HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Playlist- Best Track of Nick Höppner & Gonno selected by Opal Sunn

NEWS

Playlist: “Best Tracks of Nick Höppner & Gonno” selected by Opal Sunn

2019年10月に〈Ostgut Ton〉から共作EP『Lost』を発表した、Nick HöppnerとGonnoが初にして貴重なB2Bセットを、12月21日(土)にWWW Xで開催されるクラブナイト『WHEREABOUT』にて披露する。また同公演では、2018年にNick Höppner主宰のレーベル〈Touch From A Distance〉とサインしたベルリン拠点のHiroaki OBAとAl Kassianによるユニット、Opal Sunnが1年ぶりに来日。即興性の高いセッションを土台として、緻密かつ繊細に柔らかな空間音響でフロアを包み込むライヴセットは世界的に評価も高く、2019年は2度もPanorama Barに出演を果たしている。そして年の瀬にはWWW Xのフロアをマシンハウスの銀河系へと導くことは間違いない。

 

そして『WHEREABOUT feat. Nick Höppner B2B Gonno, Opal Sunn』に際して、約2年前にHigherFrequencyのインタヴューにも登場したOpal Sunnの2人が、それぞれGonnoとNick Höppnerの“マイベストトラック”を2曲ずつ選出し、プレイリストを作成。音楽的な趣向とバックグラウンドから、Nick Höppnerとの出会い、Panorama Barでの想い出や、〈Touch From A Distance〉からのリリースが決まってからの秘話……などなどを交えながら珠玉のプロダクションを紹介してくれた。

 

 

 

Best Track of Gonno

 

1. Gonno – “A Life With Clarinet” (chosen by Alex Kassian)

「Gonnoさんの作品は良い曲が多すぎて選ぶのが本当に難しかったです。それでもまず一つ選ぶのなら〈International Feel〉からリリースされたEP『Obscurant』に収録されている“A Life With Clarinet”は常に好きな曲の一つです。彼の音楽性を良く表していると思うし、このニューエイジなサウンドやエモーショナルな曲調は僕の好みを一つにまとめているかのような楽曲です」

 

It’s a tough choice with Gonno san, because his catalogue is full of gems, but I’ve always loved ‘A Life With Clarinet’ from the Obscurant EP on International Feel, because it demonstrates his musical mind very well, while his past influences and love for new age sounds, and band music is present. Highly emotive stuff. For me this is an all in one track that speaks to me.

 

 

2. Gonno – “Beasts In Your Mind” (chosen by Alex Kassian)

「2015年にリリースされたアルバム『Remember The Life Is Beautiful』には素晴らしい瞬間が多くて、その中でも“Beasts In Your Mind”の壮大なシンセや遠くで鳴り響いているギターは僕らを飲み込み、音楽に没頭させます。このような気持ちになる楽曲に出会うことは僕にとっては年々少なくなっているけど、この曲はいつでも僕を夢中にさせます」

 

So many great moments from his 2015 album ‘Remember The Life Is Beautiful’ – I’d have to highlight my love for ‘Beast In Your Mind’ for it’s expansive synths swallowing you, and the distant echoing guitar is exactly what helps you lose yourself in music. It happens to me less and less, but this one doesn’t ever fail!

 

 

 

3. Gonno x Masumura – “in circuit feat. takuro okada & Torn Hawk” (chosen by Hiroaki OBA)

「あえてと言いますか(もちろん好きゆえの選曲ですが)、僕はまずこの曲を選びます。2年前の『Rainbow Disco Club』の際に初めてライヴを拝見しましたが、いつものDJプレイとはまた違うGonnoさんの演奏姿が印象的で、さらにこの楽曲が展開し会場を巻き込んでいる時、初めはステージ脇から見てましたが、急いでフロアに出て音を浴びに行ったのを覚えています」

 

 

4. Gonno – “ACDise #2”  (chosen by Hiroaki OBA)

「そしてやっぱりこの曲かと! 幾度となく多くのDJがこの曲を投下し、フロアにマジックが起きるのを見てきました。多くの方のフェイバリットトラックかと思います。僕は単純に、Panorama barでこの曲が流れてめちゃめちゃ盛り上がっている風景を見つつ、自分も酔っ払いながらフラフラ踊っている瞬間が大好きです。Gonnoさん、いつもありがとうございます!!笑」

