HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

toraiz-squid

NEWS

Pioneer DJがマルチトラック・シーケンサー「TORAIZ SQUID™」を4月26日に発売

Pioneer DJ株式会社が、音楽制作機器ブランド「TORAIZ」シリーズの第3弾モデルとして、マルチトラック・シーケンサー「SQUID™」を2019年4月26日に発売する。

 

「SQUID™」は、シーケンス・パターンを素早くプログラムし、そのシーケンス・パターンをよりダイナミックに変化させることで、フレーズを次々に生み出すことができるマルチトラック・シーケンサー。

 

 

音楽制作の起点となるシーケンス・パターンを直感的に生み出せる16パッドを中心に、「インターポレーション」や「ハーモナイザー」といった多彩なシーケンス機能を組み合わせたり、シーケンス・パターンの再生方向を変更することで新しいフレーズを簡単に生み出せる「ランニング・ダイレクション」や、その再生速度に周期的な変化を加える「スピード・モジュレーション」を使ったり、スライダー操作によってトリガータイミングをリアルタイムに変化させ、自分だけのグルーヴ感を生み出すことができる業界初(※音楽制作カテゴリーにおいて。Pioneer DJ社調べ、2019年4月18日時点)の「グルーヴ・ベンド」といったインスピレーションを得るための演奏機能を搭載している。各機能の操作に最適なユーザーインターフェイスが個別に配置されているので、思いついたアイデアを即座に試すこともできる。

 

「SQUID™」は演奏情報を自動的に記録しているので、様々な演奏機能を試す中で気に入ったフレーズが偶然生まれた時に、そのフレーズを後からでも再試聴し、新しいシーケンス・パターンとして保存することができる「タイムワープ」を搭載。演奏の練習と録音というワークフローに捉われず、リラックスした状態で演奏することによって生まれるアイデアとフレーズを逃すことなく、楽曲に反映させることができる。

toraiz-squid

 

また、様々な音楽制作機器との同期演奏を可能にする豊富な接続端子を搭載しており、音楽制作やライヴパフォーマンスにおける音楽表現の幅を広げることができる。PC/Mac上のDAWやハードウェア・シンセサイザーとの同期演奏が可能な「USB B端子」と「MIDI端子」に加えて、「CV/GATE出力端子」や「DIN SYNC入出力端子」を搭載しているので、モジュラーシンセサイザーやヴィンテージ・シンセサイザー、リズムマシンとも同期演奏することが可能。BPM同期のためのクロック信号の相互変換はもちろん、入力したMIDIノートをCV/GATEに変換して出力することもできるので、シンクボックスやMIDI to CV/GATEコンバーターとしても使うことができ、同期演奏が可能な音楽制作機器の幅を簡単に広げることができる。

 

 

そして、「SQUID™」専用アプリケーション「SQUID Manager」を使うことで、本機とPC/Mac間でシーケンス・パターンを即座にインポート/エクスポートすることができる。「SQUID™」で作成したパターンをDAWソフトウェアにロードして細かく作り込んだり、DAWソフトウェアで作成したフレーズを「SQUID™」にロードしてハードウェアならではの直感的なアレンジを加えたりといった、ハードウェアとソフトウェアそれぞれの特徴を生かした音楽制作のワークフローを実現。また「SQUID™」のプロジェクトをPC/Macにバックアップすることもできる。

 

あらゆる音楽制作環境やライヴパフォーマンスに取り込むことができる「SQUID™」は、音楽制作のための新たなインスピレーション・ツールとして、想像を超えた音楽のアイデアを生み出すことができる。

 

さらなる製品の詳細は以下のリンクからご確認いただきたい。

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/production/toraiz-squid/black/overview/

  • 2/1 追加
  • 2/1 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.