HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Andy Stottが約2年半振りに来日しUNITでライヴセットを披露、共演にはAsusuやUltrafogが登場

イギリス・マンチェスターを拠点とするミニマル〜ダブテクノ〜エクスペリメンタルと広い裾野を持つ優良レーベル〈Modern Love〉の看板アーティスト、Andy Stottが約2年半振りに来日し、8月24日(金)にUNITでライヴセットを披露する。

 

Andy Stottは、いまや伝説のBasic Channelを源流とするミニマル〜ダブテクノの可能性を拡張させながら、インダストリアル〜ドローンの荒野を開拓する唯一無二の存在として、圧倒的なクオリティーとポテンシャルの高いベースミュージックで、クラブミュージックの枠を越えたファンを獲得している。2012年に〈Modern Love〉から発表された『Luxuary Problems』は、『Pitchfork』や『Resident Advisor』、『Fact Magazine』などのレヴューで軒並み高得点を獲得し、続く2014年作の『Faith In Strangers』も『Resident Advisor』の年間ベストアルバムのトップに選出されたのを筆頭に、国内外各誌の年間アルバムにチャートインし、世界中で新たなファンを増殖させた。2016年にリリースされた通算4作目となる『Too Many Voices』では、前作で展開されたゴシック〜ニューウェイヴ・テイストを継承しながら、洗練されたフューチャリスティックな鋭利なグライムビートで未開の新境地へと到達した。

 

 

そして今年は、坂本龍一のリミックスアルバム『Async Remodels』にOneohtrix Point NeverやArcaなど並んで参加し、“Life, Life”のリミックスを手掛けたことも話題となった。常にその特異なサウンドスケープとプロダクションを進化/深化させながら、トレンドをアップデートする稀有なアーティスト、Andy Stottの最新ライヴセットをご堪能いただきたい。

 

 

共演には、イギリス・ブリストル出身でダブステップの興隆と共にシーンに登場し、〈Livity Sound〉の中核として知られているAsusuがDJとして登場。さらに、これまでに〈solitude solutions〉や〈angoisse〉などの新興レーベルから作品を発表し、9月には〈Motion Ward〉から初のヴァイナルリリースを控えるUltrafogがライヴセットで、Bartellow、Imre Kiss、S Olbrichtなどの新鋭を招聘してきたパーティー『解体新書』のレジデントDJであるRomy Matsもラインナップ。

 

 

 

ドープな布陣でカッティング・エッジなエレクトリック・ミュージックを縦横無尽に網羅する一夜になることだろう。

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

UNIT / root & branch presets UBIK


Date: 2108/8/24 (Fri)

Venue: 代官山UNIT

Open/Start: 23:30

ADV: ¥3000 (+ 1 Drink Charged at Door)

 

Ticket Outlets (Now on Sale):

PIA (123-868), LAWSON (70299), e+ (eplus.jp), diskunion CLUB MUSIC SHOP (渋谷, 新宿, 下北沢), diskunion 吉祥寺, TECHNIQUE, JET SET TOKYO, clubberia, RA Japan and UNIT.

 

Line up:

[live]

Andy Stott (Modern Love, UK)

Ultrafog

 

[DJs]

Asusu (Impasse / Livity Sound, UK)

Romy Mats (解体新書 / N.O.S.)

Mars89 (Bokeh Versions)

 

 

More info: UNIT

03-5459-8630 (UNIT)
www.unit-tokyo.com

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.