 

 

 


 

Best Track of Nick Höppner

1. Kimouts – “Down To Earth (My My Moneterry Wash Remix 1)” (chosen by Alex Kassian)

「Nickの音楽との出会いを話すなら、この楽曲は外せません。 NickがまだLee Jonesと音楽を作っていた頃、たまたまこの楽曲と出会いました。かなり昔のJamie Jonesのmixで、たしか2008年か2009年の〈Watergate〉でのLive mixに収録されたいたのですが、世界中がミニマルに“トリップ”していた頃、メロディックなダンスミュージックのあるべき姿を僕に示してくれた楽曲です。なので彼といまではお互い知り合いであるという事はとても感慨深いです」

 

I suppose my first introduction to Nick’s music was in the form of ‘My My’ when he was still making music with Lee Jones. I stumbled on the ‘Kimouts – Down To Earth (My My Moneterry Wash Remix 1) on a really old Jamie Jones mix which was recorded live at Watergate around 2008/2009. Yes, that’s way before Jamie was in the charts! He was a really good DJ. I wish I could find that mix again. This track really hit the spot for me, giving me hope for how creative and melodic dance music could actually be, amid the whole world being on a minimal tip! It’s strange to think that we know each other now!

 

 

2. Nick Höppner – “Mirror image” (chosen by Alex Kassian)

「アルバム『Folk』に収録されている“Mirror Image”も常に僕の大好きな曲です。落ち着いていてソフトでありながら、リズミカルなこの曲には何かマジックが起きています。単純にシンセラインは素晴らしく、2つのコードのパッドサウンドが展開してきた時、鳥肌を立てずにはいられません! 僕も何度も同じような素材で料理を試みましたが、Nickの用に平然とこんな楽曲を作れるプロデューサーはなかなかいないと思います!」

 

‘Mirror Image’ on the ‘Folk’ album has always been a favourite. There’s definitely something magical about this track. Soft steady, rhythmical..it’s an epic tune. The sequenced synths are just fantastic…and when the two chord progression pads come in.. it’s the recipe for goosebumps. I suppose I try to cook with similar ingredients, but nobody does it as effortlessly like Nick.

 

 

 

3. Nick Höppner – “A Peck And A Pawn” (chosen by Hiroaki OBA)

「〈Touch From A Distance〉からのリリースの話が来た時、まずNickの好みに答えようと彼の楽曲を漁ったのですが、その際に特に良く聴いていたのがこの曲です。(後にtipsを授かるのですが、)彼のmix加減と自分たちのラフなmixをよく比べました。曲を作る方には特に分かってもらえると思うのですが、3歩進んで2歩というか3歩戻るような作業の指針にさせてもらった曲であり、単純に楽曲としても好きな曲です!」

 

 

4. Anna Lann – “Feeling Emotional (Nick Höppner Remix)” (chosen by Hiroaki OBA)

「Nickの家にお茶しに行った際にデモ段階のこのRemixを聞かせてもらい、その時から好きな楽曲です。NickはDJでも本当に幅の広い選曲をするのですが、このRemixはその音楽性は幅の広さのなかでもメロディアスな一面を表しているかと思います。僕の好みとしては原曲よりも好きなRemixです!」

 

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

WHEREABOUT feat. Nick Höppner B2B Gonno, Opal Sunn

WHEREABOUT feat. Nick Höppner B2B Gonno,Opal Sunn

 

Date: 2019/12/21 (Sat)

Venue: WWW X

Open/Start: 24:00

ADV: ¥2500

[ADV ticket outlet: Resident Advisor]

Door ¥3000

U23: ¥2000

※23歳以下は当日料金の1,000円オフ。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。/ ¥1,000 off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age.

 

Line up:

Nick Höppner B2B Gonno (WC / Merkur / mulemusiq / International Feel)

Opal Sunn (Planet Sundae / Touch From A Distance)

Torei

 

[4F Lounge]

Yutaro Sugawara

PALM BABYS (Gem & Atsuko Satori)

Arisa Shirota

 

More info: https://www.residentadvisor.net/events/1350744

 ※未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter. 

  • 9/10
  • 2/1 追加
  • 9/10
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.