HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

UNIT 14th Anniversary okadada – Open to Last –

UNIT 14th Anniversary okadada – Open to Last –

  • 2018.09.29 (Sat) @ UNIT
  • Photo : Asami UchidaText : Hiromi Matsubara

  • 2018.10.18[NEW]

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

一晩の濃密な対話

開演を告げるTempelhof & Gigi Mashinの“Corner Song”が空のフロアを満たし終える頃には、ついさっきまで会場外で待ち侘びていた人が意気揚々と流れ込んできていた。程無くして、代官山UNITのフロアを埋め尽くして、バーエリアまで溢れる数の人が集っていた。加えて、階下のSaloonには煙草とお酒を手に談笑をする人、久々に販売されたokadadaロゴTシャツを購入する人、エネルギーチャージとばかりにカレーを食べる人。どこを切り取っても、この長い一夜に対しての期待値の高さを窺い知ることができた。そして、その全てに対峙するステージ上のひとり、okadada。東京では初めてのOpen to Lastのロングセット。全てのフロアに彼のプレイが流れていて、彼の目から見えていた人も、時として見えていなかった人も、第一にプレイの動向を気に掛けていた。思い切って言い換えれば、“虜にしていた”んだと思う。僕も鳥肌が立った瞬間がいくつもあった。

ENTER

brainfeeder-night

Brainfeeder Night in SONICMANIA 2018

  • MAKUHARI MESSE / 幕張メッセ
  • Text : Hiromi MatsubaraPhoto : (c) SONICMANIA All Rights ReservedSpecial thanks : EUREKA (Negative Cloud)

  • 2018.8.29

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加
絶えず、インパクトのある話題とリリース、そしてFlying Lotusのマインドに実直と言える型破りな進化を遂げ続けてきた〈Brainfeeder〉も今年で10周年。Flying Lotusが〈Warp〉からの一発目『Reset EP』で衝撃的な登場をした、あの日のことを未だ鮮明に覚えている方も多いはず。ちなみに筆者はFlying Lotusが現れた当時、背伸びして洋楽雑誌を読み漁り、少しでも多くLA発のビートミュージックを聴いてみたいとネットでディグして、SamiyamやRas Gのビート集をiTunesで聴いていた中学生だった。今年の『SONICMANIA』にいた現在20代半ばから後半の人にとっては、〈Brainfeeder〉はそういう思い出を彩るレーベルの代表格なのではないだろうか。あれからもう10年が経ったとは未だ俄かに信じ難い……。しかし〈Brainfeeder〉はあの当時からずーっと面白い。“兄弟!”と呼び合うFlying LotusとThundercat始めアーティスト同士の家族のような親密な関係性と、ボーダーレスに、どんどんドープになっていく音楽性。今年はと言えば、Ross From Friendsの〈Brainfeeder〉ファミリー入りは本当に驚きだった。   意気揚々と『SONICMANIA』に遊びに行く、現在の大学生世代の20代前半の人たちにとってみれば、〈Brainfeeder〉が始動した時は小学生ぐらいだったと思うが、彼らにとって〈Brainfeeder〉はどういうレーベルなんだろうか。先日、青山の某DJバーで会った年下の友人で、大学生ながら都内でパーティーを主催している超若手DJのEUREKAくんが「『SONICMANIA』に行ってきたんですよ!」と話してくれたので、『Brainfeeder Night in SONICMANIA...READ MORE

ENTER

RAINBOW DISCO CLUB 2017

Rainbow Disco Club 2017

  • 2017.05.03(Wed) - 05(Fri ) @ Higashi izu Cross Country Course
  • Text : Kenjiro HiraiPhoto : Jiroken, Ken Kawamura, Masanori Naruse

  • 2018.4.19

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

快晴のパーティーに生まれた多彩なハイライト

『Rainbow Disco Club』(以下、『RDC』)は伊豆に会場を移して2017年で3回目の開催。多くのリピーターを掴み、GWの野外パーティーとしてシーンに定着し始めた。僕は『RDC』のことを説明する時に、「フェスティバル」ではなく、「パーティー」と呼びたくなる。この僕のこだわりのようなものは、『RDC』がクラブカルチャーの延長線上にあるものだから生まれるのだと思う。世界中からブッキングされた特一級のDJ/ライヴアクトのラインナップは、日本においてはなかなか観れるものではない面子ではあるが、必ずしも、音楽のショーに有りがちな「アーティストのためにオーディエンスが付いて来る」という図式だけではない、クラブカルチャーの中にあるコミュニティという横の繋がりを、人々の在り方から感じることができる。どこを向いてどこで踊っていても良いし、喋っていても飲んでいても、もちろんその他のエトセトラだって楽しい。例え、無自覚であっても自分で選択したことを楽しむ環境は、まさにクラブにおけるパーティーと同様のスタイルだ。そして与えられたものだけを楽しむのではない成熟したお客さんの在り方も、パーティーの雰囲気を育む大事な要素。この良い循環の一部になりたいと毎年思っているのは僕だけではないだろうが、今年は新たに、歳下の友人を一人、『RDC』という大きな輪の中に入れてみることにした。

