HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

FIGURE100

NEWS

Len Faki主宰〈FIGURE〉が設立15周年とカタログ100作目を記念したコンピ『FIGURE 100』をリリース

90年代初頭から活躍するベルリン拠点のテクノプロデューサー/DJ、Len Fakiによるレーベル〈FIGURE〉が設立15周年とカタログ100作目を記念したコンピレーション『FIGURE 100』をリリース。

 

〈FIGURE〉は、南ドイツ出身のLen Fakiが現在の拠点地ベルリンに移住し、ベルリンのクラブBerghainのレジデントDJに抜擢された2003年に設立したレーベル。

Len Fakiは設立以降、ほとんどの作品を〈FIGURE〉と〈Ostgut-Ton〉から発表し、特に〈FIGURE〉から発表されたLen Fakiの代表作『Just A Dance』は2004年最大級のセールスを記録し、ヨーロッパのダンスミュージックシーンに激震を与えた。また、これまでに数々のアーティストが参加しているが、日本人では、A.Mochiが〈FIGURE〉とアーティスト契約をし、三部作『Primordial Soup』をリリースしている。

Len Faki自身はビッグネームのテクノDJへとなっていく一方で、〈FIGURE〉においてはLen Faki独自の創造的ヴィジョンを反映させ、初期テクノの衝動とモダンなミニマリズムの折衷とも言えるテクノ、またフロアにおいて機能的なテクノを発展させ、推し進めてきた。傘下では、リリースを終了した〈Podium〉、アルファベットのAからZまでをシリーズタイトルとした〈Figure SPC〉、2017年に始まったコラボレーションEPシリーズ〈FIGURE Jams〉などユニークなプロジェクトも行っている。

 

Len Fakiは新しいアーティストのピックアップとレーベルロースターへの追加も絶えず行っており、記念コンピレーション『FIGURE 100』にクレジットされているアーティストは、長年〈FIGURE〉からのリリースを続けているJeroen Searchを除いて、ほとんどが、ここ数年の間に〈FIGURE〉に加入したアーティストたち。

 

SurgeonやRegisとのコラボレーターとしても知られるLady Starlight、KiNKがミニマルな機材セッティングと共に始動した変名プロジェクトKirilik、10年以上続くテクノレーベル〈Be As One〉のオーナーShlomi Aber、Marquis Hawkesの別名義Juxta Position、2014年の〈FIGURE〉加入からコンスタントにリリースを続けているポルトガルのLewis Fautzi、Möd3rnとしてのリリースも好評を博しているRoman Poncet、盛り上がりを見せるモスクワから〈ГОСТ ЗВУК (Gost Zvuk)〉の主要プロデューサーNocow、マンチェスターから登場した次世代テクノアーティストSetaoc Mass、〈Shall Not Fade〉の看板アーティストLKのテクノ名義Viers、べルリン拠点の新鋭でセルフレーベルからのリリースが話題だったAmotik、某アーティストの別名義として正体不明のまま〈FIGURE〉からのリリースを続けているUBX127などは、〈FIGURE〉のこの5年ほどを様々な角度から支えてきたアーティストたちである。

 

 

また、カリフォルニアの鬼才Audio Injectionが2011年に始動した別名義Truncateと、Wron CopyとしてMarcel Dettman主宰の〈MDR〉からのリリースを手掛けているベルリンの新鋭Pablo Mateoは、『FIGURE 100』で初めてカタログに加わる。

 

 

 

設立15周年とカタログ100作目となる『FIGURE 100』においても、現行を見据えたLen Fakiの〈FIGURE〉を通じた飽くなき探求が反映されている。リリースは、4枚組ヴァイナルセットとデジタル、また各種ストリーミングなどでも聴くことができる。

 

『FIGURE 100』の詳細は以下の通り。

 

 

 

V/A

『FIGURE 100』

FIGURE100

Release date: 2018/9/17

Label: FIGURE

Cat no.: FIGURE100

Formats: 4×12″ gatefold / Digital

 

Tracklist:

A1 / 1. Setaoc Mass – Far Away From Yesterday

A2 / 2. Juxta Position – Hexagon

B1 / 3. Roman Poncet – Turn Down

B2 / 4. Viers – Moomin Trash

B3 / 5. Nocow – Metha

C1 / 6. kirilik – Batut

C2 / 7. Lady Starlight – d5-12

D1 / 8. UBX127 – Vectors

D2 / 9. Len Faki – Robot Evolution

E1 / 10. Pablo Mateo – Anfang Ende Immer

E2 / 11. Shlomi Aber – 3000 Reasons Why

F1 / 12. Nocow – Run Far

F2 / 13. Truncate – Bassline

G1 / 14. Lewis Fautzi – Modern Humans

G2 / 15. Jeroen Search – Rubidium

H1 / 16. Amotik – Neela

H2 / 17. Setaoc Mass – Silence

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.