HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

k_yam - Blue Lighting

NEWS

東京の新鋭レーベル〈N.O.S.〉がk_yamのソロEP『Blue Lighting』を1月18日に突如リリース

2018年に始動した東京拠点のレイヴプラットフォーム/レーベル〈N.O.S.〉が、レーベルメンバーのk_yamのソロEPを1月18日(金)に突如リリースした。

 

〈N.O.S.〉は、始動1年目からRandomer、Baltra、Deejay Astral、Fede Lng、DJ Bowlcutなどを立て続けに招いてパーティーを開催し、6月に韓国・ソウルの3ヶ所でプレイするなど、国内外シーンで急速に注目度を高めている新たなレイヴプラットフォーム。レーベルとしての側面も持ち、キャッチーなサンプリングと初期衝動的熱量を持ったローファイなハウスやブレークビーツ、再興しているトランス感溢れるUK発レイヴミュージックやハードテクノなどを新たな感覚で魅せている。そして2019年1月18日には、DJ Seinfeldをゲストに迎えてのパーティーを行う

 

 

 

そして〈N.O.S.〉からの2019年最初のリリースとなったのは、所属DJ/プロデューサーのk_yamによる初のソロEP『Blue Lighting』。2018年に、とあるDJのプレイを見て「“Last Night A DJ Saved My Life”の世界観を体験してしまった」と痛く感動し、その衝撃を昇華したという、UKライクなブレークス混じりの高速テクノ“Ssd”で幕を開ける。“Ssd”で駆け抜けた先には、実は6月のソウル・Pistilでのギグの際から度々こっそりデモをプレイをしてはブラッシュアップを続けてきたというスペーシーなアシッドブレークス“Gzip Speeks Opt”、そして3曲目には“Ssd”を完成させた直後にそのまま手掛けたという、メロディックな無重力ブレーク・エレクトロ“Touch Blade”と続いていく。どれもDJ向きでありながら、3曲全てがk_yamのオリジナリティと共にフロアで一際異彩を放つであろう、高い完成度を誇っている。

 

 

k_yamの最新ソロEP『Blue Lighting』の詳細は以下の通り。

 

 

 

k_yam

『Blue Lighting EP』

k_yam - Blue Lighting

 

Release date: 2019/1/17

Label: N.O.S.

Cat no.: NOS 004

Format: Digital

 

Order here: https://nitrousoxidesystems.bandcamp.com/album/blue-lighting-ep

 

Tracklist:

1.Ssd

2.Gzip Speeks Opt

3.Touch Blade

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.