HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Peter Van Hoesen、Yves De MeyからなるユニットSendaiがContactにて開催の『dB』に登場

Peter Van Hoesen、Yves De MeyからなるユニットSendaiがContactにて開催の『dB』に登場する。

 

Yves De MeyとPeter Van Hoesenからなるエキスペリメンタルプロジェクト、Sendai。
様々なサウンドスケープを使いこなし、常に新たな道へと歩み続けている彼らは、2012年にSendaiとしてPeter Van Hoesenのレーベル〈Time To Express〉からフルレングスアルバムをリリース。翌年、〈Archives Intérieures〉レーベルを設立し、2014年に新たなフルレングスをリリースした。2016年には〈Editions Mego〉から10曲を含む『Ground and Figure』を発表、更なる空間、テクスチャー、トーンを追求した作品となっており、近年はアナログとデジタルを取り入れたハイブリッドな作業法でオーディオスペクトラムを研究し、よりヒプノティックでパワフルな作品を生み出している。

昨年の『rural 2016』ではSendai Sound Systemとして幅広い要素を持たせたロングセットを披露したが、今回は先述の『Ground and Figure』にあるような、より個性を打ち出したライブセットを披露するとのことだ。

また、Peter Van Hoesenは単独でも12月30日(土)の名古屋、12月31日(日)のCreative Center Osakaにて寺田創一と共に出演するカウントダウンパーティー、年明け1月2日(火)のCIRCUS OSAKA、1月7日(日・祝前)の代官山Unitにてプレイする。2017年から2018年にかけてPeter Van Hoesenの様々な側面を垣間見ることができるジャパンツアーとなるだろう。

 

 

 

またSTUDIOにはAkiko KiyamaによるニュープロジェクトAalkoや、先日のジャパンショーケースの衝撃も記憶に新しい〈Rvng Intl.〉からのアルバムも好評なSUGAI KENにベテランDr. Nishimura、近年海外での活躍も目立つAKIRAM EN等、個性派アーティストラインナップされており、CONTACTフロアにおいても、『Back To Chill』の100madoやPortaL、『rural』のNao、Lynneら、気鋭のDJたちが顔を揃えている。

 

 

イベント詳細は以下の通り。

 

 

 

 

『dB #06 Sendai』

Date: 2017/12/22(Fri)
Venue: Contact

Open/Start: 22:00

Before 11PM: ¥2,000

Under 23: ¥2,000

GH S members: ¥2,800

w/f: ¥3,500

Door:  ¥3,800

 

Line up:

[STUDIO]

Sendai (Editions Mego | Archives Interieures | Belgium) -Live
Aalko aka Akiko Kiyama (Kebko Music) -Live
Dr Nishimura
Sugai Ken -Live
AKIRAM EN
Hakobune -Live
Chris SSG

 

[CONTACT]
100mado (Back To Chill | Lo Dubs | Murder Channel)
PortaL (Soundgram | PLLEX)
Nao (rural | addictedloop)
Lynne
Alan Smithee’ s MAD Universe -Live

 

More info:

Contact

http://www.contacttokyo.com/schedule/db-06-sendai/

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.