HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

AQXDM

NEWS

AquarianとDeapmashによるユニットAQXDMが新作EP『Infrared』を〈Houndstooth〉から10月中旬にリリース

ベルリン拠点の新鋭プロデューサー/DJのAquarianとフランス・カーン拠点のプロデューサー/DJのDeapmashによるユニット、AQXDMが新作EP『Infrared』を〈Houndstooth〉から10月18日にリリースする。

 

NYの〈UNO〉や〈Quite Time Tapes〉からテクノ〜ブレークス〜IDM、さらにはドローンにまで跨る音楽性の作品をリリースしている、カナダ・トロント発でベルリン拠点のAquarian。そして、2014年にデビューして以来、フランスはカーンを拠点に活動しながら、これまでにBerghainのクラブナイトでも知られる〈Leisure System〉やテクノ〜ベースの新興レーベル〈THEM〉などからリリースを行ってきたDeapmash。2人はユニットのAQXDMとして、2018年にUAEを拠点とするミステリアスなレーベル〈Bedouin〉からEP『Aegis』デビューし、同作はテクノとジャングルのアタック感を混成した前衛的なフロアトラックとして注目を集めた。

 

 

そして、約1年半ぶり、2作目のEPとなる『Infrared』は、Rob Boothがキュレーションを務めるロンドンのレーベル〈Houndstooth〉からリリースされる。EPタイトルトラック“Infrared”は、Aphex Twinが9月にロンドンのPrintworksで行った最新A/Vライヴセットの中でも使用しているほか、Call SuperやSkee Mask、Zenker Brothersなどもすでにプレイしている話題作ともなっている。

 

Aphex Twinがプレイしているのは1時間35分前後から。

 

それぞれの拠点地であるベルリンとカーンから制作された5曲は、AQXDMのサウンドをさらに拡張させた作品となっており、ヒプノティックで、ビッグルームを志向し、レイヴ黄金時代のサウンドと90’s ジャングル、そしてマインドを曲げるようなテクノ系統のIDMといった要素を、高解像度のレンズを通じて濾過した作風となっている。

 

 

 

AQXDMの新作EP『Infrared』の詳細は以下の通り。

 

 

 

AQXDM

『Infrared』

AQXDM - Infrared

 

Release date: 2019/10/18

Label: Houndstooth

Cat no.: HTH107

Formats: Vinyl / Digital

 

Order here: https://aqxdm.bandcamp.com/album/infrared

 

Tracklist:

1. Infrared

2. Tunnel Vision

3. Leisure Techno

4. The Good Old Days Are Tomorrow

5. Requiem (Digital Bonus)

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.