HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

A Guy Called GeraldがThe Second Summer Of Loveから30年の記念すべきライヴセットを披露

80年代後期にUKで起こったThe Second Summer Of Loveから30年、活動30年を迎えた A Guy Called Geraldが記念すべきライヴセットを8月3日(金)にContactで披露する。

 

Graham Masseyとのユニット808 Stateでもお馴染みのA Guy Called Geraldは、“Voodoo Ray”や“Pacific State”をはじめ、ヨーロッパにアシッドハウスを広め、その後もジャングル/ドラムンベースの基礎を創りあげたひとりである。ブリティッシュ・ダンスミュージックを生み出した彼は、25年間のソロ活動の間に9枚のアルバムをリリースし、今もライヴセッションといったパフォーマンスで、本物かつ生のダンスミュージックを世界に発信している。2012年に再びGraham Masseyと共にREBUILDというライヴプロジェクトを始めるなり、ソロでは〈Bosconi Records〉からEP『How Long Is Now』をリリースした。2013年には高級スピーカー&ヘッドホン・ブランドの〈Bowers & Wilkins〉とPeter GabrielのReal World Studiosがコラボレーションしている〈Society of Sound〉からライヴアルバム『Silent Sound Spread Spectrum』をリリースした。今はLive In Sessionのコンセプトを通し、世界中でパフォーマンスをこなしている。なお、来年には自身のデジタルレーベルと新しいアルバムの制作に向けてスタジオワークにも力を入れている。The Second Summer Of Loveの30周年を記念したライヴセットは期待大だ。

 

 

A Guy Called Geraldが登場するメインフロアのサポートには、フロアの空気感をガッチリと掴みながらセットを構築していくDJで定評のあるKo Umeharaと、ヒプノティックな音からマッシヴなインダストリアル、鮮やかなハウスと幅広いQmicoが登場する。

 

 

 

Contactフロアには、Tripsterの野村訓一が率いるMild Bunch Sound Systemが集結し、華を添える。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

A Guy Called Gerald LIVE -30 Years Of Independence Tour-

Date: 2018/8/3 (Fri)

Venue: Contact

Open: 22:00

Before 11PM: ¥1000

Under 23: ¥2000

GH S members: ¥2800

w/f: ¥3300

Door: ¥3800

 

Line up:

[Studio]

A Guy Called Gerald -Live

Ko Umehara

Qmico

 

[Contact]
Mild Bunch Sound System
feat.
Fran-key (Crue-l)

Fraser (Nike)

Kun (Tripster)

Maxxrelax (blackmaps)

Sam Fitzgerald (TNP)

 

Supported by Cocalero

 

More info: Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12新大宗ビル地下2階
TEL: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID.
※Contactのご入場には会員登録が必要となります。

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.