HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Patrice Scott Carlos Souffront

NEWS

Patrice ScottとCarlos Souffrontが邂逅するパーティー『CODE 313』が3月末にContactにて開催

音楽史において重要な意味を持つ都市・デトロイトに生まれ、各々のキャリアを積み上げてきた才人、Patrice ScottとCarlos Souffrontが邂逅するパーティー『CODE 313』が3月30日(土)にContactにて開催される。

 

ゆっくりと着実に30年以上のキャリアを積み重ねてきた、現代のデトロイトにおけるディープなサウンドプロデューサーとして知られるPatrice Scott。若かりし時にJuan AtkinsやDerrick May、Kevin Saunderson、そして隣町シカゴのFrankie Knuckles、Larry Heardらの影響を強く受けながらダンスミュージックに没頭すると、1984年に初めてターンテーブルを手に入れ、Patrice Scottはデトロイト川を挟んで立つカナダのAmsterdam Loungeでレジデントを担い、Ken CollierやJeff Millsらと場を共にするに至った。

 

 

その後、デトロイトのローカルDJとして耳の肥えた客を相手にミキシングの実力を磨くと共に、カセットレコーダーとドラムマシーンを使い楽曲制作を開始。時代の変遷に流されることなく着実な創作活動を続け、2006年には自身が設立した〈Sistrum Recordings〉よりデビューEP『Atmospheric Emotions』を発表した。その崇高なエレクトリックサウンドはディープテクノの金字塔としてヨーロッパのDJからも絶賛され、世界中からオファーが舞い込むようになった。そしてEPデビューから9年後の2015年には待望の1stアルバム『Euphonium』をリリース。90年代のディープハウスと伝統的なテクノ、そして新しい時代の感性をオリジナリティ溢れる手法で混ぜ合わせた集大成と呼ぶに相応しい作品となった。近年はよりハウスサウンドに傾倒しており、熱烈なファンを持つ〈Sistrum Recordings〉の舵取りとして、またひとりのアーティストとして新たなアプローチを試みている。しかし、その長い経歴によって熟成された豊潤な音楽は、他に類を見ない極上の響きとなっている。

 

 

Patrice Scottが出演するStudio Xには、2018年にLP『Em Paz』をポルトガルの〈Groovement〉より発表した、キャリア30年を迎えるKaoru Inoueを筆頭に、高橋透と宇川直宏とタッグを組んだ『Godfather』や『Slowmotion』でレジデントを務めてきたMOODMAN、人気パーティーから派生した主宰レーベル〈Eureka!〉も好調なMidori Aoyamaがラインナップしている。

 

 

Contactフロアには、Ectomorph主宰の20年続くレーベル〈Interdimensional Transmissions〉の中核メンバーで、独特なグルーヴのDJとして不動の支持を得ているCarlos Souffrontが登場する。

音楽への深い造詣と卓越したスキルを駆使し、予測不可能な展開、そしてエキゾチックなスパイスを加えてリズミカルでユニークな物語を提供する「DJ’s DJ」と評されるCarlos Souffrontは、父親が所有し、蔵に眠っていたベルトドライブ式のターンテーブルとカセットデッキを使用しミキシング技術を習得した経歴の持ち主。同郷/同世代のアーティストであるMike Servito、Tadd Mullinex、Matthew Dearなどと共に切磋琢磨を重ね、インディロックからポストパンク、実験音楽、アンビエント、ハウスやテクノに深く傾倒し、それらへの知識を深めさらに掘り下げていくうちに、彼特有の持ち味、個性といったアーティストとして欠かせない要素を吸収、そして確立していった。 EctomorphのメンバーであるErikaとBMGとは、スタジオでの時間を共有したり彼らのライヴパフォーマンスでも幾度となく共演をしてきた仲であるが、彼らが中心となり発足したアメリカ中西部地方において重要な意味合いを持つパーティー『Interdimensional Transmissions』において、Carlos Souffrontは中核となるアーティストの一人として出演している。当初の『No Way Back』においても、12時間という長い時間をもって聴衆をリアルな音楽体験へと導いた経歴も持っている。エレクトロニックミュージックにおいて、オリジナルと呼ばれる存在は稀有であるが、彼がもたらす音楽体験をフロアで体感した人たちは、彼がその稀有な存在であることを認識するだろう。

 

 

共演には、〈Midgar〉や〈The Bunker NY〉をはじめ、DJ NOBU主宰〈Bitta〉といったレーベルからのリリースで世界的な注目を集めるWata Igarashi、『ARTEMIS』のレジデントであるNehanなどが登場。ハウスとテクノ、それぞれのマエストロたちによってジャンルの垣根を越え、 最良のダンスミュージックを届けるパーティーとなることだろう。

 

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

CODE 313 feat. Patrice Scott & Carlos Souffront

CODE 313 feat. Patrice Scott & Carlos Souffront

 

Date: 2018/3/30 (Sat)
Venue: Contact

Open: 22:00

Before 23:00:  ¥1000

Under 23: ¥2000

ADV / GH S Member: ¥2500

w/F: ¥3000

Door: ¥3500

 

Line up:

[Studio]

Patrice Scott (Sistrum | Detroit)

Kaoru Inoue (Seeds And Ground | Chari Chari)

Moodman (Godfather | Slowmotion)

Midori Aoyama (Eureka!)

 

[Contact]

Carlos Souffront (Interdimensional Transmissions | Detroit)

Wata Igarashi (Midgar | The Bunker NY)

Nehan (Artemis)

Yuta Ogura (Neuron | Low Tech Cirus)

 

[Foyer -Deus Subterra-]

RYOTA OPP (Meda Fury | R&S)

Kaga (SOUL中央TRAIN)

shunhor (breathless)

SUZU (CHARGE | KEY)

Friskie (DEUS RECORDS)

 

Produced by PRIMITIVE INC.

 

 

More info: Contact
http://www.contacttokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
※Contactは会員制となっております。ご来場の皆様に登録をお願いしております。

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.