HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

YakushimaruEtsuko

NEWS

やくしまるえつこのドローイング『NEO-FUTURE』 巨大グラフィック・インスタレーションが渋谷駅地下に出現

『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』の企画の一環として、渋谷駅地下にやくしまるえつこのドローイング『NEO-FUTURE』巨大グラフィック・インスタレーションが出現した。

 

 

また、やくしまるえつこ率いるバンド・相対性理論が新曲“NEO-FUTURE”をゲリラ配信リリース。重層的且つディストピア的なヴォーカル&コーラス、ダンサブルなビートと破壊的なギター、スリリングな展開が同居する楽曲となっている。

そして渋谷駅地下に登場したのは、新曲“NEO-FUTURE”のアートワークを用いた巨大グラフィック・インスタレーション。やくしまるえつこ・相対性理論も参加するRed Bullによる都市型音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』のスペシャル企画として、田園都市線の渋谷駅地下1階エリアから道玄坂方面に向かう通路の壁面「渋谷道玄坂ハッピーボード」(田園都市線渋谷駅、B1F、2番出口付近)に、巨大 グラフィック・インスタレーションが10月7日まで登場する。

 

 

アートワークはこれまでの相対性理論作品と同様に、やくしまるえつこがアートディレクション 及びドローイングを担当。さらに今回は『AKIRA』などで世界的に活躍する大友克洋との多数のコラボレーションでも知られるコラージュアーティストの河村康輔も本作のグラフィックにコラージュで参加し、文字通り 『NEO-FUTURE』を表すような未来の都市の風景が展開。

巨大グラフィックの中心の少女のドローイングからは新曲“NEO-FUTURE”が流れる仕様となっている。

 

2016年に発表され、坂本龍一、黒沢清、Jeff Millsらが推薦文を寄稿し、さらにバンド初となる日本武道館公演も実現したアルバム『天声ジングル』。それから約2年半振りに発表された相対性理論の新曲“NEO-FUTURE”は、『天声ジングル』のキーワードである「NEW WORLD」、そして、やくしまるえつこが人類滅亡後の音楽をコンセプト にバイオテクノジーを用いて制作し、『Ars Electronica(アルス・エレクトロニカ)』のアワード「STARTS PRIZE(スターツ・プライズ)」にてグランプリを受賞した作品『わたしは人類』の、さらにその先の「新しい未来」を 示すような世界観をもった作品となっている。

 

 

相対性理論の“NEO-FUTURE”は10月2日より各配信サイトにてダウンロード&サブスクリプション配信スタート。通常の配信に加えて高音質ハイレゾ配信も実施されている。配信サイトの一覧は下記リンクからご覧いただきたい。https://linkco.re/RHxU4XFa

 

相対性理論『NEO-FUTURE』オフィシャルサイト: http://mirairecords.com/stsr/2048

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.