind』の3作がある。

 

 

毎日毎晩のように彼女の情熱を音楽的物語を込めたプレイをオーディエンスに届けることで、世界の音楽カルチャー形成という重要な役目を果たしてきたEllen Allienのプレイは必見。共演には『POWWOW』や『DESIRE』を主宰しながら全国を駆け巡ってきたCMTを始め、Kei HigurashiやDJ FGRなど実力者が勢ぞろい。ROOM2にも、SXSWに出演を果たしたDJ RSが登場する。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Ellen Allien


Date: 2017/3/31 (Sat)

Venue: VENT

Open: 23:00
Door: ¥3,500

FB discount: ¥3,000

FB event page: https://www.facebook.com/events/260859491020580/

 

Line up:

[ROOM1]

Ellen Allien

CMT

Kei Higurashi (Dexter/Ballad)

DJ FGR

 

[ROOM2]

DJ RS (Blink Music)

ITA (PRIMITIVE, SIDE B)

SAYA (POLKADOT)

DAIZEN

dew (-Drone屋敷-)

 

More info: VENT

http://vent-tokyo.net/schedule/ellen-allien/

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。 尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

2016年に名門〈Warp〉と契約し、初のフィジカルリリースとなった『SPAGHETTO』も話題を集めた次世代のエクスペリメンタル・ラップアーティストGAIKAが4月に初のジャパンツアーを敢行する。

 

GAIKAは、サウスロンドンのブリクストンを拠点に、グライムやダンスホール、R&Bなどを取り入れた先鋭的なサウンドを描くプロデューサー兼ヴォーカリストであり、ヴィジュアルアーティストとしても活動している。2015年に自身のSoundCloud上で発表したミックステープ『MACHINE』が熱心なヒップホップ/グライムのリスナーから好評を集めると、Kahnが手掛けたKelelaのリミックス“All The Way Down (Kahn Remix) ”にヴォーカルで参加したことも相まって、ミックステープ収録曲から発表した自身も編集を務める“Bodhy Knows At 90”のビデオが数々のメディアにピックアップされ、一気に知名度を広げる。

 

 

2016年5月には、昨今のグライムやダンスホールのムーヴメントを牽引するUS拠点レーベル〈Mixpak〉から2作目のミックステープ『SECURITY』をリリース(現在もフリーダウンロードが可能)。また同年の8月には〈Warp〉との契約とデビューシングル“3D”を、10月にはJam Cityがプロデューサーで参加したEP『SPAGHETTO』と立て続けに作品を発表し、さらにその間にはDarkstarの最新EPや、Dean Bluntが主導するBabyfatherのミックステープなどでコラボを果たし、Boiler Roomのデビューライヴも行い、その驚くべき速度と活発な活動で話題をさらった。

 

 

2017年は早くも『Sonar』や『Field Day』への出演が決定しているほか、今春には『Convergence』や『Rewire』などの世界の著名フェスティバルでのパフォーマンスも控え、そして4月には今回のジャパンツアーが決定するなど、まさに引っ張りだことなっている。

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

GAIKA FIRST LIVE TOUR 2017

 

【東京】
Date: 2017/4/8 (Sat)

Venue: CIRCUS TOKYO

Open/Start: 17:00
ADV: 2500yen

Door: 3000yen(共に別途1ドリンク代金必要)

 

Ticket outlets:

[イープラス] http://eplus.jp
[チケットぴあ] P-CODE(327688)
[ローソンチケット] L-CODE(73510)

 

Line up:

GAIKA

…and more

 

More info: CIRCUS TOKYO
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16
TEL:03-6419-7520
http://circus-tokyo.jp

 

 

【大阪】

Date: 2017/4/9 (Sun)
Venue: CIRCUS OSAKA

Open/Start: 18:00
ADV: 2500yen

Door: 3000yen(共に別途1ドリンク代金必要)

 

Ticket outlets:

[イープラス] http://eplus.jp
[チケットぴあ] P-CODE(327689)
[ローソンチケット] L-CODE(56787)

 

Line up:

GAIKA

…and more

 

More info: CIRCUS OSAKA
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-8-16中西ビル2F
TEL : 06-6241-3822
http://circus-osaka.com

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

ウクライナ発のDJ、 プロデューサー、レーベルオーナー、プロモーターと多岐にわたって活躍するNastiaが3月25日(土)に待望の再来日を果たし、表参道のVENTにてプレイする。

 

