HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Club museum 2018-2019

NEWS

Dave Angel、Lone、Pariahなどが神楽坂KGR(n)で開催の『Club Museum』レギュラーイベントに登場

15年の歴史を数える老舗テクノイベント『Club Museum』が、2018年12月から2019年4月までの約半年間で全4公演、短期レギュラーイベントとして神楽坂のKGR(n)で開催される。

 

『Club Museum』短期レギュラーイベントは、毎回入場者を100人限定とし、いずれも土曜日の18時〜22時半という時間帯で開催される。既に出演アーティストも決まっており、ロンドン拠点の老舗レーベル〈R&S〉の35周年を祝して、全4公演を通じて〈R&S〉所属アーティストと共にその歴史を紐解くラインナップとなっている。

 

 

まず12月15日(土)には、〈R&S〉の歴史を語る上で欠かすことのできない最重要人物の一人であるDave Angelが、実に10年半振りの来日を果たす。90年代に〈R&S〉から数々のヒットシングルを生み出し、1996年にはコンピレーション『Classics』をリリースしているUKのテクノレジェンド。当日は「Legendary 90’s set」と題し、唯一無二の疾走感で90年代を席巻した伝説のDJセットを3時間披露する予定となっている。

 

 

2019年2月2日(土)には、『FUJI ROCK FESTIVAL ’15』など国内人気フェスにも出演経験もあり、2010年代の〈R&S〉における看板アーティストのひとりであるLONEが登場する。LONEは2017年から2018年にかけては“フロア向けの4/4(四つ打ち)”にフォーカスしたEPシリーズ『Ambivert Tools』を4作にわたって発表し、11月には日本限定で総集コンピレーションCDとしてリリースされたことも記憶に新しい。音色を変幻自在に操るLONEの崇高なプレイを100人限定という貴重な空間で体感できるプレミア公演となる。

 

 

そして、2019年3月16日(土)は、2000年代中期〜後期のポスト・ダブステップ期に“Detroit Falls”を始めとした数々の名曲を〈R&S〉からリリースし、2018年6月に〈Houndtooth〉から発表したキャリア初アルバム『Here From Where We Are』が至極のエレクトロニックミュージック〜アンビエント/ニューエイジ作品として非常に高い評価を受けているPariahが待望の初来日を果たす。

 

 

そして2019年4月20日(土)は『Club Museum』の16周年記念公演となり、この日のゲストはまだシークレットとなっている。続報にご期待いただきたい。

 

また今回の記念公演シリーズの発表に併せて、『Club Museum』の公式LINE@(@clubmuseum)が開設され、この期間に「友だち登録」をすると、初回キャンペーンとしてディスカウントクーポンや、3つスタンプを集めると16周年公演が入場無料になるクーポンが貰えるスタンプカードが入手できるという。

友達登録用のQRコードはこちら。

 

 

全公演の詳細は以下の通り。

 

 

 

Club Museum 2018-2019

Date & Line up:

2018/12/15 (Sat) – DAVE ANGEL (Legendary 90’s set)

2019/2/2 (Sat) – LONE
2019/3/16 (Sat) – Pariah
2019/4/20 (Sat) – Club Museum 16th Anniversary

 

Club Museum Room host: Rok Da House

 

(※ 全公演共通)

Venue: 神楽音 / KGR(n)

Open/Start: 17:40/18:00

Close: 22:30

LINE@クーポン/CM Members: ¥3400

ADV: ¥3500

[Ticket outlets: Clubberia / RA (limited)]

Door: ¥3900

(※全て、別途1ドリンク代600円)

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.