HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

HIGHLIGHT

Pioneer Pro Audio Japan Tour 2017

  • Text : Hiromi Matsubara

  • 2018.4.25

  • 3/30 追加

前進を続ける屈指のサウンドシステムが日本を巡る

Pioneer Pro Audioが国内でのサウンドシステム事業を本格的に展開し始めた2015年から、HigherFrequencyではレポートや企画担当者へのインタヴューを行い動向を追い続けてきた。始動から僅か数年のうちに、国内の様々なダンスミュージックのフェスティバルやクラブイベントへの継続的な協賛を行うようになり、都内ではCircus Tokyo、大阪ではALZARといった音に強いこだわりを持ったクラブにXY Seriesがフル・インストールされたことを皮切りに、北は北海道から南は沖縄までの15都道府県内に50を超える店舗に導入され、今もなお急速にその評判と知名度を高めている。そして今年はその更なる発展をレポートすべく、『Pioneer Pro Audio Japan Tour』と銘打ち、Pioneer Pro Audioのサウンドシステムが使用された各地のフェスティバルとイベントに同行して取材を敢行。数ある中でも、フラッグシップモデルのGS-WAVE Seriesや、2017年9月に正式発表された最新モデルXY-3Bが使用された特に重要なフェスティバルとイベントをピックアップし、各会場でサウンドシステムがいかなるセッティングで稼働したのかを会場の模様と共に振り返っていく。 ... READ MORE

ENTER

HIGHLIGHT

Yutaka Asada x Yuji Murai Interview

  • Interview : Hiromi Matsubara

  • 2018.4.25

  • 3/30 追加

ダンスミュージックを知り、快適に遊べる音響空間をつくる

Pioneer Pro Audioが国内でのサウンドシステム事業を本格的に展開し始めた2015年から、HigherFrequencyではレポートや企画担当者へのインタヴューを行い動向を追い続けてきた。始動から僅か数年のうちに、国内の様々なダンスミュージックのフェスティバルやクラブイベントへの継続的な協賛を行うようになり、都内ではCircus Tokyo、大阪ではALZARといった音に強いこだわりを持ったクラブにXY Seriesがフル・インストールされたことを皮切りに、北は北海道から南は沖縄までの15都道府県内に50を超える店舗に導入され、今もなお急速にその評判と知名度を高めている。そして今年はその更なる発展をレポートすべく、『Pioneer Pro Audio Japan Tour』と銘打ち、Pioneer Pro Audioのサウンドシステムが使用された各地のフェスティバルとイベントに同行して取材を敢行。   本インタヴューでは、Pioneer Pro AudioのフラッグシップモデルGS-WAVE Seriesを始め、2017年9月に正式発表された最新モデルXY-3Bなどがインストールされた全国各地のフェスティバルやイベントなど、現場の多くを知るお二人にご登場いただき、1年間の活動から展望までをお話しいただいた。 まずは、フェスティバルやイベントの現場において、システムの設置から本番中の微調整に至るまで、音響を通じてその土地に最適な空間をプロデュースしてきた ... READ MORE

