HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

James Lavelle The man from mowax

NEWS

UNKLEのJames Lavelleのキャリアに迫ったドキュメンタリー映画『The Man from Mo’Wax』が8月末に公開

DJ ShadowやDJ Krushを世界に輩出してブレークビーツ/トリップホップをリードし、90年代シーンに多大な影響をもたらしたレーベル〈Mo’Wax〉の創始者で、また自身もユニット「UNKLE」として活動するJames Lavelleのドキュメンタリー映画『The Man from Mo’Wax』が8月31日から公開される。

 

 

ドキュメンタリー映画『The Man from Mo’Wax』は、James LavelleとDJ Shadowの繋がりや、UNKLEの活動の変遷や、〈Mo’Wax〉が90年代にいかにして成長していったのかを、オフィシャルの映像と個人記録の秘蔵映像、Thom Yorke、Massive Attack、The Stone RosesのIan Brown、Grandmaster Flash、Queens Of The Stone AgeのJosh Homme、DJ KRUSHなど深い関わりを持っているアーティストたちと共に回顧していく。

本作は8月31日からUKで公開され(日本での公開は未定)、同日には〈Mo’Wax〉から発表されたクラシックスが多数収録されたサウンドトラックがリリースされる。

詳細は以下のリンクからご覧いただきたい。

http://www.themanfrommowax.com/

 

 

1992年にJames Lavelleがロンドンで設立し、2002年に幕を閉じたレーベル〈Mo’Wax〉は、アシッドジャズやトリップホップ、アブストラクト・ヒップホップの作品を立て続けにリリースし、90年代の音楽シーンとカルチャーに多大な影響を与えた。今なお、語り/聴き継がれている〈Mo’Wax〉の名作と言えば、DJ KRUSHが1994年に発表した初期金字塔的アルバム『Strictly Turntablized』や、定期的な再発が続くDJ Shadowの名盤『Endtroducing…..』がよく知られているところだろう。設立後から、〈Mo’Wax〉のカタログには、DJ ShadowやMoney Mark、Dr. Octagon、Luke Vibert、LUIQUID LIQUID、As OneことKirk Degiorgio、そしてJames LavelleのメインユニットUNKLE(a.k.a U.N.K.L.E.)などの作品が並んでいた。加えて、James Lavelle自身が日本の伝説的レーベル〈Major Force〉の大ファンだったことから、K.U.D.O.と中西俊夫のLove T.K.O.やDJ KRUSH、竹村延和の別名義DJ Takemura、K.U.D.O.と藤原ヒロシの楽曲や高木完など日本人アーティストも数多く〈Mo’Wax〉のカタログに名を連ね、当時〈A BATHING APE®〉全盛だったNIGO®とJames Lavelleが共にセレクトしたコンピレーションが日本限定で発売されるなど、いわゆる「裏原」、日本の90年代ストリートカルチャーとの関わりも深かった。

James Lavelle自身は、2003年頃からはUNKLEとしての活動を活性化させ、Brian Eno、The Stone RosesのIan Brown、PulpのJarvis Cocker、 Queens Of The Stone AgeのJosh Hommeが参加した『Never, Never, Land』や、2007年発売の『War Stories』など数々の名作を発表し、日本でも絶大な支持を得ている。

 

 

そしてUNKLEは、2017年に再始動し、7年ぶり5枚目となるスタジオアルバム『The Road: Part 1』をリリース。さらに今年の『SONIC MANIA 2018』に出演することが決定している。 UNKLEの最新スタジオ作品『The Road: Part 1』に

は、ESKA、Keaton Henson、Liela Moss、Elliott Power、Mink、Yseeといった新世代アーティストが揃い踏みし、Primal ScreamのAndrew Innes、Marilyn MansonのベーシストTwiggy Ramirez、Queens Of The Stone AgeのギタリストTroy Van LeeuwenとドラマーJon Theodoreや、BeckのドラマーJustin Stanley、Massive Attackの“Unfinished Sympathy”やThe Verveの“Bitter Sweet Symphony”でストリングスのアレンジを担当した伝説的作曲家Wil Maloneら、大御所や実力派ミュージシャンまで、James LavelleやUNKLEの功績をリスペクトし、常に革新性を追求する姿勢に賛同するアーティストが数多く集結した傑作として高く評価されている。

 

 

 

『The Man From Mo’ Wax (Music From The Motion Picture)』の詳細は以下の通り。

 

 

 

V/A

『The Man From Mo’ Wax (Music From The Motion Picture)』

Release date: 2018/8/31

Label: Mo’Wax

 

Tracklist:

A1. Orchestre Symphonique De Montréal & Charles Dutoit – “Holst: The Planets, Op.32 – 2. Venus, the Bringer of Peace (Edit)”

A2. Zimbabwe Legit – “Doin’ Damage in My Native Language (Shadow’s Legitimate Remix)”

A3. Marie “Queenie” Lyons – “See And Don’t See”

A4. The Wild Bunch – “Friends & Countrymen”

A5. RPM – “Food of My De-Rhythm”

B1. Hioshi Fujiwara + KUDO – “Return of The Original Art Form (D.J. Mix) feat. DJ MILO”

B2. La Funk Mob – “Ravers Suck Our Sound And Get Fuck”

B3. Attica Blues – “Contemplating Jazz”

B4. Dr. Octagon – “Blue Flowers”

B5. DJ Krush – “Kemuri”

C1. UNKLE – “Back And Forth”

C2. DJ Shadow – “What Does Your Soul Look Like (Part 3)”

C3. RPM – “Flow”

C4. DJ Shadow – “Organ Donor (Extended Overhaul)”

C5. UNKLE – “Rabbit In Your Headlights feat. Thom Yorke”

D1. Blackalicious – “Swan Lake”

D2. UNKLE – “Reign feat. Ian Brown”

D3. Queens Of The Stone Age -” … Like Clockwork”

D4. DJ Shadow – What Does Your Soul Look Like (Part 1)

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.