HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

TraxmanがD.J.FulltonoとKeita Kawakamiによる『SOMETHINN』でロングセットを披露

D.J.FulltonoとKeita Kawakamiによるパーティー『SOMETHINN』が、ゲストにシカゴ・ゲットーハウスのレジェンドTraxmanを迎えて、Circus Tokyoにて開催される。

 

1990年代には、フッドの友人であるDJ FunkやJammin The House Geraldら、現在世界中で再評価が著しいゲットーハウスのオリジネーターら共に、シカゴ・ウエスト・サイドをリードし、現在までレペゼンし続けているTraxman。ジャック・ハウスからジューク/フットワークに至るまで選曲する、多彩かつ奥深いDJプレイは、まさにシカゴ・ハウスの歴史を総覧する生き証人だ。

2012年〈Planet Mu〉より異例のヒットを記録をしたデビュー・アルバム『Da Mind Of Traxman』をリリース。サンプリング・マジックにより生み出されたメロウかつフリーキーなサウンドは、ジューク/フットワークのみならず、ヒップホップ、ベース、ハウス、はたまた日本のインディーズにまで波及、多くのシーンに影響を与えた。2014年には、よりド派手にシカゴらしさを貫いた『Da Mind Of Traxman Vol.2』を同レーベルから発表、それ以降毎年来日するほど人気を博している。
実は彼はかなりの頻度で自宅からのDJプレイのライブ配信なども行っており、現在でも変わらぬバイタリティを見せてくれている。

 

 

共演には、昨年にはポーランドのフェスティバル『Unsound』にてTraxmanとのB2Bセットを披露し、今や世界的な注目を集めているD.J.Fulltonoと、Dress Down主宰にして国内の気鋭アーティストたちによるパーティー『apostrophy』の主要メンバーとしても知られるKeita Kawakami。

ラウンジフロアには 〈cosmopolyphonic〉クルーのTidal、青山Tunnelなどで開催されているハウス・パーティー『Topgun』レジデントのmoriuraやBuddhahouse、『procope』と『解体新書』の二つの新鋭パーティーをオーガナイズするRomy Matsなどが出演する。

 

 

また、今回の来日でTraxmanはCircus Osakaの5周年パーティーにも、D.J.Fulltonoとともに出演。マイクを持ち、客を煽り、コール&レスポンスを繰り返すエンターテイメント性溢れるプレイも彼の真骨頂の一つ、今回はどんなTraxman劇場を見せてくれるのか。

イベント詳細は以下の通り。

 

 

Circus×Somethinn presents Traxman

Date: 2017/7/15 (Sat)
Venue: Circus Tokyo
Open: 23:00
ADV: 2,500yen
Door: 3,000yen

 

ADV Ticket outlet (peatix): http://ptix.co/2tphPf4

 

Line up:

[B1 Floor]

TRAXMAN -longset-
D.J.Fulltono
Keita Kawakami

 

[1F Lounge]

buddhahouse
tidal (cosmopolyphonic)
moriura (TOPGUN)
Romy Mats (procope/解体新書)

 

More info: http://circus-tokyo.jp/

 

 

 

 

CIRCUS 5TH ANNIVERSARY

Date: 2017/7/14 (Fri)
Venue: CIRCUS Osaka
Open: 23:00
ADV: 2,000yen
Door: 2,500yen

※別途1d: 600yen

ADV Ticket outlet (peatix): http://ptix.co/2uBNcUb

 

Line up:
Traxman

D.J.Fulltono

……and more

 

More info: http://circus-osaka.com/

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.