HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

DDJ-200

NEWS

Pioneer DJが、スマートフォン対応DJコントローラー「DDJ-200」を発表

Pioneer DJ株式会社が、2019年5月14日にスマートフォン対応スマートDJコントローラー「DDJ-200」を発表し、併せてPioneer DJのiPhone向けDJアプリ「WeDJ TM for iPhone」をver. 2.0にアップデートも公開。App Storeにて無料でダウンロードすることができる。

 

DDJ-200は、日常的に使い慣れているスマホとの組み合わせを第一に考え開発されたDJコントローラー。スマホ用DJアプリとストリーミング音楽配信サービスを利用し、気軽にDJを始めることができる。また、世界中のプロフェッショナルDJに支持されているPioneer DJの機材開発ノウハウを元に、簡単に本格的な演奏を楽しめるようにDJプレイに必要なボタンやツマミを分かりやすく配置。そして、どこにでも持ち運びができる小型軽量化ボディで、コンセントが無い環境でもモバイルバッテリーから電源を供給して駆動することが可能なので、場所を選ばず演奏ができるようになっている。また、スマホ、タブレットまたはPC/Macの内蔵スピーカーから音声を出力することもできるので、スピーカーなしでもDJを楽しむことができる。

Pioneer DJのiPhone向けDJアプリ、WeDJ for iPhoneを使用することで、ストリーミング音楽配信サービスのBeatport LINKのほか、初心者向けのサポート機能「チュートリアル機能」や「TRANSITION FX機能」など、これまで以上に簡単にDJを楽しめるようになっている。

DDJ-200は、スマホ、タブレット、PC/Macなど多くのデバイスに対応。スマホ、タブレットではWeDJ for iPhone、djay、edjing Mixを、PC/Macではrekordbox djと、組み合わせて利用できるアプリが複数あり、様々な機能を試すことができる。さらに、Beatport LINKやSpotifyなど、様々なストリーミングサービスに対応しているので、幅広い楽曲カタログの中からお気に入りの楽曲を使ってDJプレイできる(デバイス、アプリ、ストリーミングサービスの組み合わせに関しては詳細をご覧ください)。

WeDJ for iPhoneに搭載されている機能の基本的な使い方や演奏への活用方法などを操作手順に合わせて解説するチュートリアル機能、およびボタンや表記をタップするだけで機能の概要をテキストで表示し、短時間で機能を把握することができるポップヒント機能を搭載しているため、これまでDJ機器を扱ったことがない初心者でも迷わず簡単にDJプレイを楽しむことができる。

 

DDJ-200には、WeDJ for iPhoneでFXパターンを選択し、クロスフェーダーを動かすだけの簡単な操作でプロフェッショナルDJのMIXテクニックを再現することができる「TRANSITION FX」を搭載。TRANSITION FXは全部で11パターンあり、バリエーション豊かなDJ MIXを楽しむことができる。

また、現在演奏している楽曲のフレーズが終了するタイミングで、次に演奏する楽曲のフレーズを開始させることができる「PHRASE SYNC」機能も搭載。画面上の専用ボタンをタップするだけで自動的に2曲のフレーズ開始終了タイミングが揃うので、楽曲の拍や小節を意識することなく、自然に次の楽曲に切り換えることができる。

 

 

さらなる製品の詳細は以下のリンクからご確認いただきたい。

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/controller/ddj-200/black/overview/

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.