ENTER

DIGGIN’ IN THE CARTS

RED BULL MUSIC FESTIVAL DIGGIN’ IN THE CARTS 電子遊戯音楽祭

  • 2017.11.17(FRI)@LIQUIDROOM
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : Keisuke Kato / Red Bull Content Pool, Suguru Saito / Red Bull Content Pool

  • 2017.12.4

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

現代のエレクトロニック・ミュージックにも絶大な影響を及ぼした、日本発・ゲーム音楽の歴史を祝う宴

一ヵ月に渡って東京を舞台に行われた『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』の最終日を飾ったのは、『DIGGIN' IN THE CARTS 電子遊戯音楽祭』。現在のエレクトロニック・ミュージックにも絶大な影響を与えている、80年代~90年代のゲーム音楽をテーマにしたライブイベントで、LIQUIDROOMでのオールナイト開催となった。   [arve url="https://www.youtube.com/embed/videoseries?list=PLDdx2qJK6Byi1bM37D0u-44NzRa9SVD7M&autoplay=0" /] そもそも「DIGGIN' IN THE CARTS」とは、「CARTS(ゲームカセット)を DIG る(掘り探す)」という意味で、2014年にレッドブル・ミュージック・アカデミーが公開した、日本のゲーム音楽の歴史とその魅力を探った全6エピソードのドキュメンタリー映像シリーズが元となっている。   また、このイベントと同日の11月17日には、日本のゲーム音楽から厳選されたトラックを収録したコンピレーション『DIGGIN IN THE CARTS』もリリース。発売元はダブステップのパイオニア的レーベルで、現代のUKを代表するエレクトロニックミュージック・レーベルの〈Hyperdub〉だ。この事実からも、ゲーム音楽が世界のエレクトロニック・ミュージック・シーンに与えた影響の大きさが窺い知れるだろう。   東京を拠点に活動し、今年〈Hyperdub〉からEPをリリースしたQuarta 330がトップバッターを飾った後、登場したのはCHIP TANAKA。任天堂出身で、ゲームボーイの音源開発をはじめ、『メトロイド』や『ドクターマリオ』など、数々のゲーム音楽を手掛け...READ MORE

ENTER

RED BULL MUSIC FESTIVAL ENTER THE NOISE 騒音楽舞踊競奏

  • 2017.11.13(MON)@SuperDeluxe
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : Yasuharu Sasaki / Red Bull Content Pool

  • 2017.12.4

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

ノイズと舞踊、ヒューマン・アートの極北が邂逅。その先には生命への賛美があった

10月22日(日)から11月17日(金)の1ヵ月間にかけて、東京各所で全14のイベントが繰り広げられた、『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』。スポーツ、音楽、ダンス、アート、ファッション等々、これまでにもあらゆる最新カルチャーをサポートしてきたエナジードリンク・ブランド〈RED BULL〉が、世界に先駆けてここ日本で開催した都市型音楽フェスだ。     ここでは、その最終週に行われた、3つのイベントの様子をレポートする。まず、最終週の月曜、11月13日に六本木SuperDeluxeで行われたのは、「音楽と舞踊は、どちらが過激か。」というキャッチコピーが付けられた、ノイズとパフォーマンスアートの共演『ENTER THE NOISE 騒音楽舞踏競奏』。     パフォーマンスを行うのは、2015年京都を拠点にするパフォーマンス・アーティストの東野祥子とカジワラトシオによって設立された、音楽・ダンス・映像・美術・照明・特殊装置などのスペシャリスト集団ANTIBODIES Collective。日本のノイズ・シーンを代表して彼らと共演するのは、1979年から活動し、国内外で高い評価を受けるMerzbowこと秋田昌美だ。     会場に入ると、不協和音に満ちたノイズと朗々とした演説の声が聴こえてくる。客席との区別なく広々としたフロア全体には、それぞれ独立した行動原理を持って動き回るパフォーマー達。   キャットスーツに身を包み、会場に設置されたポールを使ってダンスを繰り広げるポールダンサー。狐の面をつけて徳利とおちょこを運ぶ着物姿の女性。学生運動を想起させるメッセージが書かれた白いヘルメットを被った半裸の男性。紅白のドレスを着て、無邪気に笑い合い...READ MORE

