HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

VTSS

NEWS

VTSSが〈Repitch Recordings〉から新作EP『Identity Process』を7月にリリース

  • Photo : Marta Michalak

  • 2019.6.4

ポーランド発で現在はベルリン拠点のDJ/プロデューサー、VTSSが〈Repitch Recordings〉から最新EP『Identity Process』を7月4日にリリースする。

 

VTSSことMartyna Majaは、ポーランドはワルシャワの出身で、現在はベルリンを拠点に活動しながら、2019年1月にはDiscwomanのメンバー入りも果たした、いま急成長中のDJ/プロデューサー。地元のレーベル/パーティー〈Brutaż〉や著名なヴェニュー「Jasna 1」も彼女のことを誇り、その圧倒的にダークなエネルギーと、耳について離れない刺激的な雰囲気を併せ持つスタイルは、今や欧米シーンを席巻しつつあり、テクノヘッズやレイヴァーなどから熱い視線を集めている。

 

 

プロデューサーとしては『Herrensauna』に参加するSPFDJが主宰する〈Intrepid Skin〉から2018年にデビューし、2019年3月にはベルリンの新興レーベル〈HAVEN〉から2作目をリリースし、そして3作目にして〈Repitch Recordings〉入りのビッグリリースとなる。

 

 

ベルリンのアンダーグラウンドでエクスペリメンタルなテクノの精鋭たち、Ascion、D. Carbone、Shapednoiseが運営する〈Repitch Recordings〉からリリースする、VTSSにとって通算3作目となるEP『Identity Process』は、「彼女のスタイルが導く、ソニック・パワー・コンダクター(音のパワーの指揮者)とエクスタシー・スタミナ・エンハンサー(恍惚のスタミナ増強剤)として機能する4つの重くて強力なバンガー」を収録しているという。さらにレーベルは、「工業化された彼女のドラムサウンドは、常にテクノ、レイヴ、さらにハードコアのクラシックな名残をイメージさせる」と説明している。

 

 

 

VTSSの最新EP『Identity Process』の詳細は以下の通り。

 

 

 

VTSS

『Identity Process』

Release date: 2019/7/4

Label: Repitch Recordings

Cat. no: RPTCH10

Formats: 12″ / Digital

 

Order here: https://repitch.bandcamp.com/album/rptch10-identity-process

 

Tracklist:

A1. Bring The Noize

A2. Code Red

B1. Sensor 150

B2. Devil-may-care

Safe – Location (Digital Exclusive Bonus)

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.