HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

MUTEK.JP2018

NEWS

『MUTEK.JP 2018』の第2弾発表でCorneliusやNONOTAKがラインナップ、『Still Be Here ft.Hatsune Miku』日本初公開も決定

カナダ・モントリオール発の世界最先端のデジタルアートと電子音楽の祭典『MUTEK.JP 2018』が、2018年11月1日(木)〜4日(日)の4日間に渡って、お台場・日本科学未来館を会場とする3日間を中心に開催される。

 

第1弾ラインナップとして、Jeff MillsとMike Banksによるプロジェクト「X-102」による『Discovers the Rings of Saturn』のワールドプレミア、Rhizomatiks Researchの真鍋大度と堀井哲史によるオーディオビジュアルパフォーマンス 『phaenomena』の国内初披露、RadioheadのThom Yorkeの専属ヴィジュアルアーティストのTarik BarriとPaul Jebanasamによるスペシャルパフォーマンス、そして、エレクトロ・ノイズの鬼才Ben FrostとビジュアルアーティストMFOの日本初ライヴセットなどが発表されていた。そして、第2弾ラインナップと各イベントへの出演割も発表となった。

 

まずは、現在21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の企画展のテーマ曲を含むニューアルバム『Ripple Waves』をリリースしたCorneliusが、国内リリースツアー直後という絶好のタイミングでの出演が決定。

 

 

そして、2016年にドイツベルリンを拠点にするArt&Digital Cultureの祭典『CTM Festival』と『Transmediale』にて披露された、 日本人開発者Mari Matsutoya、音楽プロデューサーLaurel Halo、サウンド、ヴィジュアル、3Dテクノロジーを開発を担当するDarren Johnston、LaTurbo Avedon、Martin Sulzerの5名によるジョイント企画で、巨大な3面スクリーンと3Dホログラムを活用し、初音ミクが舞台に立つパフォーマンスとインスタレーションを行う、海外版初音ミクのアートプロジェクト『Still Be Here ft.Hatsune Miku』を日本初公開。

 

 

さらに、2017年の『MUTEK.JP』や、京都・清水寺でのライヴをはじめ、世界各国のメディアアートイベントやフェスティバルでパフォーマンスを披露し、「メディアアート界の新星」と絶賛の評価を得る、イラストレーターNoemi Schipferと建築家でミュージ シャンTakumi Nakamotoによるアーティストユニット「NONOTAK」が今年も『MUTEK.JP』に出演。ライヴパフォーマンス以外でも、〈TOYOTA〉のプリウス、〈NOKIA〉、〈HERMES〉、〈adidas〉、〈Stella McCartney〉といったグローバルなブランドのプロモーション映像制作なども行う2人のパフォーマンスは今年も必見だ。

 

 

 そして、2017年開催で大好評だったドームシアターコンテンツが今年はアーティストも増えて更に充実。

振付家、ダンサーでありながら、サウンド/映像/照明デザインも手掛け、オーストリアのリンツで開催される世界的なメディアアートの祭典『Ars Electronica』の受賞や『MUTEK Montreal』に出演したHiroaki Umeda(梅田宏明)の出演が決定。近年は身体的感覚にフォーカスした映像作品/インスタレーションも制作し、ダンス作品を元に制作されたドーム型映像作品『Intensional Particle Dome Installation』が世界各地のフェスティバルで上映され、ドイツの『FullDome Festival』やアメリカの『Macon Film Festival』などでの受賞歴もある必見のアーティストだ。

 

 

続いて、メディアアーティストの山本信一と音楽家の大野哲二(Intercity-Express)によるオーディオヴィジュアル作品『Noesis』が公開。

本作は、アートの視点で自然や宇宙の法則性などにアプローチし、空間的に構築した「映像」を、デバイスにあわせて切り出していき「無に包まれる」「時間の堆積」「地球の中からの風景」などのテーマで新しい視点を体感できる30分の作品となっており、 『MUTEK.JP 2017』に、3Dドーム映像ライヴパフォーマンスとしてプレミア公開後、今年『MUTEK Montreal 2018』の会場のひとつ、SAT(科学芸術機構)の「Satosphere」でフルドームライヴ公開した。本作では、同時に継続的な日本科学未来館とのコラボレーションで、映像技術と視覚表現の実験をすすめ、「BLOCK UNIVERSAL」がテーマの『MUTEK.JP 2018』では、ドーム3Dヴァージョンとドームとは逆の「球」である地球ディスプレイ「Geo- Cosmos(ジオ・コスモス)」ヴァージョンを同日に発表するという。

 

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

MUTEK.JP 2018

MUTEK.JP2018

 

Date: 2018/11/1 (Thu)〜11/4 (Sun)

 

Date/Venue/Open&Start-Close: 

11/1 (Thu) / WWW / 18:00-23:00

11/2 (Fri)〜11/4 (Sun) / 日本科学未来館 / 18:00-23:00

11/2 (Fri) / WWW / WWW X / 23:00-5:00 (All night event)

11/3 (Sat) / UNIT / 23:00-6:00 (All Night Event)

 

ADV Ticket:

[先行3日全会場通し券: 20000円]

