HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

richie hawtin alva noto

NEWS

Richie HawtinとAlva Notoがそれぞれの最新A/Vライヴを披露するツーマンライヴが10月27日に開催

現代最高峰のテクノアーティストRichie Hawtinと、ドイツの天才サウンドアーティストのAlva Noto。ありそうで今までなかった2人が、それぞれの最新オーディオ・ヴィジュアル・ライヴを一夜で披露するツーマンライヴ公演が10月27日(土)に実現する。

 

 

会場は、都内有数のライヴスペース「豊洲PIT」。最新鋭の音響と空間、ここに高精度の大型LEDヴィジョン、ライティングを持ち込み、アーティストの望むままのステージセットで、オーディオ・ヴィジュアルのダイナミックさを極限まで表現するという。

 

世界中のダンスフロアを揺らすテクノ・サイエンティストことRichie Hawtin。日本においてもクラブやフェスティバルなどのDJパフォーマンスで絶大な人気を誇っているが、今回はそんな彼の音楽家でありアーティストとしての世界観とテクノロジーを詰め込んだ最新のオーディオ・ヴィジュアル・ライヴ『CLOSE – Spontaneity & Synchronicity』が日本初上陸を果たす。

 

 

本プロジェクトでRichie Hawtinは、人間の創造性とテクノロジーを駆使してDJとライブの境界線に挑んでおり、規則正しく刻むビートに、人間だからこその直感で即興テクノを作り上げていくその姿を、各機材に取り付けた無数のカメラが巨大スクリーンにリアルタイム投影。機材を巧みに操る姿を目にすることで、彼の意識・世界観そのものに没入することができるという仕組みになっている。

 

 

現在Richie Hawtinはこのライヴセットを携えてのワールドツアー中だが、『Coachella』や『Movement』など、巨大フェスティバルでのライヴセットとなっているため、その膨大な機材やステージセットアップは、日本国内では実現不可能と思われていた。しかし、度重なるミーティングを経て、ついに豊洲PITで実現することとなった。

 

 

 

そして今回は、坂本龍一とのコラボレーションで知られる天才サウンドアーティスト、Alva NotoことCarsten Nicolaiのダンスフロア向け作品である「Uni シリーズ」3部作の完結編となるアルバム『UNIEQAV』から最新のオーディオ・ヴィジュアル・ライヴも同時開催。

 

 

ベルリン、パリ、ロンドンなどでソールドアウトとなった刺激的なサウンドとヴィジュアルがシンクロする圧巻のパフォーマンスを本邦初披露する。卓越したセンスとテクニックで立体的なサウンドデザインを構築し、ミニマルでメディテイティヴな側面とダイナミックでダンサブルな側面が完璧なバランスで混在する唯一無二の音響空間に没入必至である。

 

 

完売必至のチケットは9月27日(木)正午に発売開始。詳しくは下記、もしくはオフィシャルサイトにてご覧いただきたい。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

MIRAI TOKYO – Audiovisual Media Art Show

 

Date: 2018/10/27 (Sat)

Venue: 豊洲PIT(東京都江東区豊洲6-1-23)

Open&Start/Close: 16:00 / 21:00

 

Tickets:

ADV ¥8,500

Door ¥10,500

 

ADV ticket outlets:

[イープラス http://eplus.jp/miraitokyo/]

[RA https://jp.residentadvisor.net/events/1165892]

[iFLYER https://bit.ly/2pqWPVb]

 

Line up:

RICHIE HAWTIN [CLOSE – Spontaneity & Synchronicity]

ALVA NOTO [UNIEQAV]

ISHIJIMA [Openning DJ]

 

 

主催・制作:株式会社ミスターフュージョン

協力:新豊洲フェス、東京花火大祭

 

Official site/More info: http://www.media-art.tokyo

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.