HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Bradley Zero

NEWS

Bradley Zeroが主宰するレーベル〈Rhythm Section〉が設立5周年を記念した36曲入りコンピレーション『SHOUTS』を4月にリリース

UK・ロンドンはペッカム拠点のDJ/プロデューサー、Bradley Zeroが主宰するレーベル〈Rhythm Section International〉が設立5周年を記念した36曲入りコンピレーション『SHOUTS』を4月3日にリリースする。

 

“爆発的な南ロンドンシーンの指導者”と称され、『Mixmag』の「Top Ten DJs of 2019」にも選出されたBradley Zeroが主宰する〈Rhythm Section〉はサウスロンドンの新たなジャズサウンドの福音を国際的な規模で伝え、テイストメイカーとしての信頼も厚い。その何よりの要因となっているのは、レーベルが始動するきっかけとなったプロデューサーのAl Dobson Jr.を始め、Henry Wu、Chaos in the CBD、FYI Chris、Neue Grafikといった現在のインターナショナルアーティストたちのキャリア初期を支え、レーベルの原点でもあるクラブナイトと、オンライン・ラジオショーを通じて、新たな才能をフックアップして育成し続けてきた部分にある。

 

 

Bradley Zeroの優れた耳と明確なヴィジョンによって導かれてきた〈Rhythm Section〉は、設立から僅か1年の2015年にはGilles Petersonが主催する『World Wide FM Award』にて「Label or the Year」の栄誉に輝き、その使命を一層突き進めてきた。レーベルのバックカタログには、Jordan Rakeiの別名義Dan Kyeを始め、King KruleがDJ JD SPORTS名義でのトラックを提供したことで注目を集めたMCのPinty、昨今は〈Sound Signature〉でのTheo Parrishとの共作や、Sampa The GreatやNai Palmの作品にも参加しているSilentJay、マンチェスターのウォームなジャジーハウスのスペシャリストRüF Dugのバンドプロジェクトなどが名を連ね、さらにサブレーベル〈International Black〉にはHarvey SutherlandがBad Channelとして作品を残している。

 

 

 

5周年を記念してリリースされるコンピレーション『SHOUTS』は、〈Rhythm Section〉が注力してきたサウンドの過去と現在、そして最も重要である“未来の要素”を取り入れて、レーベルのミッションがさらなる5年にも続いていくことを明確に示している。“街に根付く”というテーマはいま変わらず、『SHOUTS』のプレオーダー開始初週(2/12-2/19)の注文分の収益は、サウスロンドンの青少年に人生の創造性とリーダーシップスキルを学習するためのセーフスペースを提供/支援する慈善団体「Youth Futures」に寄付している。

 

 

『SHOUTS』は、36曲入りのデジタルコンピレーション及び、2つの12インチEPでリリースされる。

 

〈Rhythm Section International〉設立5周年記念コンピレーション『SHOUTS』の詳細は以下の通り。

 

 

 

Various Artists

『SHOUTS』

SHOUTS - 5 Years of Rhythm Section INTL

 

Release date: 2020/4/3

Label: Rhythm Section International

Cat no.: RS033

Formats: Digital / 12′ vinyl

 

Order here: https://wearerhythmsection.bandcamp.com/album/shouts-5-years-of-rhythm-section-intl

 

Tracklist:

[Digital]

1. Duke Hugh – “Zoë”
2. Hedonics – “Who Are They?”
2. Monzanto Sound – “Open Flower (Showcase Mix)”
4. Reggie Dokes – “She Knows”
5. Kay Suzuki & Z Lovecraft – “Juno Psycle”
6. Emma-Jean Thackray – “Brand New”
7. Neue Grafik – “Organic Food”
8. Sangre Voss – “Bey”
9. Paula Tape – “Panamericana”
10. Post Traumatic Drum Disorder – “Death By Disco Ball”
11. Yu Su – “223”
12. DJ Monoid – “Pipi”
13. Jad & The – “Deep Dark Grimey Dancefloor Moment”
14. Sleep D – “Hydralite”
15. Desert Sound Colony – “Control Yourself”
16. Andy Hart – “Spirit Method”
17. Will Hofbauer – “LA Test”
18. Lock Eyes – “Inner Conspiracy”
19. Losian – “Marian Court”
20. Dawit – “Level 7”
21. LT – “Wet Look”
22. Mallard – “Beer Tune”
23. Tolouse Low Trax – “Alles Welt”
24. Katerina – “Bird People”
25. Valesuchi – “30”
26. Bronze Savage – “Reality”
27. Research Club – “Café Iguana”
28. Kodäma – “Meditation in Eb Minor”
29. Mali-i – “Fire & Ice”
30. The Colours That Rise – “Grey Doubt Theme”
31. Prequel – “I Tried to Tell Him”
32. Shy One – “House Party”
33. Tenderlonious – “After The Storm”
34. Apiento – “AS”
35. Contours – “Drifting”
36. Session Victim – “Gheister”

 

[SHOUTS Vinyl Sampler: Vol 1]

A1. Yu Su – “223”

A2. Katerina – “Bird People”

B1. Lock Eyes – “Inner Conspiracy”

B2. Valesuchi – “30”

B3. Dawit – “Level 7”

 

[SHOUTS: Vinyl Sampler: Vol 2]

A1. Duke Hugh – “Zoë”

A2. Research Club – “Café Iguana”

A3. Paula Tape – “Panamericana”

B1. Jad & The – “Deep Dark Grimey Dancefloor Moment”

B2. Shy One – “House Party”

B3. Session Victim – “Gheister”

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.