HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Batu、Intergalactic Gary、FISなどがContactで開催される『rural 2018』アフターパーティーに登場

今年で10年目を迎えるエレクトロニックミュージック・フェスティバル『rural』が、長野の山間部で行われる本祭から場所を移し、7月20日(金)にアフターパーティーをContactで開催する。

 

『rural』は、至極のロケーションを舞台に展開される独自のラインナップと、和やかなムードで国際的な評価を獲得している国内屈指のエレクトロニックミュージック・フェスティバル。Contactでのアフターパーティーにも、電子音楽界の先陣を切るアーティストが集結する。また、当日に『rural 2018』のリストバンドを持参するか、もしくはe-ticketの画面表示をするとエントランスが¥2000になるので、本祭参加者はお忘れなく。

 

Studio Xフロアに登場するのは、昨年に引き続き本祭にも出演したブリストルのDJ/プロデューサーのBatu。〈Timedance〉主宰者としてハイブリッドなUK産ダンスミュージックの新たな潮流を巻き起こしている目下注目の存在だ。これまでに〈Livity Sound〉や〈Hessle Audio〉から作品を発表し、最新作は〈XL Recordings〉からのリリース。常に境界線を設けず、ブリストル独特のベースサウンドを世界へと配信し続けている。2017年はSamphaにもリミックスを提供し、『Mixmag』の「Top 20 DJs of 2017」にも選ばれた。この日もサウンドシステム・カルチャーと実験的アプローチを掛け合わせた幅広いテクノサウンドを極めてスリリングに表現してくれるに違いない。

 

 

 

ニュージーランド出身でベルリンを拠点に活動するFisもライヴセットで登場。彼は独学でサウンドシステムを学び、ニューヨークのレーベル〈Tri Angle〉から2作をリリース。ヨーロッパへ拠点を移してからは『Berlin Atonal』、『Mutek Montreal』、『Unsound Krakow』、『CTM Festival』、アテネの『Borderline』、そして日本の『rural』など数多くのフェスティバルにライヴアクトとして出演を果たしてきた。また彼は、2017年にレーベル〈Saplings Records〉を設立しており、このレーベルは、エコシステムの復旧を目指し、ノンプロフィット組織「Eden Projects」とチームを組み、CDやヴァイナルではなくデジタルリリースで得た利益を環境保護に還元する事を目標としている。Rob Thorneとのコラボレーション『Ngā Parirau o te Kārearea』が〈Saplings Records〉のファーストリリースとなり、最初の1ヶ月で6500本もの木をファンディングする結果を残している。 2018年は〈Saplings Records〉から3作目のソロアルバムのリリースを予定しており、1枚の売り上げに対し100本の木を植え、一つのライブパフォーマンスに対して1000本の木を植える事を目標としている。ドラム&べース、テクノ、ミニマル、アンビエントの既成概念から外れていくエキサイティングな新感覚ダンスミュージックを追求する彼のプレイも必見だ。

 

 

 

国内からは、レフトフィールドでアヴァンギャルドな選曲に定評のあるAkirm Enと、ディープで音響的なサウンドを操りながらレーベル〈from.〉を運営するKobaがStudio Xフロアでプレイする。

 

一方のContactフロアにも、『rural』らしいラインナップが集う。

本祭からは、シーン黎明期からオランダ西海岸シーンで活動を始め、地下産エレクトロ、変種ディスコ、レフトフィールド・アシッドサウンドなど、斜めからの視点で強烈な体験を提供し続けることで、DJとして尊敬と高い評価を得ているIntergalactic Garyが出演。長年のキャリアに裏打ちされた非常に多様な表情を見せるセット、実に優れたミックステクニックを持つ多彩なセットは必見だ。

 

 

そして、イギリスのネットラジオ「KMAH Radio」からはDr. Josephが出演。鋭い感性でハウスからエレクトロニカまでを横断する選曲が耳の肥えた地下住人たちを別世界に導く。

 

 

国内からは、『rural』レジデントのNaoと、仙台のShaftを拠点に『DREAMESCAPE』を主催しているYUIが登場する。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

rural 2018 after party

Date: 2018/7/20 (Fri)

Venue: Contact

Open: 22:00

Before 11PM: ¥1000

w/ rural 2018 Wristband (or rural 2018 e-ticket画面表示でも可): ¥2000

Under 23: ¥2000

GH S members: ¥2500

w/Flyer: ¥3000

Door: ¥3500

 

Line up:

[Studio]

Batu (Timedance | Livity Sound | UK)

FIS (Tri Angle Records | NZ/DE) – Live

Akiram En (forestlimit)

Koba (form.)

 

[Contact]

Intergalactic Gary (Intergalactic FM | NL)

Dr. Joseph (Skew-Whiff | UK)

Nao (addictedloop)

YUI (DREAMESCAPE)

 

 

More info: Contact
http://www.contacttokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
※Contactは会員制となっております。ご来場の皆様に登録をお願いしております。

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.