HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

“渋谷区公認”のVR空間『バーチャル渋谷』が5月19日にオープン、初日は「au 5G × 攻殻機動隊」のコラボ企画を開催

KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業50社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」が、新型コロナウイルス(COVID-19)感染の影響拡大に伴い、経済や文化など様々な活動が制限される中で、先端テクノロジーを活用し、エンターテイメント活動を止めることなく、自宅から様々なイベントの開催と参加が可能となる“渋谷区公認”の配信プラットフォーム『バーチャル渋谷』が5月19日からオープンする。

 

「バーチャル渋谷」は、自宅に居ながらも活動を止めることなく、アーティストのライヴ、クラブでのパーティー、アート展示、トークイベント、ショッピングなど様々なカルチャーの集結地である“渋谷らしい”コンテンツを発信し体験できることをコンセプトとしており、先端テクノロジーとエンターテイメントを組み合わせることでバーチャルイベント会場と、リアルな渋谷の街と連携し、同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)の2つの体験を提供していくという。

 

特にダンスミュージックファンが期待を寄せるべきポイントは、今後、渋谷に店舗を構える各種クラブが「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」へ参画することで、これまで夜な夜な渋谷で開催されてきたパーティーに仮想空間からでも参加することができるようになる可能性を秘めているということ。

 

例えば、現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大によって都内の各クラブが自主的な営業自粛を決断するに伴って行なわれている、映像でのDJパフォーマンスのライヴ配信プログラムが「バーチャル渋谷」に結集することで、自宅から映像を視聴するだけでなく、“歩いてクラブへ向かい、エントランスを通って、フロアでDJプレイを体感する”といった、よりリアルに近いクラブ体験をしながらダンスミュージックを楽しめるようになる。またクラブ側は、ミラーワールドのクラブとして営業をしながら、“現実世界では物理的に実現不可能なパーティー空間”を提供することや、潜在的に秘めている外国人のバーチャルクラブへの呼び込みなどを行うことができ、エントランスチケットや仮想のドリンク販売などユニークな方法を通じて、今までになかった新たな収益を生み出すこともできる。

 

韓国・ソウルで、同国政府が生活防疫政策に転換したことに伴うクラブの営業再開直後に、クラブを訪れた客から集団感染が発生したことで、日本でもクラブの営業再開タイミングが再び延びることが懸念されている。と同時に、多くの人がかつてのように密度の高い空間で心置きなく遊ぶことは当分できないかもしれないと思い悩む中で、「バーチャル渋谷」のクラブに遊びに行くことが現実世界のクラブを維持することへと繋がったり、音楽を通じた新たな体験や交流を生み出したりするかもしれない。さらには、現実世界の渋谷ではパーティーを行うことが不可能な場所……例えば“スクランブル交差点でのレイヴ”などを行うことも「バーチャル渋谷」では可能なのである。

 

 

プレスリリースによると、デジタルツイン(ミラーワールド)におけるイベントは今夏を予定しているとのこと。また「バーチャル渋谷」は、11月開催の渋谷区共催事業『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020(SIW)』における都市型イベント会場としても展開される予定だという。

 

なお、2020年5月19日にはオープニングイベントとして、『攻殻機動隊 SAC_2045』を含む「攻殻機動隊」シリーズのファンである、SEKAI NO OWARIのDJ LOVEや、にじさんじ所属バーチャルライバーのアンジュ・カトリーナ、渋谷未来デザインのフューチャーデザイナーである若槻千夏、『S/U/P/E/R DOMMUNE』代表の宇川直宏などがアバターとして登場し、ライヴトークイベント『#渋谷攻殻NIGHT by au 5G』が開催された。

 

イベントに登場した若槻さんは「本物そっくりの渋谷に感動した! 今渋谷に行けないので、久しぶりにホームに戻ってきた感じでした」と驚きながら、久しぶりの渋谷の光景に喜びを隠せない様子を見せ、DJ LOVEさんは「バーチャル渋谷でライヴができたら面白そう!」と、アーティストならではのバーチャル渋谷の活用方法をすでに構想するようなコメントを残した。オープニングイベントには、ゲストと共に5万人以上のユーザーたちが集まり、渋谷の街でのイベントに終始興奮が冷めないまま次なるイベントへの期待と共に第1回イベントの幕を閉じた。

 

 

「バーチャル渋谷」への参加方法と、オープニングイベントの詳細は以下。

 

