HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Flying Lotusが約5年ぶりとなる最新作『FLAMAGRA』を5月下旬にリリース

  • Photo : Renata Raksha

  • 2019.4.22

Flying Lotusが、グラミー賞候補にもなった前作『You’re Dead!』から約5年ぶりとなる最新作『FLAMAGRA』を5月23日にリリースすることを発表した。日本では先行で5月22日にリリースされる。

 

Kendrick Lamarの傑作『To Pimp a Butterfly』におけるコラボレーション、Kamasi Washingtonの大出世作『The Epic』の監修、Thundercatの出世作『Drunk』では大半の楽曲をプロデュースし、ここ日本でも上映されたコミック・ホラー長編映画『KUSO』の監督・脚本を手がけ、主宰レーベル〈Brainfeeder〉が2018年に10周年を迎えるなど、底なしの創造力でシーンの大ボスとして君臨し続けているFlying Lotusが、マグマの如く燃えたぎるイマジネーションを詰め込んだ27曲の超大作『FLAMAGRA』を完成させた(日本国内盤CDにはさらに1曲追加収録される)。そして発表に併せて、Flying LotusとDavid Firthが監督を手掛けた、収録曲“Fire Is Coming feat. David Lynch”のMVが公開された。

 

 

「いつも頭の中ではひとつのテーマが浮かんでいて、火にまつわるコンセプトが燻り続けていた。ある丘の上に永遠の炎が鎮座しているんだ」

– Flying Lotus

 

『FLAMAGRA』は、12年に及ぶキャリアの中でロータスが世に提示してきた革新性の全てを搔き集め、それをさらに推し進めている。ヒップホップ、ファンク、ソウル、ジャズ、ダンスミュージック、トライバルなポリリズム、IDM、そしてビートミュージックが図解不可能なほど複雑に絡み合い、まるでFlyLoの頭の中に迷い込んだような、もしくは宇宙に漂う灼熱の惑星の上にいるかのような、驚異的独創性が発揮された傑作である。

また、過去作品でも豪華な参加アーティストが話題を呼んだが、今作のラインナップは数もインパクトも過去作を上回るものとなっている。Anderson Paak、George Clinton、Little DragonのYukimi Nagano、Tierra Whack、Denzel Curry、Shabazz PalacesのIshmael Butler、Toro Y Moi、Solange、そして盟友Thundercatがヴォーカリストとして参加。さらに、MVでいち早く聴くことのできるFire Is Coming”でのDavid Lynchの不気味なナレーションが今作の異様とも言える世界観を炙り出している。

 

Info update 2019/4/23:

Little DragonのYukimi Naganoがヴォーカリストとして参加した“Spontaneous”と、Thundercat、Brandon Coleman、さらに日本からオノシュンスケ(Syunsuke Ono)が参加している“Takashi”を公開。

 

 

“Takashi”というタイトルは、teamLabの工藤岳氏に由来している。2018年にFlying Lotusは、teamLabのアートインスタレーションを訪れ、そこで見た幻想的な色彩が、時に大人であることが抑圧してしまう、大切な記憶を呼び起こし、アルバム制作のインスピレーションになったことにちなんでいるという。また同曲に参加したオノシュンスケ(Syunsuke Ono)との出会いについては、「彼が手がけた坂本慎太郎のリミックスを聴いて知ったんだ。ある日Spotifyでランダムにその曲が流れてきて、それ以来、彼のファンになったんだよ。まだアンダーグラウンドな奴だよね(笑)」と語っている。

 

Info update 2019/5/9:

Anderson .Paakが最高にソウルフルなヴォーカルを披露する新曲“More”が公開となった。

 

 

「彼(Anderson .Paak)と知り合ったのはもっと前だけど、ちゃんと話すようになって6、7年かな。アイツ演奏も凄いんだよ! 危険なヤツさ……」

ー Flying Lotus

 

2枚組となるLPヴァージョンは、スタンダードエディションのブラック・ヴァイナル仕様に加え、特殊ポップアップ・スリーヴなど豪華な装丁が施されたパッケージの限定のホワイト・ヴァイナル仕様、クリアー・ヴァイナル仕様のスペシャル・エディションも発売される。また、アルバムタイトルのフォントデザインは日本のグラフィックデザイナーGUCCIMAZEがフォントを提供している。

 

 

 

Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』の詳細は以下の通り。

 

 

 

Flying Lotus

『FLAMAGRA』

Flying Lotus - Flamagra

 

Release date: 2019/5/23

Label:Warp / Beat Records

Cat no.: WARP291 / BRC-595(国内盤CD)

Price: ¥2400+tax (国内盤CD)

※初回盤紙ジャケット仕様

ボーナストラック追加収録 / 歌詞対訳・解説書付

(解説:吉田雅史/対談:若林恵 x 柳樂光隆)

 

Order here: 

[BEATINK.COM: CD/LP/T-Shirts Set]

http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10233

[SPECIAL EDITION VINYL(BEATINK限定クリアヴァイナル)]

http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10234

[AMAZON]

https://www.amazon.co.jp/dp/B07QTNKJQX

[TOWER RECORDS]

https://tower.jp/item/4895939

[HMV]

http://www.hmv.co.jp/product/detail/9798759

[DISKUNION]

https://diskunion.net/clubh/ct/detail/1007897929

 

[iTunes]

https://apple.co/2VPZJ4i

[Apple Music]

https://apple.co/2VQbJ66

 

 

Tracklist:

1. Heroes

2. Post Requisite

3. Heroes In A Half Shell

4. More feat. Anderson .Paak

5. Capillaries

6. Burning Down The House feat. George Clinton

7. Spontaneous feat. Little Dragon

8. Takashi

9. Pilgrim Side Eye

10. All Spies

11. Yellow Belly feat. Tierra Whack

12. Black Balloons Reprise feat. Denzel Curry

13. Fire Is Coming feat. David Lynch

14. Inside Your Home

15. Actually Virtual feat. Shabazz Palaces

16. Andromeda

17. Remind U

18. Say Something

19. Debbie Is Depressed

20. Find Your Own Way Home

21. The Climb feat. Thundercat

22. Pygmy

23. 9 Carrots feat. Toro y Moi

24. FF4 25. Land Of Honey feat. Solange

26. Thank U Malcolm

27. Hot Oct.

28. Quarantine (Bonus Track for Japan)

 

More info: https://warp.net/releases/129297-flying-lotus-flamagra

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.