HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Roman Flugel

NEWS

Roman Flügelが11月下旬にVENTでプレイ

現行のエレクトロニックミュージック・シーンにいくつもの功績を残してきた重要人物、プロデューサー/DJのRoman Flügelが11月22日(木)にVENTに登場する。

 

Roman Flügelは、90年代初期からATAとHeiko Schäferと共に〈Playhouse〉〈Klang Electronic〉〈Ongaku Musik〉を運営し、また自身のユニットAlter Egoとしてもヒット作を残している。90年代中頃からはEight Milles High、Soylent Green、Acid Testなどの幾つかの名義を使い分け、エレクトロニックミュージックのあらゆるスタイルを追求し続けている。近年はRoman自身が大ファンだと公言する、Lawrenceの主宰レーベル〈Dial〉から『Fatty Folders』、『Happiness Is Happening』、『All The Right Noises』という傑作アルバムをリリースし続け、よりレフトフィールドな作風で幅広い層から支持を得ている。

 

 

DJとしても、ハウスとテクノを基調としながらも常にサプライズのあるトリッキーなプレイで唯一無二の世界観を構築するRoman Flügelを、Gerd Jansonは「カメレオンのようだ」と例える。広い意味でのハウスとテクノをルーツに持つDJで、Roman FlügelのDJセットはプレイする場所、クラウド、時間帯で内容が大きく異なる。DJ/ライヴパフォーマー/プロデューサー/リミキサー/レーベルオーナーとして幅広く活躍しており、まるでカメレオンのように様々な色のパレットを持っている。

Roman Flügelがプレイしているとき、それぞれのレコードはまるで呼吸をしているかのようにディープでプログレッシヴなミックスで、次の曲に変わるまで音楽の持つキャラクターがダンスフロアに命を吹き込むようになる。Roman Flügelのセットにはギミックはなく、そこにあるのは音楽への深い理解と、スムースにミックスする寛容性と緻密さ、自然の流れのような物語性。Roman Flügelは地図の製作者であり、彼が住む膨大な音楽の世界をクラウドにシェアしながら、新たな音楽のランドスケープを広げていくのだ。Roman Flügelにとって全てはフロアのオーディエンスのためであり、フロアの感情を読み取って、クラウドを広く開かれた新たな冒険へと導いている。

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Roman Flügel

Roman Flugel

 

Date: 2018/11/22 (Thu)

Venue: VENT

Open: 23:00

ADV: ¥2500

[ADV ticket outlet: https://jp.residentadvisor.net/events/1174263]

FB discount: ¥3000

[FB event page: https://www.facebook.com/events/2055204827852534/]

Door : ¥3500

 

Line up:

[ROOM1]

Roman Flügel

 

 

More info: VENT

http://vent-tokyo.net/schedule/roman-flugel/

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。

※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

  • 10/13 追加
  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.