Nastiaは2005年に地元ウクライナでキャリアをスタートさせ、2006年頃には地元シーンで頭角を表すと、ウクライナ最大級であり東欧随一である屋外フェスティバル『KaZantip』のクルーにも加わりながら活動していた。同じく2006年からはウクライナのラジオ局Kiss FMで番組を持ち、クラブDJだけでなくラジオDJとしても知名度を高めていった。プレイの実力が話題を呼び、2010年から隣国ロシア・モスクワの人気クラブARMA17のレジデントを担当するようになると、Panorama Barやfabricなどの世界中の名門ヴェニューから、ヨーロッパを始めとする世界各地の大小のフェスまで、ブッキングも増加し、DJとして一躍スターダムに躍り出る。 2013年年には、Fumiya Tanakaをリミキサーに招いた待望のデビューEP『Maslo』をルーマニアン・ミニマルの草分け的レーベル〈All Inn〉のオフシュート〈Nilla〉から発表。また同じ年にはヴァイナルオンリーでのリリースを行うレーベル〈Propaganda〉を立ち上げ、レーベルと同名を冠したパーティーもヨーロッパ各地で開催し、プロモートや運営に関しても非常に精力的な活動を見せている。彼女の繰り出すトワイライトなテクノ、メランコリックなミニマル、削ぎ落とされたゲットーファンクやディープハウスは、ここ日本を含む世界中のクラウドを魅了し続けている。

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

Nastia


Date: 2017/3/25 (Sat)

Venue: VENT

Open: 23:00
Door: ¥3,500

FB discount: ¥3,000

FB Evebt page: https://www.facebook.com/events/750597618435969/

 

[ROOM1]

Nastia

Den (NETA)

Tatsuoki (Broad)

erica

 

[ROOM2]

Takuya Ogawa
Chuntaro (Deep Secrets)

kannabi (Katharsis)

LowTechCircus (CHANNEL)

REIMEI

 

More info: VENT

http://vent-tokyo.net/schedule/nastia/

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。 尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。

※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

2017年5月27日(土)から28日(日)にわたって長野県木曽郡木祖村「こだまの森」にて開催される『TAICOCLUB’17』の第3弾出演アーティスト6組が発表された。

 

日本でも絶大な人気を誇る、Stephen Wilkinsonによるソロ・ユニットBibioが初披露となる「貴重な貴重なライヴ」での出演が決定。2013年の『Silber Wilkinson』で世界的な人気を不動のものとし、昨年リリースした『A Mineral Love』では作品性とその評価共に新たなステージへとステップアップ。アシッドフォーク的なギター、ありふれた機材を使ったチープなエフェクト、カセットや壊れたサンプラーなどを使ったフィールド・レコーディングなどによる奇妙な、しかし愛すべき独特なサウンドで多くのファンの心を掴んできた。今回のライヴセットは見逃し厳禁だ。

 

 

さらにそのBibioの親友でありコラボレーターでもあるRichard Robertsも出演が決定。〈Ninja Tune〉からのリリースでエレクトロニック・デュオLetheretteの一員として活躍し、さらにBonobo、Machinedrum、Solar Bears、Jed&Lucia等のリミックスを重ねている。最近はLetheretteを離れ独自の活動も精力的に行なっており、Bibioと共に来日となる今回の公演をお楽しみに。

 

そして海外からは、Drakeの『If You’re Reading This It’s Too Late』に自身の楽曲がサンプリングされ、Giles Petersonらからも才能を認められているNYのシンガーでありプロデューサー、Gabriel Garzon-Montanoの出演が決定。巨匠Philip Glassとの共演をするプロの歌手を母に持ち、彼自身も温かみのあるサウンドと中毒性の高いグルーヴ感でオリジナルなソウルミュージックを仕上げており、今年には〈Stones Throw〉からデビューアルバム『Jardín』をリリースしたばかり。これからの時代を象徴するようなライヴは体験必須だ。

 

 

そして国内からは、『TAICOCLUB』へも過去2回の出演を果たしているクラムボンが、こだまの森に再び登場。2016年は自身のレーベル〈トロピカル〉から『モメントe.p.』を発表。ライブ会場限定でCDを販売しサイン会を行うツアーを全国30公演開催するなど、精力的に活動を続けている。野外音楽堂での一体感のあるライヴを今年も体験することができる。

 

 

映像演出による視覚効果も相まって、楽曲の世界観をより鮮烈に現前させるライブセットで瞬く間にオーディエンスの心を掴んだyahyelが初登場。古今東西のベース・ミュージックを貪欲に吸収したトラック、ブルース経由のスモーキーな歌声、ディストピア的情景や皮肉なまでの誠実さが表出する詩世界、これらを合わせたほの暗い質感を持つ楽曲が彼らのオリジナリティを作り上げている。今最も注目を集める新鋭のライブをこだまの森で体感してみてはいかがだろうか。