ENTER

Pioneer DJ Showroom Opening Event

HIGHLIGHT

Pioneer DJ Showroom Opening Event

  • Text & Photo : Hiromi Matsubara

  • 2018.2.2

  • 3/30 追加

国内初のPioneer DJショールームが誕生

Pioneer DJ株式会社が、本社を構えている横浜・みなとみらいの「横浜アイマークプレイス」の1階に、国内では初となるショールームを1月18日にオープン。同日には、ショールームオープニングイベントと題して、新製品の発表も行われた。   [gallery columns="2" size="full" ids="10929,10931"]   まずショールームには、Pioneer DJがフラッグシップモデルとして2016年に発売し、クラブスタンダードとしても随時各クラブに常設が進んでいるCDJ-2000NXS2とDJM-900NXS2や、優れた音質とDJ機器設計で培われた操作性を搭載したターンテーブルPLX-1000とPLX-500、DJヘッドフォンの「HDJ」シリーズといった、Pioneer DJの看板であるDJ機器製品を始め、2017年より本格展開が始動した制作機器シリーズ「TORAIZ」からは、Dave Smith Instruments社との協業により開発されたスタンドアローン型サンプラーTORAIZ SP-16と、モノフォニック・アナログ・シンセサイザーTORAIZ AS-1など、現在のPioneer DJを代表する製品が勢揃い。ショールームの壁には、各製品を紹介するデザインパネルや、プロモーション映像を流しているモニターも設置されており、実際に使用して体験しながら情報も得ることのできる空間となっている。     ... READ MORE

ENTER

HIGHLIGHT

Pioneer DJ DJS-1000 Workshop in TDME’17

  • Text : Hiromi Matsubara

  • 2017.12.26

  • 3/30 追加

DJシステムに変革をもたらし得る新たなサンプラー

DJS-1000はクラブシーン、DJカルチャーに変化をもたらす機材となるのだろうか。発表と合わせて公開されたプロモーション映像では、Luciano、KiNK、UNKLE、Cassius、Gorgon CityがDJS-1000の機能と利便性について語り、すでに大きな話題となっている。そして去る11月30日~12月2日に開催された『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』にて、ワークショッププログラム『Pioneer DJ Workshop: DJシステムに新たな彩りを与える、パフォーマンスDJサンプラー「DJS-1000」』が行われた。デモンストレーターとゲストスピーカーにはFake Eyes ProductionのShigeo JDとMustache Xが登場した。     まず、登場直後にFake Eyes Productionがパフォーマンスを披露。セッティングは、2台のCDJ-2000NXS2と、1台のDJS-1000を、DJM-900NXS2に接続。今回のパフォーマンスのスタイルは、Shigeo JD曰く「Mustache Xが起こした波の上で僕がサーフする形でした」とのことで、Mustache XがCDJを使ったDJプレイを行い、その音の上にShigeo JDがDJS-1000で音を重ねていくスタイルで行われた。パフォーマンスではDJS-1000に搭載れている機能を一通り使用したそうだ(DJS-1000の機能についてはこちらのNe ... READ MORE

ENTER

HOW TO CDJ AND DJ MIXER

HIGHLIGHT

HOW TO CDJ AND DJ MIXER

  • Text : Hiromi MatsubaraVideo : Shotaro Miyajima

  • 2017.12.25

  • 3/30 追加

DJの基礎を目で見て学ぶ

真価はともかく、“DJ”という行いの存在が20〜30代の世代を中心に広く知られるようになった昨今。たまに「DJって楽しそうだし興味はあるんだけど、どうやったら良いか分からない」という言葉を耳にします。確かに細かくは分からないことが多いですよね。DJが楽しそうなことだけは見えていても手元が見えるブースのあるクラブは少ないですし、手元を見たところで何をしているのかよく分からない方もいると思います。では、いまプロとしてDJを生業にしている方々は、どのようにDJのやり方を学んだんでしょうか(少なくともDJスクールなぞと言うものでないことは確かです)。   おそらく多くのプロフェッショナルDJの方々は、伝説的な海外のアーティストを始めとして、DJという遊びを教えてくれた先輩や周りにいる上手い人のプレイを見て、目と耳でテクニックを盗み、練習で試してみて、時には失敗もして、テクニックを磨かれたのだと思います。今では大学にDJのサークルがあったりもするので、お若い大学生の皆さんは興味があれば周りの人に教えてもらえる機会も増えているはず。ですが、自らの目と耳と感性で体感して技術を盗むという行為自体も、技術云々の遥か先にある“DJの真価”を学ぶには大事なことだと思います。少々荒めのDJプレイであったり、素晴らしい手元のテクニック無くしても、スターになっているDJがいることを思うと、DJという行いには明確な正解は存在しないと思います。でもその存在しない正解を追い求めることは間違いなく楽し ... READ MORE

ENTER

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.