HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Albino Sound & sauce81 talk about TORAIZ SP-16

HIGHLIGHT

Albino Sound & sauce81 talk about TORAIZ SP-16

  • Red Bull Studios Tokyo
  • Interview, Text & Photo : Hiromi Matsubara

  • 2017.3.10

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

TORAIZ SP-16はいかなるタイプとジャンルのプロデューサーにも開かれている

2016年4月、Pioneer DJが新たに電子楽器ブランド「TORAIZ」を立ち上げると共に、その第1弾モデルとしてスタンドアローン型サンプラー「TORAIZ SP-16」を発表したことをHigherFrequencyでニュースとして取り上げた際に、SNSを通じて寄せられたり垣間見えたりしたリアクションは驚きと期待に溢れていた。中でもTORAIZ SP-16の魅力を説明する上で欠かせない、「素早く直感的な音楽制作」や「快適なワークフロー」、「⼀台で多彩な⾳楽表現を行うことが可能」といったキーワードが、音楽制作に興味のある初心者から多くの関心を集めており、ずばりこのことが今回の特集を企画する発端となった。(ちなみにHigherFrequencyでは、2016年12月開催の『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』にて行われたTORAIZ SP-16のワークショップレポートも掲載している)   改めて、まずここで触れておきたいのはTORAIZ SP-16の間口の広さと奥深さだ。綺麗に配色がなされ感度も良く点灯/点滅する各16個のパフォーマンスパッドとステップシーケンサーは、高い互換性で鳴っている音とリズムを一目で分かり易く伝え、始めからどちらの操作にも不慣れであっても演奏を続ける上での直感を刺激してくれる。また、例えば元々パッド操作の方に慣れている人でも、シーケンサーがパッドにシンクロして同色で点灯していることで効率良くシーケンサー特有の機能へと操作を移すことができ ... READ MORE

ENTER

PIONEER DJ PRO AUDIO GS-WAVE / XY Series

HIGHLIGHT

PIONEER DJ PRO AUDIO GS-WAVE / XY Series

  • Text : Hiromi MatsubarPhoto : Asami Uchida

  • 2016.4.7

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
2013年7月2日、世界的なスピーカーメーカー、世界シェア7割を持つDJ機器メーカーとして知られるPioneer DJ(発表当時はPioneer)がクラブ向けのサウンドシステムの参入を発表した。発表に合わせて公開された「GS-WAVE Series」と「XY Series」は、国際的なダンスミュージックアワード内のクラブサウンドシステムのデザイン部門を4年連続受賞したAlex Barrandを筆頭にしたPioneer DJのクラブスピーカー開発担当者たちと、世界的なサウンドエンジニアのGary Stewartと彼の名を冠した音響企業「Gary Stewart Audio」との協業によって開発された、“革新”と“継承”を合わせ持つモデルだ。すでに、ダンスミュージックの本場とも言えるスペイン・イビサのクラブを始め、大小様々な欧米のトップレベルのクラブ/ラウンジに導入されている本サウンドシステムは、高い評価を得ており、今後も各地のクラブに導入される予定となっている。 ... READ MORE

ENTER

HIGHLIGHT

GONNO x YUJI MURAI Special Interview

  • Interview : Hiromi MatsubaraPhoto : Asami Uchida, Hiromi Matsubara

  • 2016.4.7

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
2013年にPioneer DJ Pro Audioがクラブ向けサウンドシステムへの参入を発表し、ここ日本でも本格的にクラブイベント/フェスティバルへの導入がスタートした。今回は、様々な場所でのお披露目が増えているこの機会に、サウンドシステムを日本で最もよく知るPioneer DJ Pro Audioの企画担当者の村井佑史氏に2つのサウンドシステムシリーズの性能から今後の展望まで、たっぷりとお話していただいた。同時に、2015年2月24日に行われた試聴会でデモンストレーションDJを務めたGonno氏にもご登場いただき、初めてサウンドシステムに触れた日本人のDJとしての感想も伺った。対談はいつしかクラブサウンドシステムの話から盛り上がり、お二人のクラブ観/DJ観にも迫ることに。しかしその語り口からは日本のクラブカルチャーへの情熱が確かに感じられるだろう。 ... READ MORE

ENTER

HIGHLIGHT

HISTORY of UK MUSIC 1970-2016

  • Text : Hiromi Matsubara

  • 2016.3.25

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2
ロック、パンク、エレクトロ、レイヴ、グライム……ムーヴメントを起こし、特別な存在感を世界に示し続けてきたUKの音楽。数十年前の曲も今に至るまで長い間語り継がれ、最新系/流行の音楽には真っ先に多くの注目が寄せられています。ガレージから、ベッドルームから、そしてストリートから発せられた、社会に対する感情を根元的なエネルギーとするいくつものメッセージとサウンドは、アーティストだけでなく市民をも結ぶ証となり、世界的なヒット曲へと変貌を遂げてきました。本企画では、1970年〜2016年の約40年にわたって生まれてきた、そんな「これぞUKの音楽!」と呼べる特別な楽曲を50曲紹介していきます。お届けするのは、1914年にイギリスで誕生して以来、長年にわたってサッカーやラグビー、テニスなど英国のスポーツに多大な貢献をし、昨今はロンドンの都会的なイメージと「音楽、UK、ファッション」に裏付けられた素材/色/デザインを表現に落とし込んだフットウェアを展開するブランド〈Admiral Footwear〉。毎週更新予定なので、本ページと、〈Admiral Footwear〉とHigherFrequencyのSNSを随時御覧ください。それではUKの音楽を振り返る旅、スタートです! ... READ MORE

ENTER

CAMP Off-Tone 2015

HIGHLIGHT

CAMP Off-Tone 2015

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

おいでよ、アンビエントの森へ

来る9月26日(土)に、野外アンビエントパーティー『CAMP Off-Tone 2015』が、山梨は甲府にあるマウントピア黒平にて開催される。また、それに先立って9月8日(火)にはDOMMUNEでの特集も決定し、開催に向けますます勢いも増している。今年で発足5年目のOff-Toneは、アンビエントサウンドを大勢で楽しむという遊びを提案し、これまで多くのアーティストと共に空間を作り上げてきた。 中でも、今年で4回目の出場となるKAITOことHiroshi Watanabeはもはやこのパーティーに欠かせない存在である。去る5月下旬、出演オファーと共に彼のインタヴュー企画が持ち上がり、双方スタッフで内容を話しているうちに、「オーガナイザーのMatsusaka Daisukeも参加した方が良いんじゃないか。お互い既によく知った関係だし、かしこまったインタヴューより面白い話になりそうだ」という運びとなり、今回の対談が実現することとなった。 進行役に『CAMP Off-Tone』の屋内エリア「Inner Space」を企画から担当するYoshinori Saitoを招いて、東京郊外でひっそりと行われた対談は、常に「アンビエント」をキーワードにしながら、オーガナイザーとアーティストの枠を超え、内面から空間へ、過去から未来へと広がり、3人のパーソナルな感覚が浮き彫りとなる非常に深いものとなった。 ... READ MORE

ENTER

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.