HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Burial

NEWS

BurialがCD2枚組のコンピレーション『Tunes 2011 To 2019』を12月に〈Hyperdub〉からリリース

〈Hyperdub〉を代表するアーティスト、Burialが2011年から2019年までにリリースしたEPの中から17曲を収録したコンピレーション『Tunes 2011 To 2019』を12月6日にリリースする。

 

本コレクションはBurialによって並べられ、2007年リリースの傑作アルバム『Untrue』の後に初めて〈Hyperdub〉より発表されたEP『Street Halo』(2011)から、2019年6月発表の最新EP『Claustro / State Forest』まで、8年間のBurialのトラックメイクにおける深化と光彩を示した作品となっている。

 

 

予想外のゾーンを抜けていく長く曲りくねったコラージュ作品から、より尖った側面を通過して、幽霊に戻り、ビートレス作品の地平を拓くまでが収められている。『Tunes 2011 To 2019』は、〈Hyperdub〉15周年の締め括りであり、ロゴステッカーを封入した2枚組CDと、デジタルの2形態でリリースされる。

 

 

 

Burialのコンピレーション『Tunes 2011 To 2019』の詳細は以下の通り。

 

 

 

Burial

『Tunes 2011 To 2019』

Burial - Tunes 2011 To 2019

 

Release date: 2019/12/6

Label: Hyperdub

Cat no.: HDBCD048

Formats: 2 X CD / Digital

 

Order here: https://burial.bandcamp.com/album/tunes-2011-to-2019

 

Tracklist: 

[CD1]

1. State Forest

2. Beachfires

3. Subtemple

4. Young Death

5. Nightmarket

6. Hiders

7. Come Down To us

8. Claustro

9. Rival Dealer

 

[CD2]

1. Kindred

2. Loner

3. Ashtray Wasp

4. Rough Sleeper

5. Truant

6. Street Halo

7. Stolen Dog

8. NYC

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.