 

オープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」

 

Date: 2020/5/19

Start-End: 19:00~19:45

 

出演者/ Speakers:

若槻千夏(渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー) 

DJ LOVE(SEKAI NO OWARI / アーティスト)

宇川直宏(S/U/P/E/R DOMMUNE 代表)

アンジュ・カトリーナ(にじさんじ所属バーチャルライバー )

 

概要 / Overview:

生粋の攻殻機動隊ファンが「バーチャル渋谷」にアバターで集結。最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』の世界とも融合したバーチャル渋谷のスクランブル交差点で攻殻機動隊シリーズの魅力について熱く語ります。このテーマでなければ絶対に集結しない異色のゲストと共に攻殻機動隊ワールドに陶酔できるトークイベントです。

 

参加方法 / How to get in Virtual Shibuya:

バーチャル渋谷は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macからご参加いただけます。参加にはclusterの無料アカウント作成と、ご利用されるデバイス用のclusterアプリのインストールが必要です。

 

1. clusterアカウント作成

clusterのウェブサイト(https://cluster.mu)にアクセスいただき、画面右上の「ログイン/新規登録」からアカウントを作成してください。

 

2. アプリダウンロード

https://cluster.mu/downloadsより、ご利用になられるデバイス用のclusterアプリをインストールしてください。なおVRデバイスを使用してのご利用には、clusterアプリのほかSteamVRのインストールが必要です。

 

3. イベントへの参加

「#渋谷攻殻 NIGHT by au 5G」のイベントページ(https://cluster.mu/e/bee95acc-5c7f-4ebb-b08a-606348747487 )にアクセス後、ページ下部の「会場に入る」というボタンをクリックするとイベントに参加できます。

※アプリがダウンロードされていない場合は、自動的にインストーラのダウンロードが始まります。またイベントの様子は、YouTube Live、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitterでも同時中継します。ライブ配信を視聴する場合は、以下のURLよりご覧いただけます。

 

YouTube Live: https://youtu.be/MO7gqj2LEjs

渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト 公式Twitter: https://twitter.com/shibuya5g

 


 

【「バーチャル渋谷」概要】

「バーチャル渋谷」では主に2つの体験をお楽しみいただけます。

1つめの体験は、バーチャルイベント会場で開催されるさまざまなオンラインイベントです。お客さまはご自宅からスマートフォンやPC、VRデバイスを使ってイベント会場となる「バーチャル渋谷」に参加できます。アバターを使って会場内を自由に動き回りながら、たくさんの観客と同じ空間を共有し、インタラクティブなオンラインイベントをお楽しみいただけます。イベントの様子は動画配信サービスなどでも配信し、渋谷の新たなイベント会場・発信スタジオとして展開してまいります。イベント会場は、現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっております。

 

2つめの体験は、これまで実際に渋谷に行かなければ体験できなかった「XRアート」などのXRコンテンツです。リアルな渋谷とつながったもうひとつの渋谷を回遊しながら、さまざまなXRコンテンツをお楽しみいただけます。XRコンテンツは、リアルとバーチャルのそれぞれの渋谷の同じ場所で、同一のものを展開。渋谷の「デジタルツイン」として、リアルとバーチャルの双方をエンターテイメントで拡張していきます。

 

(1)コンセプト

・渋谷らしいコンテンツを発信する「場所」をバーチャル空間上に構築。今後、「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」参画企業等とのコラボレーションを予定。

・渋谷を代表するスクランブル交差点のスポットを回遊可能。スポットは随時拡大予定。

・各スポットでは、リアルな“渋谷”と同様にアーティストによるライブや、トークショー、

アート展示などのエンターテイメントが体感できるオンラインイベントを随時開催。

・5Gや最先端のテクノロジーを駆使し、どこからでもアクセスでき、時間や場所など従来の

制約を超えた5G時代のエンターテイメントを提供。

・リアルな渋谷の街と連携し同一コンテンツを表現するデジタルツイン(ミラーワールド)のデジタルとリアルが融合する世界を実現。

 

(2)利用料金

無料

 

(3)協力企業

クラスター株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:加藤直人):バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営。バーチャルイベント会場において「cluster」を用いた技術協力。

株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩):VR/ARクリエイティブプラットフォーム「STYLY( http://styly.cc )」を提供。デジタルツイン(ミラーワールド)において「STYLY」を用いた技術協力。

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.