 

 

そして『TAICOCLUB』のオープニングは、いつもオーティエンスの最初の心を掴むDJ、MOODMAN。12年という長い間常に新しい音を聞かせてきてくれたMOODMANのプレイを今年もお楽しみに。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

 

TAICOCLUB’17

Date: 2017/5/27(Sat)〜 28(Sun)

Place: 長野県木曽郡木祖村 こだまの森

 

Line up:

Acid Arab (FR)

Battles (US)

Bibio (UK) (NEW)

cero (JP)

クラムボン (JP) (NEW)

D.A.N. (JP)

Daphni (CA)

Gabriel Garzon-Montano (US) (NEW)

MOODMAN (JP) (NEW)

Motor City Drum Ensemble (DE)

NONOTAK (FR / JP)

Richard Roberts (UK) (NEW)

相対性理論 (JP) (NEW)

Takkyu Ishino (JP)

黒田卓也 (JP)

yahyel (JP) (NEW)

 

and many more …

 

 

Ticke outlet info: http://taicoclub.shop-pro.jp/

 

[カテゴリー4]

販売中

前売券 14,000円

 

[テント利用券]

販売期間 6/25(土)から販売中

テント1張につき3,000円

※ 数名でテント1張を共有する場合、利用者全員がテント利用券を購入する必要はありません。

※ テントの貸し出しはおこなっておりませんので予めご了承ください

※ テントをご利用になる場合は必ず1張につき1枚テント利用券を併せてご購入ください。

 

[前売場内駐車場]

駐車券 3,000円/1台

 

[前売臨時駐車場]

駐車券 3,000円/1台

 

※場内駐車券のみの受付はできません。入場券と併せて購入してください。 当日券 15,000円(前売券完売の場合、販売無し)

※ 全て税込 バスツアー 2月上旬よりお申込みスタート予定。今しばらくお待ちください。

※バスチケットと併せ、入場券/テント券のお申し込みも可能です。

※既にチケットをご購入済みの方は、バスだけのお申し込みも可能です。 フェスティバル、バスツアー等の詳細に関しましてはメーリングリスト、 Instagram、LINE@、Facebook、twitterにて随時お知らせいたします。

 

More Info: http://taicoclub.com/16/17_1st/

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

2015年3月27日に天国へ旅立ったテクノ/ハウス/エレクトロニカのプロデューサーで、国内外に多くのファンを持つススムヨコタの3回忌を追悼するイベントが3月18日にVentにて開催される。

 

1992年のデビュー来、TENSHIN、YOKOTA、Susumu Yokotaなど様々な名義を使い分け、国内外のレーベルから30作を超えるアルバムを発表し、海外で高い評価をされ、日本のテクノの歴史を牽引したススム・ヨコタ。アンビエントミュージックを中心に、テクノやハウスなどのジャンルにまたがる作品を多数制作し、KEN ISHIIらと共に日本のエレクトロニックミュージックの発展を牽引し続けてきた。今年の3月27日に3回忌を迎える今年、日仏のテクノ、ハウスのDJが彼の功績を讃え、追悼する。

 

 

ススム・ヨコタのレーベルメイトでもあったKEN ISHIIやDJ WADAなど、生前親交のあったDJ/ アーティストが一同に介し、また日本のハウスの再評価の流れを作る新進気鋭のレーベル〈Jazzy Conscious〉のDJ ALIXなどによるDeep House Setもゲスト参加。初期作の再発を記念して、世代を超えて日欧英のリスナーのいるヨコタ追悼ならではテクノ、ディープハウスの一夜となる。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

A Tribute to Susumu Yokota 3rd Aniv.

Date: 2017/3/18 (Sat)

Open: 23:00

Door: ¥3,000

FB discount: ¥2,500

FB Event page: https://www.facebook.com/events/619671804908598/

 

Line up:

[ROOM1]

Ken Ishii (ReelMusiq/Sublime)

DJ Yama (ReelMusiq/Sublime)

DJ ALIXKUN (Jazzy Consious from France)

Klodio (Jazzy Consious from France)

Hideo Kobayashi (FuenteMusic)

 

[ROOM2]

TOBY

SATOSHI ENDO (ABEND KOLLEKTIV)

 

More info: VENT

http://vent-tokyo.net/schedule/a-tribute-to-susumu-yokota/

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。 尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。

※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
  • 2016/11/10まで掲載
  • 2016/11/10まで掲載

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.