ENTER

ROUND ROBIN

RED BULL MUSIC FESTIVAL ROUND ROBIN 一発本番即興演奏

  • 2017.11.15(WED)@shibuya duo MUSIC EXCHANGE
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : So Hasegawa / Red Bull Content Pool, Suguru Saito, Yasuharu Sasaki / Red Bull Content Pool

  • 2017.12.4

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

日本が世界に誇る名うてのミュージシャンがジャンル・世代を超えて集った、一夜限りの即興セッション

11月15日(水)にshibuya duo MUSIC EXCHANGEを舞台として行われたのは、〈ROUND ROBIN 一発本番即興演奏〉。このイベントは、2013年以来、世界各地で過去数回にわたり開催されており、ニューヨークやデトロイト、モントリオールで多くの名うてミュージシャンが豪華な共演を果たしてきた。     今回の東京では、現在の日本を代表する音楽家がシーンの垣根を越えて集結。演奏のルールはこうだ。「まずひとりのミュージシャンがステージに上がって5分間の演奏をしたあと、異なるバックグラウンドを持つ別のミュージシャンが続けてステージに上がり、2人で即興演奏を5分行う。そして最初のミュージシャンが去ると同時にまた別のミュージシャンがステージに上がり、ステージ上に残っていたアーティストと新しい即興演奏を生み出していく。」   つまり、5分ごとに2人の演奏者が即興でセッションを行い、それを数珠繋がりに続けていくというわけだ。開演近くまで、出演者も演奏順やそれぞれの使用する楽器を知らされなかったという、正真正銘の即興演奏である。     最初にステージに現れたのは、アシッドフォークシンガーソングライターのSHOKO。ギターを叩いて出したノイズと歌声をループさせ音を重ね、あっという間にサイケデリックなムードを作り上げていく。   5分が過ぎると、次の出演者、有島コレスケが登場。彼がベースを弾き、アグレッシヴな重低音でビートを乗せると、2人の演奏は一気に加速。〈ROUND ROBIN〉の本格的な幕開けだ。     続く演奏者は、小林うてな。彼女がスティールパンとキーボードの音を有島コレスケのベースに重ねると、アシッドなそれまでとは打って変わって、トロピカルで...READ MORE

ENTER

MUTEK JP 2017

MUTEK.JP 2017

  • Text : Toshinao RuikePhoto : MUTEK.JP, RYUYA AMAO, Toshinao Ruike

  • 2017.12.1

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

クラブ文化に通じる実験性と雑多性

東京では2回目の開催になるメディアアートの祭典『MUTEK.JP 2017』。モントリオールから始まって、現在はメキシコシティ、バルセロナ、ブエノスアイレス、ドバイ、東京、来年はサンフランシスコで開催されるが、国外のアーティストやフェスティバルの知名度を借りた単に“グローバル”なイベントではなく東京の地域性も感じられる良質なイベントになっていた。今回はその模様をお伝えしたい。   [gallery columns="2" size="full" ids="10385,10386"] Photo : MUTEK.jp   今回会場となったのは日本科学未来館。昼間は家族連れが常設展示を訪れているが、上階でカンファレンスやワークショップが行われ、夜の部では施設の様々なスペースがライブ会場になっていた。   これまでも日本科学未来館はBjörkなどのアーティストのライブや展示のために何度か使われているが、この非日常感は同じ臨海部でも東京ビッグサイトのように最初からホールとして作られた箱モノの会場にはないものだ。   Photo (above): MUTEK.jp / Photo (below): Toshinao Ruike   これも他の会場ではなかなかないことだが、7Fにあるドームシアターではプラネタリウムで用いられるようなドーム型のスクリーンに映像作品が映写された。   Photo (above) : MUTEK.jp / Photo (below) : Toshinao Ruike   Rezシリーズのクリエイター水口哲也氏を迎えて、Playstation VRの新作をドーム型ディスプレイでプレイするイベント。公募で選ばれた一般人がプレイする様子を仰向けで眺める。...READ MORE

ENTER

BACARDÍ Over The Border Launch Party Tokyo

BACARDÍ Over The Border Launch Party Tokyo

  • 2017.06.29(Thu) @ TABLOID
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : Shigeo Gomi

