HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

DIGGIN’ IN THE CARTS

RED BULL MUSIC FESTIVAL DIGGIN’ IN THE CARTS 電子遊戯音楽祭

  • 2017.11.17(FRI)@LIQUIDROOM
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : Keisuke Kato / Red Bull Content Pool, Suguru Saito / Red Bull Content Pool

  • 2017.12.4

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

現代のエレクトロニック・ミュージックにも絶大な影響を及ぼした、日本発・ゲーム音楽の歴史を祝う宴

一ヵ月に渡って東京を舞台に行われた『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』の最終日を飾ったのは、『DIGGIN' IN THE CARTS 電子遊戯音楽祭』。現在のエレクトロニック・ミュージックにも絶大な影響を与えている、80年代~90年代のゲーム音楽をテーマにしたライブイベントで、LIQUIDROOMでのオールナイト開催となった。   [arve url="https://www.youtube.com/embed/videoseries?list=PLDdx2qJK6Byi1bM37D0u-44NzRa9SVD7M&autoplay=0" /] そもそも「DIGGIN' IN THE CARTS」とは、「CARTS(ゲームカセット)を DIG る(掘り探す)」という意味で、2014年にレッドブル・ミュージック・アカデミーが公開した、日本のゲーム音楽の歴史とその魅力を探った全6エピソードのドキュメンタリー映像シリーズが元となっている。   また、このイベントと同日の11月17日には、日本のゲーム音楽から厳選されたトラックを収録したコンピレーション『DIGGIN IN THE CARTS』もリリース。発売元はダブステップのパイオニア的レーベルで、現代のUKを代表するエレクトロニックミュージック・レーベルの〈Hyperdub〉だ。この事実からも、ゲーム音楽が世界のエレクトロニック・ミュージック・シーンに与えた影響の大きさが窺い知れるだろう。   東京を拠点に活動し、今年〈Hyperdub〉からEPをリリースしたQuarta 330がトップバッターを飾った後、登場したのはCHIP TANAKA。任天堂出身で、ゲームボーイの音源開発をはじめ、『メトロイド』や『ドクターマリオ』など、数々のゲーム音楽を手掛け...READ MORE

ENTER

RED BULL MUSIC FESTIVAL ENTER THE NOISE 騒音楽舞踊競奏

  • 2017.11.13(MON)@SuperDeluxe
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : Yasuharu Sasaki / Red Bull Content Pool

  • 2017.12.4

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

ノイズと舞踊、ヒューマン・アートの極北が邂逅。その先には生命への賛美があった

10月22日(日)から11月17日(金)の1ヵ月間にかけて、東京各所で全14のイベントが繰り広げられた、『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』。スポーツ、音楽、ダンス、アート、ファッション等々、これまでにもあらゆる最新カルチャーをサポートしてきたエナジードリンク・ブランド〈RED BULL〉が、世界に先駆けてここ日本で開催した都市型音楽フェスだ。     ここでは、その最終週に行われた、3つのイベントの様子をレポートする。まず、最終週の月曜、11月13日に六本木SuperDeluxeで行われたのは、「音楽と舞踊は、どちらが過激か。」というキャッチコピーが付けられた、ノイズとパフォーマンスアートの共演『ENTER THE NOISE 騒音楽舞踏競奏』。     パフォーマンスを行うのは、2015年京都を拠点にするパフォーマンス・アーティストの東野祥子とカジワラトシオによって設立された、音楽・ダンス・映像・美術・照明・特殊装置などのスペシャリスト集団ANTIBODIES Collective。日本のノイズ・シーンを代表して彼らと共演するのは、1979年から活動し、国内外で高い評価を受けるMerzbowこと秋田昌美だ。     会場に入ると、不協和音に満ちたノイズと朗々とした演説の声が聴こえてくる。客席との区別なく広々としたフロア全体には、それぞれ独立した行動原理を持って動き回るパフォーマー達。   キャットスーツに身を包み、会場に設置されたポールを使ってダンスを繰り広げるポールダンサー。狐の面をつけて徳利とおちょこを運ぶ着物姿の女性。学生運動を想起させるメッセージが書かれた白いヘルメットを被った半裸の男性。紅白のドレスを着て、無邪気に笑い合い...READ MORE

ENTER

ROUND ROBIN

RED BULL MUSIC FESTIVAL ROUND ROBIN 一発本番即興演奏

  • 2017.11.15(WED)@shibuya duo MUSIC EXCHANGE
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : So Hasegawa / Red Bull Content Pool, Suguru Saito, Yasuharu Sasaki / Red Bull Content Pool