(11/2~4 日本科学未来館、11/2 WWW / WWW X, 11/3 UNIT)

 

[先行3日全会場通し ハコスコ同梱MUTEKパスポート: 23000円]

(「MUTEK.JP 2018オリジナル VRゴーグル」と「LIVEコンテンツ」が含まれます)

 

ADV ticket outlet:

[Zaiko] https://mutekjp.zaiko.io/_buy/1hPw:Rx:3bc32

[イープラス] http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002274002P0030001

 

※11/1(木)のオープニングイベントは別料金となります

※15歳以下は保護者同伴の上、無料にてご入場いただけます。但し21:00以降、18歳未満の方のご入場はお断りしております。 (年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください)

※11/2 (Fri) @WWW / WWW Xならびに11/3(土)@UNITはオールナイト公演の為、20歳未満の方のご入場は出来ません。 会場にてIDチェックがございます。写真付きIDをご持参ください。

 

Line up:

2018/11/1 (Thu)

A/Visions 1@ WWW

Martin Messier & YRO <CA/QC+FR> 「Ashes」

Michela Pelusio <IT>「SpaceTime Helix」

ZVIZMO <JP>

+ more

 

2018/11/2 (Fri)

@日本科学未来館

 

[Nocturne 1@ 1F 企画展示ゾーン+シンボルゾーン]

Cornelius <JP>

Ben Frost & MFO <IS+DE>

Sapphire Slows <JP>

SynichiYamamoto + Seiichi Sega & Intercity-Express <JP> 「Noesis」

 

[A/Visions 2@ 6F ドームシアター]

SynichiYamamoto + Seiichi Sega & Intercity-Express <JP> 「Noesis」

Can Büyükberber<TR> 「Morphogenesis」

Play 1@ 7F イノベーションホール

Electric Indigo <AT> 「5 1 1 5 9 3」 Kyoka<JP>

+ more

 

2018/11/2 (Fri)

Nocturne 2 MUTEK.JP × Resident Advisor @ WWW & WWW X

[WWW X]

Laurel Halo <US>

Rashad Becker & Ena <DE+JP>

Lemna & Naoto Tsujita <JP>

+ more

 

[WWW]

Filastine & Nova <ES+ID> 「Drapetomania」

Intercity-Express <JP> 「triggering」

Sol del Rio <AR> 「d construct」

Betty Apple <TW>

+more

 

2018.11.03(Sat)

@日本科学未来館

[Nocturne 3 @ 1F 企画展示ゾーン+シンボルゾーン]

X-102 (Jeff Mills & Mike Banks) <US> 「Rediscovers the Rings of Saturn」

Daito Manabe + Satoshi Horii (Rhizomatiks Research) <JP>「phaenomena」

Paul Jebanasam & Tarik Barri <UK+NL> 「Continuum」

Fatima Al Qadiri <KW> 「Shaneera」

Alexandre Burton & Julien Roy (artificiel) <CA/QC> 「Three Pieces With Titles」

 

[A/Visions 3 @ 6F ドームシアター]

Joanie Lemercier & James Ginzburg <BE/FR+UK> 「Nimbes」

Hiroaki Umeda <JP> 「Intensional Particle」

 

[Play 2 @ 7F イノベーションホール]

Atsushi Tadokoro <JP>

Daisuke Tanabe & Nobumichi Asai <JP>

machìna & Shohei Fujimoto <KR+JP>

+more

 

2018/11/3 (Sat)

Nocturne 4 @ UNIT & Saloon

[UNIT]

Sonja Moonear <CH>

SIT (Cristi Cons & Vlad Caia) <RO>

Satoshi Otsuki <JP>

 

[Saloon]

SCHARRØNE <DE+ES>

SO <JP>

Iori <JP>

ELLLL <IR>

erica <JP>

 

2018/11/4 (Sun)

@日本科学未来館

[Nocturne 5 @ 1F 企画展示ゾーン+シンボルゾーン]

Nicola Cruz & Fidel Eljuri <EC>

NONOTAK <FR/JP> 「Eclipse」

Aïsha Devi feat. Emile Barret <CH+FR>

Still Be Here ft.Hatsune Miku <JP>

 

[A/Visions 4 @ 6F ドームシアター]

Joanie Lemercier & James Ginzburg <BE/FR+UK> 「Nimbes」

Hiroaki Umeda <JP> 「Intensional Particle」

Synichi Yamamoto + Seiichi Sega & Intercity-Express <JP> 「Noesis」

Can Büyükberber <TR> 「Morphogenesis」

 

[Ambience @ 7F イノベーションホール]

Colleen <FR>

Masayoshi Fujita <JP>

Sugai Ken <JP>

Unknown Me <JP>

 

 

主催: 一般社団法人 MUTEK Japan

共催: KDDI株式会社

特別協力: 日本科学未来館

助成: 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

後援: ケベック州政府在日事務所、カナダ大使館、オーストリア大使館、 アイルランド大使館+Culture Ireland、イタリア文化会館、ゲーテ・インスティテュート東京 アンスティチュ・フランセ、EUNIC(European Union National Institues for Culture)

協力: Ableton、クラベリア、Derivative TouchDesigner、 Resident Advisor

 

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.