HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

Praslea

NEWS

PrasleaがContactにて開催される『Beat In Me』にてソロでのロングセットを披露

世界のミニマルテクノ/ハウスシーンを席巻するルーマニアンサウンドを紹介するパーティー『Beat In Me』が、Prasleaをゲストに迎えて2月16日(土)にContactにて開催される。

 

Prasleaは、ルーマニアシーンにおける不動のトップ3で、レーベル〈[a:rpia:r]〉を主宰するトリオRPR SoundsystemのRhadoo、Petre Inspirescu、Rareshに最も迫るDJであり、ルーマニアの数ある才能の中でも頭一つ抜きん出た存在として誰もが認める若き天才である。

 

 

Prasleaは、2013年からスタートしたRareshとのユニット「Praslesh」として、近年世界中のフェスティバルのメインステージに引っ張りだこの存在となっており、2017年11月に『Beat In Me』が開催した、Prasleshの初来日ツアーでも東京・大阪ともに素晴らしいプレイを披露。RPR Soundsystemのメンバーであることから日本でも既に名の知れていたRareshと共に、Prasleaの名もこの日本で一気に広めるほどの好評を受けていた。

すでに世界的に知られているものの、未だどこかミステリアスな魅力を放っているPrasleaの最大の特徴は、何と言っても、“時計仕掛け”と称されるほどに精密で滑らかなミックスにある。その数は少ないながらも、多忙なDJスケジュールの間を縫って重要な作品も発表しており、2012年にPrasleshとしてルーマニア・ブカレストの〈Understand〉から発表したEP『Out Of Time』は、“ルーマニアンミニマルの方向性を示した作品”として、7年が経った今もプレミア価格がつく人気盤である。今回は、そんなPrasleaが約6年ぶりに単独でロングセットを披露する来日公演が遂に実現となる。

 

 

 

また、オープンからロングセットでフロアを温めていくのは、ルーマニアで開催されている世界屈指のフェスティバル『Sunwaves』への出演もあり、毎年この2月のパーティーがバースデーバッシュとなる『Beat In Me』レジデントDJのRAHA。

 

 

 

一方のContactフロアでは、ベルリンへの移住を控え移住前最後のギグとなるShake M、千葉sound bar muiからの実力者Wada Yosuke、Fumiya Tanakaのレーベル〈Sundance〉などから立て続けにリリースを連発しているMikio Kaminakamura、地方からの参加となる名古屋のTanukeepの4組が出演する。隙のない豪華なラインナップが実現。世界のダンスミュージックの最前線、そしてグルーヴをリアルに体感して欲しい。

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

Beat In Me feat. Praslea 

Beat In Me feat. Praslea 

 

Date: 2018/2/16 (Sat)
Venue: Contact

Open: 22:00

Before 23:00:  ¥1000

Under 23: ¥2000

ADV / GH S Member: ¥2500

w/F: ¥3000

Door: ¥3500

 

Line up:

[Studio]

Praslea ([a:rpia:r] | Understand | Romania)

RAHA (Beat In Me)

 

[Contact]

Wada Yosuke (Sound Bar mui)

Shake M (ARTEMIS)

Tanukeep (RICE)

Mikio Kaminakamura (Sundance | UNTITLED RECORDS)

 

FOOD: 中目黒LOUNGE

 

 

More info: Contact
http://www.contacttokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
※Contactは会員制となっております。ご来場の皆様に登録をお願いしております。

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.