HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

INTO THE 2020

NEWS

WWWがWWW XとWWWβを合わせた3フロアで大晦日に開催する、2020年へのパーティー『INTO THE 2020』のフルラインナップが発表に

WWWとWWW XとWWWβの3フロアを舞台に12月31日に開催される、2020年へと突入するニューイヤーパーティー『INTO THE 2020』のフルラインナップが発表された。

 

新たなディケイドへと突入するカウントダウンアクトとしては、共に2019年は数多くの熱狂を生み、未知の地平へと歩を進める2組が決定。

 

2019年8月に1stミックステープ『angel』をリリースし、主催パーティー『Platina Ade』と『HYDRO』では超満員のオーディエンスをロックし、既成概念を軽々と更新し続ける幅広い活動でユースを中心に圧倒的な支持を受けるラッパーのTohji。そして、2019年は『FUJI ROCK』のホワイトステージで熱演を見せ、オーディエンスに深い印象を残し、10月には自主レーベル〈十三月〉主催の『全感覚祭』が台風による開催中止に見舞われながらも、僅か数日で『SHIBUYA 全感覚祭』を開催し、渋谷の街を熱狂の渦へと巻き込んだオルタナティヴ・ロックバンドのGEZAN。両者によるカウントダウン・ライヴが実現する。

 

 

 

さらに海外からは、インドネシアよりレイヴ・オルタナ・ハードコアデュオのGabber Modus Operandi。そして韓国にてKim Yerimとして活動した後、長い空白期間を経て現在の名義へと改名し、「東洋」と「女性」という2つのテーマを掲げたEP『GENERASIAN』をリリースし、アジア女性としてのアイデンティティーに対するメッセージを強く発信するLim Kim。そして、ベルリンでの『Homopatik』を中心に日本でも度重なる来日を続けた末のカルト的な人気を博す鬼才DJ、Mr. Tiesが登場する。

 

 

ライヴアクトには、2019年に7年ぶりとなる待望の3rdアルバム『Ride On Time』を発表し、リリースツアーや自主企画を成功させたラッパーの田我流。そして早くも名盤の呼び声高い2ndアルバム『VVORLD』とリリース後の全国ツアーを開催と注目は欠かさず、プロデューサーとしても評価を高めるVaVa。YamieZimmerによる全曲プロデュースのEP『What just happend?』リリース後、全国各地を飛び回り各地を沸かす新世代ラッパー、SANTAWORLDVIEW。以上の3組がラインナップ。

 

 

DJには、ボアダムス(BOREDOMS)の中心メンバーとして活動し、世界的のアンダーグラウンド・シーンに影響を与え続ける∈Y∋。欧州、アジアにも活動の幅を更に広げ、2019年のWWWの幕開けも飾った¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U。Compuma、Dr.Nishimura、Awanoの3人による、ダンス・フロアにおける“沼”を探求する悪魔の沼。GODFATHER、HOUSE OF LIQUIDを始め数々の伝説的パーティでレジデントを務め上げ、数多くのDJから畏敬の念を抱かれるマスター、MOODMAN

 

 

DJとして精力的に活動し、45人編成によるノルウェー放送管弦楽団と共にアルバム『Ambivalence』から数曲をライヴ演奏したYoshinori Hayashi。『FUJI ROCK』から小箱まで大小問わずフロアから絶大な信頼を集めるokadada。2019年末のWWWβにてワンマンを開催し、2019年にはChangsieとのタイマンパーティー『HARDER』を各地で開催したAspara〈UNDERCOVER RECORDS〉よりリミキサーにThom Yorke、Zomby、Low Jackを迎えた新作EP『The Droogs』を発表したMars89。そして、そのMars89とのGood Prophetsとしても活動し、東京地下を駆け巡り暗躍するサイケデリック・トライバルDJのsuimin

 

 

『rural』やBOILER ROOMへの出演に加え、自身のパーティー『KRUE』や都内各所のパーティーで躍進するMari Sakurai。ガバ、ハッピーハードコア、ナードコアとあらゆるブチ上げサウンドを吐き出し、Mall Boyz/Mallin’のリミックスも話題のnoripi、ピアノ男によるリョウコ2000。ヒップホップに根ざしながらもジャンルに縛られない音楽性が話題となり、11月には田我流とのEP『More Wave』をリリースしたDJ、KM。アジアの地下ローカルシーンをディグする「OMK」の一員として、WWWβにてアジアのダンスミュージックをフューチャーするパーティー『ADM』を主催するYOUNG-GMMMが出演する。

 

 

そしてフライヤーデザインは、“Welcome to Acid House”などアイコニックなデザインで注目を集める韓国発のストリート・ウェア・ブランド〈the internatiiional〉のデザインを務めるSOLが担当している。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

INTO THE 2020

 

Date: 2019/12/31 (Tue)
Venue: WWW / WWW X / WWWβ
Open/Start: 21:00
ADV: ¥3,500(Tax in / All Standing / + Drink fee)

[Ticket outlets: e+ / ローソンチケット[Lコード:75226] / iFLYER / Resident Advisor / WWW店頭 ]

 

 

Line up:

[LIVE]

田我流

Gabber Modus Operandi

GEZAN

Lim Kim

SANTAWORLDVIEW

Tohji

VaVa

 

[DJ]

悪魔の沼 (Compuma / Dr.Nishimura / Awano)

Aspara

∈Y∋ (BOREDOMS)

KM

Mari Sakurai

Mars89

MOODMAN

Mr. Ties

okadada

suimin

リョウコ2000

Yoshinori Hayashi

¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U

YOUNG-G

MMM(stillichimiya/OMK)

 

 

More info: WWW X / WWW / WWWβ

https://www-shibuya.jp/schedule/011896.php

※未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter. 

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.