HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Minor Science

NEWS

Minor ScienceがWWWβのパーティー『pulse fiction』に初来日で登場

〈Whities〉から発表されてきた、UKとテクノの混成、エレクトロを経由したハイテックなミニマル・ベースで人気急上昇中のMinor ScienceがWWWβのパーティー『pulse fiction』に初来日で登場。

 

4年間のキャリアの中で、〈The Trilogy Tapes〉のレフトフィールドなロウハウスのデビューから、Tasker主宰〈Whities〉のハイテックなテクノ・サウンドへと移行したUK出身、ベルリン在中のMinor Science。

ロンドンを拠点に、独自のヴィジョンを打ち出す両レーベルからのリリースにより人気が急上昇し、UKサウンドシステムカルチャーを根底にアップデートされるブリストルのUKテクノとも共振するグルーヴに、フューチャリスティックなエレクトロ、陶酔的なミニマル・ミュージック、そして自身がオーディエンスとしてクラブに通っていた2000年代に影響受けた初期のダブステップやダーク・ガラージなどから織りなされるUKハイブリッドなサウンドは、ユニークな存在として欧州を中心に注目を集めている。

 

〈Whities〉からは、これまでに3枚のEPをリリースしており、中でも特に、2017年にリリースした『Volumes』は、『FACT』、『Mixmag』、『Crack Magazine』、『XLR8R』、『Resident Advisor』の年間ベストに挙げられ、また彼が手掛けたアンビエントのミックステープ『Absent Friends Vol II』も『Pitchfork』の年間ベストに選出され、最近ではSpecial Requestのリミックスを手がけるなど、今後の活躍が期待されるプロデューサーである。

 

 

 

国内からは、ハウス/テクノを軸にレフトフィールドなダンスミュージックの境界彷徨うベテランDJの1-DRINK、ライター、レーベル主宰、そしてプロデューサーとしてもデビューを果たしたJR Chaparro、「Ventti Slim Pack (Version)」と題されるコンセプトセットで本パーティのオープニングを務める新鋭E.L.M.S.がDJで出演する。

 

 

 

ロンドンの精鋭Beatrice Dillonを迎えてローンチした次世代ミニマル・パーティー『pulse fiction』の第2回。リヴァイヴァルによって拡張される現行の90年代クラブミュージックのカウンター、あるいは続編として20000年代のサウンド「ミニマル」の次世代的な拡張を試みる『pulse fiction』に期待をして欲しい。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

pulse fiction – Minor Science –

pulse fiction Minor Science

Date: 2018/9/8 (Sat)

Venue: WWWβ

ADV: ¥1800 @RA

[ADV ticket outlet: https://jp.residentadvisor.net/events/1151149]

WF/Door: ¥2500

U23: ¥1,500

 

Line up:

Minor Science [Whities | from Berlin / UK]

1-DRINK

JR Chaparro

E.L.M.S.

 

More info: WWWβ

http://www-shibuya.jp/schedule/009452.php

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.