HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

James Ruskin

NEWS

James Ruskinが2000年に〈Tresor〉から発表した名盤『Point 2』がリイシュー、併せて斬新で大胆なアプローチを収めた新作EP『Siklikal』もリリースに

  • Photo : Marie Staggat

  • 2019.11.13

UKテクノを20年以上牽引する〈Blueprint〉主宰で、サウス・ロンドンはクロイドン出身のプロデューサー/DJ、James Ruskinが約10年ぶりに〈Tresor〉から2つの作品をリリースする。

 

まずは、James Ruskinが〈Tresor〉からリリースしてきた3部作の初作として2000年に発表したアルバム『Point 2』にリマスタリングを施し、オリジナルの2LPヴァージョンには収録されていなかった“Before The Calling”と“If (Loft Mix)”を収録する形でカットした180グラムの2LPを11月1日に再発売。

 

 

レーベルは『Point 2』について「James Ruskinの作品で聴くことの出来る最小限のシーケンス、功利的なファンク、不気味なヒプノシスを定着させた素晴らしい(〈Tresor〉からの)デビューとなりました」と解説。現時点から見ると、2000年代を通して〈Tresor〉とUK発テクノのプロデューサー/DJとの関係が強固になっていった流れにおいて、重要な役割を果たしたのは90年代からロンドンで〈Blueprint〉を主宰していたJames Ruskinであり、2000年からの10年間で〈Tresor〉から追ってリリースされた『Into Submisson』(2001)と『The Dash』(2008)の、UKの肉体的なハードミニマルの表現を伴ったSF的デトロイト・ミニマルに溢れたサウンドは、レーベルのカタログによくフィットしながらも、デトロイト〜ベルリンの文脈にあったテクノに新たな変化をもたらした。『Point 2』はその幕開け的な作品となっている。

 

そしてリイシューの直後、11月8日には新作EP『Siklikal』をリリース。Ruskin特有のミニマルな構造はそのまま在りながら、よりUK的なブレークビーツのキックと予測不能に歪むシンセサウンドを効果的に取り入れ、斬新で大胆なアプローチを試みたと言える全4曲となっている。

 

 

〈Tresor〉よりリイシューされる『Point 2』と新たなEP『Siklikal』の詳細は以下の通り。

 

 

 

James Ruskin

『Point 2』

James Ruskin - Point 2

 

Release date: 2019/11/1

Label: Tresor

Cat no.: TRESOR145

Formats: 180g 2xLP / Digital

 

Tracklist:

A1 / 1. Before The Calling

A2 / 2. If

A3 / 3. Subject

B1 / 4. Detached

B2 / 5. Version

C1 / 6. Eight 3

C2 / 7. Connected

D1 / 8. From Over The Edge

D2 / 9. Coda

D3 / 10. If (Loft Mix)

 

 

『Siklikal』

James Ruskin - Siklikal EP

 

Release date: 2019/11/8

Label: Tresor

Cat no.: TRESOR314

Formats: 12″ / Digital

 

Tracklist:

A1 / 1. Nepte

A2 / 2. Kn Te3

B1 / 3. Nocke

B2 / 4. Kn Am3

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.