HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

object blue

NEWS

object blueが4月にWWWβで開催される『pulse fiction』に初来日出演、CHANGSIEや〈N.O.S.〉のk_yamと共演

2018年デビューにして『Atonal』や『Unsound』などに出演し、年間ベストにも名を連ねた人気急上昇のロンドンの若手最注目株object blueが4月5日にWWWβで開催される『pulse fiction』で初来日を果たす。

 

これまでにBeatrice DillonMinor Scienceを初来日で招いて、拡張を続ける現行のUKテクノの最先端を紹介し、UKオリエンティッドなサウンドとミックスセンスで連なるWWWβの新興パーティー『pulse fiction』。同じく初来日で迎えるobject blueは、2018年にシングルデビューをしたにも関わらず、年末にはエレクトロニックミュージックの各有力媒体の年間ベストに挙げられ、『Atonal』や『Unsound』などに出演を果たし、またYaejiのリミックスも手掛けたことでも注目を集める若手最注目株。

 

 

ロンドンを拠点に活動するプロデューサー/DJのobject blueは、2018年3月に〈Tobago Tracks〉から『Do you plan to end a siege?』でデビューを果たした。同作は、後に収録曲の“Act like it then”が『Resident Advisor』、『Mixmag』、『FACT magazine』の2018年の年間ベストトラックに選出されて、ロングヒットを記録した。また2018年7月に〈Let’s Go Swimming〉から初のフィジカルリリースした発売されたEP『REX』も『Soulfeeder』と『FACT magazine』の年間トップリリース入りを果たし、話題を呼んだ。彼女はRinseのレジデントも務め、Corsica Studios、『Berlin Atonal』や『Unsound』ではライヴを披露し、Printworksや『No Bounds Festival』にはDJとして出演し、『Hyponik』にてブレイクスルー・アクトや『Dummy Magazine』にて2019年の注目アーティストとして選ばれ、まさに破竹の勢いで活躍を続けている。

 

 

 

ローカルからは、『Crack Magazine』のポッドキャストにてダブステップ〜ガラージなUKサウンドをフィーチャーし、オーストラリアの『Animals Dancing』にも出演を果たしたCHANGSIE、東京の新興コレクティヴ/レーベル〈N.O.S.〉のクルーとしてロウ・ハウスからジャングルやドラムンベースなどUKレイヴなサウンドへと移行し加速を続けるプロデューサー/DJのk_yam、自身のパーティー『Phiz』を起点にフレッシュなミックスを発表したプロデューサー/DJのBabyBaeが仙台より登場する。

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

pulse fiction – object blue –

pulse fiction Object Blue at WWWβ

 

Date: 2019/4/5 (Fri)

Venue: WWWβ

Open/Start: 24:00

ADV / WF: ¥1800

[ADV ticket outlet: https://jp.residentadvisor.net/events/1238245]

Door: ¥2500

U23: ¥1500

 

Line up:

object blue (London)

CHANGSIE

k_yam (N.O.S. / REMEDY)

BabyBae

 

More info: https://www-shibuya.jp/schedule/010928.php

※You must be 20 or over with Photo ID to enter.

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.