HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

factory floor fritz lang

NEWS

Factory Floorが、Fritz Lang監督の傑作SF映画『Metropolis』のサウンドトラックを制作しリリース

ロンドン拠点のポスト・インダストリアル、エレクトロ・ユニットのFactory Floorが、1910年代後期〜1960年頃まで活躍した映画界の巨匠 Fritz Langが1927年に発表した名作『Metropolis』のサウンドトラックを制作。10月12日にセルフレーベル〈Heart Of Data〉からリリースされる。

 

元々、本プロジェクトは、今なおSFファンからカルト的人気を誇るFritz Langの『Metropolis』発表から90周年を迎えた2017年に、ロンドンにある国立の科学博物館が、Factory Floorにサウンドトラックの制作とライヴを依頼したことから始まった。ライヴは科学博物館内にあるIMAXシアターで開催され、150分に及ぶ演奏が行われた。そして、2018年2月にはサウンドトラックからの楽曲『Heart Of Data / Babel』をリリースしていた。

 

 

 

サウンドトラックアルバムは『A Soundtrack for a Film』と題され、2018年にFactory Floorが始動したレーベル〈Heart Of Data〉(”H/O/D”とも表記)から10月12日にリリースされる。ヴァイナルは4LPのボックスセット、CDは2枚組となっている。

またアルバムに先駆けて、12インチシングル・カット『Transform / Wonder』が9月7日にリリースされる。(リリースの詳細は末尾に掲載)

 

 

ドイツ表現主義における傑作『Metropolis』は、オーストリア出身の映画監督Fritz Langによって1926年に制作され、1927年に公開されたモノクロの無声映画。制作当時から100年後、2026年のディストピア未来都市を題材に、支配階級と労働階級による階級社会と闘争、当時のヴァイマール共和政下における資本主義と共産主義の対立を描いている。「SF映画の原点にして頂点」とも称される本作は、後世のSF映画監督/作家に多大な影響を与えたことでも知られている。電子音楽界においても影響は広く、本映画の大ファンであるGiorgio Moroderは、1984年に自身作曲によるサウンドトラックを制作し、『Metropolis』の再編も行い、『Giorgio Moroder Presents Metropolis』として発表ている。また、Jeff Millsも2000年にサウンドトラック『Metropolis』を制作しているほか、Kraftwerkの『Die Mensch-Maschine(人間解体)』は本映画をモチーフにしていることで知られている。さらにMadonnaやQUEENは『Metropolis』をモチーフにしたMVを公開している。

 

 

 

 

 

Factory Floor

『A Soundtrack For A Film』

Release date: 2018/10/12

Label: H/O/D

Cat no.: HOD003

 

Tracklist (CD ver.):

[Disc 1]

1. Metropolis

2. Beneath

3. Run

4. Father

5. Identity Switch

6. Circuit Senses

7. Babel

8. Cave

9. Wonder

10. Suspicious

 

[Disc 2]

1. Transform

2. Heart of Data

3. Find

4. Up Rise

5. Flood

6. Become

7. End

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.