HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

minilogue xd

NEWS

KORGがさらなる進化を遂げたアナログ・シンセサイザー「minilogue xd」を2月に発売

株式会社KORGが、 音作りとパフォーマンスの可能性を高め、 進化した新世代のアナログ・シンセサイザー「minilogue xd」を2月に発売する。

 

minilogueを超えられるのは、minilogueだけ。進化を遂げたminilogue xdは、本物のアナログ・サウンドだけが与えることができる感動、電子楽器を操ることの喜びを知った人々に、デジタル・マルチ・エンジン、エフェクト、強化したシーケンサーやマイクロ・チューニング機能を新たに加え、さらなる音作りの楽しさ、パフォーマンスの可能性を提供する。

 

 

本物のアナログ・サウンドが大きなインパクトを与えたminilogueのアナログ・シンセサイザー回路を、この「minilogue xd」ではさらにブラッシ ュアップ。構成は 2VCO + MULTI ENGINE、1VCF、2EG、1VCA、1LFOとなっており、オシレーターの倍音を形成するウェーブ・シェイプや、シンク/リング・スイッチなど、シリーズ共通の特徴的な回路に加え、クロス・モジュレーションや効きの鋭い2ポール・ローパス・フィルター、 サウンドに太さを加えるドライブ・スイッチを搭載している。どのパラメーターもシリーズ製品をベースに細部までチューンナップを施しており、そのサウンドはアナログならではの暖かみを感じるパッドからファットなベース、抜けの良いリードまで、 あらゆるサウンドのヴァリエーションをカバーしてくれる。もちろん作ったプログラムは本体にセーブすることが可能であり、200のプリセットを始め、全部で500プログラムを保存することができる。

 

2つのアナログ VCO に加え、3つめのオシレーターとして搭載されたマルチ・エンジンは、デジタル・サウンドの魅力を提供。ノイズ、VPM、ユーザー・スロットという 3 つの異なる音源タイプを搭載したこのエンジンは、アナログとは違うサウンドの特色を活かして、アナログ・エンジンと一緒に鳴動させることで、ハイブリッドな音作りの可能性を無限に拡げてくれる。

 

minilogue xd

 

そして、32bit float処理のハイクオリティなデジタル・エフェクトが、 minilogue xd のサウンドをさらに磨き上げる。モジュレーショ ン・エフェクト、リヴァーブ、ディレイの3系統を同時使用可能で、 コーラスやアンサンブル、暖かみのあるテープ・ディレイ、多彩なリヴァーブなど、幅広いヴァリエーションから選ぶことができる。また16個のユーザー・オシレーター・スロットと16個のユ ーザー・エフェクト・スロットを、カスタマイズのために本体に予め用意しているため、ユーザー・エフェクト・スロットには自作のエフェクト・プログラムをロードすることが可能となっている。専用のライブラリアン・ソフトウェアを経由して、SDK(Software Development Kit)で作られたオシレーターやエフェ クト・プログラムを本体へロードすることが可能なので、オリジナル・プログラムの作成、コードのシェア、そしてユーザー・コミュニティ。まずは〈KORG〉が提供するサンプル・コードから試ししてみることができる。

そして、16ステップのステップ・シーケンサーは、リアルタイムRECとステップRECに対応しており、16個のステップ・ボタンをダイレクトに選択できるため、ステップの音の差し替えやミュートなど素早いエディットや即興パフォーマンスが可能となっている。さらにノブの動きを4つまで記憶してサウンドに時間的な変化を与えるモーション・シーケンスは、連続的な値の変化だけでなく、ステップごとに断続的に値を記憶することが可能になり、各ステップにそれぞれ異なる音作りをして配置できるため、例えばひとつのプログラムからドラム・パターンやSEを作るなど、 アイデア次第で使い方も拡かげることもできる。

 

minilogue xd

 

さらに、monologueに搭載された、各鍵盤を個別にピッチ調整できるマイクロ・チューニング機能を搭載しているため、Aphex TwinやDorian Concept作成のものを含む23のプリセット・チューニングを内蔵し、6つのユーザー・スケール、6つのユーザー・オクターブを登録することができる。著名なミュージシャンたちのプリセット・チューニングを実際に使ってみることで、自分自身のオリジナル・チューニングへと昇華するのも楽しむことができる。

また、大きくなった有機ELディスプレイには、音を電気信号の波形として 表示するオシロスコープ機能を搭載。パラメーターの変化をリアルタイムに目で追う、その視覚的フィードバックはシンセサイザーの仕組みの理解を助けると共に、中毒的な楽しさをもたらてくれる。記憶したモーション・シーケンスの動きを視認できるモーション・ヴューも表示可能てとなっている。

ステレオ出力になったアウトプットステレオ・エフェクターを最終段に搭載し、出力端子もステレオ化。ディレイやリヴァーブ、コーラスなど空間系のエフェクトによって、分厚いアナログ・シンセ・サウンドや煌びやかなデジタル・シンセ・ サウンドを一層際立たせることができる。

 

 

 

「minilogue xd」のさらなる製品詳細は下記リンクからご覧いただきたい。

https://www.korg.com/jp/products/synthesizers/minilogue_xd/

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.