HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NAZORANAI

NEWS

灰野敬二、Stephen O’Malley、Oren Ambarchiによるトリオ「NAZORANAI(なぞらない)」が待望の4年ぶり2度目の来日

灰野敬二 、Stephen O’Malley、Oren Ambarchiによる奇跡のトリオ「NAZORANAI(なぞらない)」が、2014年の初来日から4年ぶり待望の2度目の来日。代官山UNITで初のライヴが9月27日(木)に開催される。

 

2018年9月22日(土)〜10月12日(金)まで、Red Bullによる都市型音楽フェス『Red Bull Music Festival』が開催。東京の街全体を舞台にした音楽イベントの数々が、約1ヶ月間に渡って繰り広げられる。

そのプログラムのひとつとして、灰野敬二、Stephen O’Malley、Oren Ambarchiによるプロジェクト「NAZORANAI(なぞらない)」の来日公演が再び、実に4年ぶりに東京にて実現する。

 

 

日本が誇る実験音楽の重鎮、灰野敬二。1979年にロックバンド「不失者」を結成し、その音楽はノイズ、ロック、ミニマリズム、ドローン、サ イケデリック、インプロビゼーションと多岐に渡り、ギター、パーカッション、ハーディ・ガーディ、各種管弦楽器、各地の民間楽器、DJ 機器などの性能を、独自の演奏技術で極限まで引き出すパフォーマンスは、国際的評価が非常に高く、海外からのオファーが絶えない。

 

そして、USドローン・ノイズユニット、Sunn O)))、Khanate、Burning Witchなど数々のプロジェクトと1997年から続くレーベル〈Southern Lord〉と〈Editions Mego〉傘下の〈Ideologic Organ〉を主宰するStephen O’Malley。アヴァン・ノイズ・ロックバンドのMenstruation Sistersをキャリア初期から続け、ソロでも実験音楽家として名高いオーストラリア出身のマルチミュージシャンOren Ambarchi。

この3人が、「NAZORANAI(なぞらない)」として代官山UNITに集い、奇跡のパフォーマンスを披露する。2017年にはサンフランシスコのアーカイヴレーベル〈Superior Viaduct〉傘下の〈W.25th〉から最新LP『Beginning To Fall In Line Before Me, So Decorously, The Nature Of All That Must Be Transformed = 変容されるべきものの資質が 礼儀正しく 僕の前に整列しだした』を発表したこともあり、ますます期待は高まるばかりだ。

 

Nazoranai (Documentary) from Ivan Weiss on Vimeo.

 

 

さらに、ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォンなども演奏するマルチプレイヤーで、 近年は坂本慎太郎、ジム・オルーク、七尾旅人、星野源、前野健太などの作品やライブにも参加し、ジャンルやフィールドを越え活躍する石橋英子が、灰野氏直々の指名により出演が決定。

完璧な役者たちが揃った。轟音と静寂、心地良い緊張感が代官山UNITを包み込む。音楽の存在意義すら感じさせられる貴重な音楽体験を是非、会場にて実際に体験してみていただきたい。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

NAZORANAI

 

Date: 2018/9/27 (Thu)

Venue: 代官山UNIT

Open/Start: 19:00/20:00

ADV: ¥2000

ADV tickert outlets:

[ローソンチケット https://l-tike.com/st1/rbmf18-nazoranai]
[イープラス http://eplus.jp/RBMF2018/ ]

[iFLYER https://iflyer.tv/en/event/305191]

 

 

Line up:

なぞらない(灰野敬二 + スティーヴン・オマリー + オーレン・アンバーチ), 石橋英子

 

 

More info:

www.redbull.com/jp-ja/music/events/nazoranai

※未就学児は入場不可。小学生以下の方は保護者同伴のみご入場いただけます。

※小学生以下のお子様は耳を守るために必ず耳栓かイヤーマフを着用ください。

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.