HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

jay daniel

NEWS

Jay Danielのニューアルバム『TALA』のリリースパーティーをContactにて開催

『朝霧Jam’18』への出演が決定しているデトロイト次世代ハウスプロデューサー/DJ、Jay Danielがニューアルバム『TALA』のリリースを記念して10月7日(日・祝前日)にContactにてリリースパーティーを開催する。

 

Carl Craigプロデュースによる“Stars”と“Feel the Fire”を歌っていたNaomi Danielを母に持つ、デトロイトの次世代ハウスプロデューサー/DJのJay Daniel。同郷において同世代でもある盟友のKyle Hallと共にパーティー『FUNDAMENTALS』を主催し、『Movement Festival Detroit』での鮮烈なデビューから着実にキャリアを積み上げてきた。また早くからBoiler Roomは、彼に対して「Jay Danielは我々の新たなフェイバリットDJであり、近年のデトロイトシーンにおいて最もエキサイティングな逸材の一人。素晴らしい才能の持ち主だ」とコメントを寄せていた。 2013年にTheo Parrishが主宰する名門〈Sound Signature〉からEP『Scorpio Rising』でデビューし、その後にはKyle Hall主宰レーベル〈Wild Oats〉から2枚組EP『Karmatic Equatins』をリリース。その才能はデトロイトハウスファンのみならず、様々なリスナーを魅了した。

 

 

2015年には自身のレーベル〈Watusi High〉をローンチし、EP『School Dance』をリリース。2016年には〈Ninja Tune〉のサブレーベルである〈Technicolour〉より、初のフルアルバム『Broken Knowz』を発表し、さらなる成長を見せた。2017年はAjamu Yakiniとのデュオ「Audire」として、ワールドミュージック~ジャズをテーマとしたビート集『Audire vol.1』を100本限定カセットとストリーミングでリリース。そして今年10月には〈Watusi High〉より待望の2ndアルバム『TALA』をリリースする。

 

 

 

また同日のContactには、イギリス出身であり、2017年に〈Ninja Tune〉からデビューアルバムを発表したNabihah Iqbalも出演する。

Nabihah Iqbalは、2013年から2015年まで使用していた名義Throwing Shadeとして実績を残した後に、本名である現在の名義での活動を決意。18歳でロンドンのSOAS(School of Oriental and African Studies)に入学し、そこで体験した西アフリカの弦楽器Koraの演奏が彼女のターニングポイントとなり、学位を民族音楽学へと変更。卒業後、哲学修士の為にCambridge(ケンブリッジ大学)に入学し、南アフリカの歴史を中心として勉強に励んだ。更に法律の学位を取得し、南アフリカへ渡り、人権に関する理解を深める傍らパーティをオーガナイズ、音楽制作を開始した。

 

 

Throwing Shade名義で2013年にKassem Mosseのレーベル〈Ominira〉からEP『Mystic Places』を発表し、その後も〈Happy Skull〉や〈No Pain In Pop〉からリリースを重ねた。2015年にオルタナティヴポップを取り入れたダンスミュージック作品の『House Of Silk EP』を〈Ninja Tune〉から発表。2017年には本名名義Nabihah Iqbalに心機一転し、同レーベルからデビューアルバム『Weighing of the Heart』をリリース。彼女は近年、数多くのコラボレーションやプロジェクトをこなす注目すべきアーティストだ。

 

 

 

Jay Danielとの共演には、エレクトロニックデュオ「Aster」として〈Hivern Discs〉や〈Mathematics Recordings〉から12インチシングルをリリースし、2014年からは自身主宰のレーベル〈Modern Obscure Music〉を運営しているPedro Vianがバルセロナから来日。

国内からは、これまでにデトロイトからLuke Hess、Kevin Reynolds、シカゴからTevo Howardなどを招聘してパーティを行ってきたほか、〈avex Trax〉〈P-Vine〉〈SPACE SHOWER MUSIC〉から3枚のアルバムをリリースを経て、2017年には全トラックをプロデュースしたROCKASENのアルバム『Two Sides of』をフリーで配信したことも話題となったBushmind、世界各地においてリリースが続く現在進行形のハウスミュージック、今もなお色褪せることのないダンスクラシックスを軸にプレイするHEAVENが登場する。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

Jay Daniel New Album “Tala” Release Party

Jay Daniel new album “TALA” premier party

 

Date: 2018/10/7 (Sun)

Venue: Contact

Open: 22:00

Before 23:00:  ¥1000

Under 23: ¥2000

GH S Member: ¥2500

w/F: ¥3000

Door: ¥3500

 

Line up:

[Studio]

Jay Daniel (Watusi High | Detroit)

Bushmind

HEAVEN

Pedro Vian (Modern Obscure Music | Barcelona)

 

[Contact]

Nabihah Iqbal (London)

1-Drink

Funktion Crew (Yudaini, Tikini and Taiki)

 

 

More info: Contact
http://www.contacttokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
※Contactは会員制となっております。ご来場の皆様に登録をお願いしております。

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.