  • 2017.7.31

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

アートと音楽と――既存の境界線を超えた先にある、真の独創性へと辿り着くために

既存の概念を超えた表現に挑戦し続けるアーティストたちの活動をサポートするべく、世界最大のラム酒ブランド〈バカルディ〉が今年から日本でスタートさせた新プロジェクト、『BACARDÍ “Over The Border”』。オリジナルのプラットフォーム・メディアと体験型イベントの二つを軸にした同プロジェクトのローンチ・パーティーが、6月29日に東京TABLOIDで開催された。オープン直前に会場に到着すると、ミラーボールを無数に使用し光と反射の空間作品を創り出すアート集団MIRRORBOWLERと、廃材と自然から採集した素材を使用した創作活動を行うR領域の手による巨大なアート作品がエントランスでお出迎え。アーティストがパフォーマンスを行うステージの周囲も無数のアート作品で彩られ、一般的なクラブ・イベントの概念を超えた音楽とアートの融合を、視覚的な面でも存分に体験できる会場のデザインとなっていた。

ENTER

Toraiza SP-16

Pioneer DJ TORAIZ SP-16 Workshop in TDME’16

  • 2016.12.01(THU) @ Red Bull Studios Tokyo
  • Text : Toshinao RuikePhoto : Masato_Yokoyama

  • 2016.12.29

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

直感的に「音楽制作」ができる本格的なスタンドアローン・サンプラー

ダンスミュージックの現在を考えるTokyo Dance Music Event、その記念すべき第一回にPioneer DJによるスタンドアローン型サンプラー 「TORAIZ SP-16 (以下、SP-16)」のワークショップが行われた。今回はそのワークショップの様子をレポートしたい。   Pioneer DJと言えば、DJ用ミキサーやCDJといった機器で有名だ。これまで常に意識されていたのは、"楽器"として使える機器であるということ。 今秋発売されたTORAIZ SP-16はPioneer DJの音楽制作にフォーカスした機器として初めてになるが、これまでと同様楽器として直観的に扱えるように開発された。 試作の段階では、現役の音楽プロデューサー/DJ/ライブパフォーマー達に試奏を依頼。彼らからのフィードバックを得ながら開発されている。   この日は司会進行に開発者の服部章氏、今回の開発過程にも関わったミュージシャンのsauce81とYAMATOの3名によるデモンストレーションとレクチャーが行われた。会場はRed Bull Studio Tokyo、Red Bull関連イベント以外でもアーティストのトークイベントやワークショップのために昨今よく使われている場所だ。

ENTER

Convenanza Festival 2016

Convenanza Festival 2016

  • 2016.09.29(Thu) - 10.01(Sat) @ CARCASSONNE CASTLE, France
  • Text & Photo : Toshinao Ruike

  • 2016.10.21

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Andrew Weatherallと粋な大人達のパーティー

  90年代から今に至るまで多様な音楽シーンに影響を与え続けてきたAndrew Weatherallも今年で53歳になる。2016年は健康問題で来日公演が中止になり、心配しているファンもいるだろう。今年発表されたアルバムのタイトル『Convenanza』にもなり、本サイトのインタヴューでも取り上げられていたが、Andrewは4年ほど前から毎年秋に『Convenanza Festival』を主催している。中世に築かれた南フランス・カルカソンヌ(Carcassonne)の古城という味わい深いロケーションで、名プロデューサー自ら主催するパーティーがどのようなものか好奇心をそそられ、今回はその『Convenanza Festival』を訪れた。   気の利いたオーガナイズによる質の高い音楽フェスティバルはこれまでいくつか見てきたが、経験豊かな一人のアーティストがフェス全体をコーディネートしている例は少ない。アーティスト性が強く反映されたフェスティバルとはどのようなものか、それを見たかったのが今回訪れた動機だ。   [gallery columns="2" size="full" ids="6937,6938"]   最寄りの都市トゥルーズからは車で1時間ほど、バルセロナからは3時間ほど、延々とブドウ畑が続く農村部を抜けカルカソンヌにたどり着く。カルカソンヌは12世紀から13世紀にかけてキリスト教の一派であるカタリ派が領主に保護されていたため、ローマ・カトリックの反感を買い、ローマから派遣された十字軍がこの要塞都市を攻略し、カタリ派を異教徒として火刑に処していたという。「Convenanza」とはこのカタリ派の信者が城内で行っていた儀式のことを言う。   今はユネスコ世界遺産に登録され、日本人含め多くの観光客が広...READ MORE

ENTER

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.