  • 2017.12.4

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

日本が世界に誇る名うてのミュージシャンがジャンル・世代を超えて集った、一夜限りの即興セッション

11月15日(水)にshibuya duo MUSIC EXCHANGEを舞台として行われたのは、〈ROUND ROBIN 一発本番即興演奏〉。このイベントは、2013年以来、世界各地で過去数回にわたり開催されており、ニューヨークやデトロイト、モントリオールで多くの名うてミュージシャンが豪華な共演を果たしてきた。     今回の東京では、現在の日本を代表する音楽家がシーンの垣根を越えて集結。演奏のルールはこうだ。「まずひとりのミュージシャンがステージに上がって5分間の演奏をしたあと、異なるバックグラウンドを持つ別のミュージシャンが続けてステージに上がり、2人で即興演奏を5分行う。そして最初のミュージシャンが去ると同時にまた別のミュージシャンがステージに上がり、ステージ上に残っていたアーティストと新しい即興演奏を生み出していく。」   つまり、5分ごとに2人の演奏者が即興でセッションを行い、それを数珠繋がりに続けていくというわけだ。開演近くまで、出演者も演奏順やそれぞれの使用する楽器を知らされなかったという、正真正銘の即興演奏である。     最初にステージに現れたのは、アシッドフォークシンガーソングライターのSHOKO。ギターを叩いて出したノイズと歌声をループさせ音を重ね、あっという間にサイケデリックなムードを作り上げていく。   5分が過ぎると、次の出演者、有島コレスケが登場。彼がベースを弾き、アグレッシヴな重低音でビートを乗せると、2人の演奏は一気に加速。〈ROUND ROBIN〉の本格的な幕開けだ。     続く演奏者は、小林うてな。彼女がスティールパンとキーボードの音を有島コレスケのベースに重ねると、アシッドなそれまでとは打って変わって、トロピカルで...READ MORE

ENTER

MUTEK JP 2017

MUTEK.JP 2017

  • Text : Toshinao RuikePhoto : MUTEK.JP, RYUYA AMAO, Toshinao Ruike

  • 2017.12.1

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

クラブ文化に通じる実験性と雑多性

東京では2回目の開催になるメディアアートの祭典『MUTEK.JP 2017』。モントリオールから始まって、現在はメキシコシティ、バルセロナ、ブエノスアイレス、ドバイ、東京、来年はサンフランシスコで開催されるが、国外のアーティストやフェスティバルの知名度を借りた単に“グローバル”なイベントではなく東京の地域性も感じられる良質なイベントになっていた。今回はその模様をお伝えしたい。   [gallery columns="2" size="full" ids="10385,10386"] Photo : MUTEK.jp   今回会場となったのは日本科学未来館。昼間は家族連れが常設展示を訪れているが、上階でカンファレンスやワークショップが行われ、夜の部では施設の様々なスペースがライブ会場になっていた。   これまでも日本科学未来館はBjörkなどのアーティストのライブや展示のために何度か使われているが、この非日常感は同じ臨海部でも東京ビッグサイトのように最初からホールとして作られた箱モノの会場にはないものだ。   Photo (above): MUTEK.jp / Photo (below): Toshinao Ruike   これも他の会場ではなかなかないことだが、7Fにあるドームシアターではプラネタリウムで用いられるようなドーム型のスクリーンに映像作品が映写された。   Photo (above) : MUTEK.jp / Photo (below) : Toshinao Ruike   Rezシリーズのクリエイター水口哲也氏を迎えて、Playstation VRの新作をドーム型ディスプレイでプレイするイベント。公募で選ばれた一般人がプレイする様子を仰向けで眺める。...READ MORE

ENTER

BACARDÍ Over The Border Launch Party Tokyo

BACARDÍ Over The Border Launch Party Tokyo

  • 2017.06.29(Thu) @ TABLOID
  • Text : Akihiro AoyamaPhoto : Shigeo Gomi

  • 2017.7.31

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

アートと音楽と――既存の境界線を超えた先にある、真の独創性へと辿り着くために

既存の概念を超えた表現に挑戦し続けるアーティストたちの活動をサポートするべく、世界最大のラム酒ブランド〈バカルディ〉が今年から日本でスタートさせた新プロジェクト、『BACARDÍ “Over The Border”』。オリジナルのプラットフォーム・メディアと体験型イベントの二つを軸にした同プロジェクトのローンチ・パーティーが、6月29日に東京TABLOIDで開催された。オープン直前に会場に到着すると、ミラーボールを無数に使用し光と反射の空間作品を創り出すアート集団MIRRORBOWLERと、廃材と自然から採集した素材を使用した創作活動を行うR領域の手による巨大なアート作品がエントランスでお出迎え。アーティストがパフォーマンスを行うステージの周囲も無数のアート作品で彩られ、一般的なクラブ・イベントの概念を超えた音楽とアートの融合を、視覚的な面でも存分に体験できる会場のデザインとなっていた。

ENTER

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.