HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

『THE STAR FESTIVAL 2017』がNathan Fake、DJ Markyら第1弾出演アーティストを発表

5月20日(土)〜21日(日)の2日間にわたって京都の大自然の中で開催される国際色豊かな野外フェスティバル『THE STAR FESTIVAL 2017』が第1弾出演アーティストを発表した。

 

第1弾出演アーティストには4名がラインナップ。まず、昨年〈Ninja Tune〉と契約を結び、3月には待望のニューアルバム『Providence』を発表するNathan Fake。彼はこれまでJames Holden主宰の〈Border Community〉を中心に作品を発表してきたため、最新作『Providence』は同レーベル以外から発表する初めての作品となる。2012年以来の発表となるアルバムには12曲を収録しており、スランプに陥って全く音楽を作ることができなかった2年間を乗り越え、ホームスタジオで6ヶ月間かけて制作されたという。Nathan Fake自身もキャリアと人生の両方においての大きなステップアップになったとコメントしている。今回の来日も必見だ。

 

 

そして、ブラジル・サンパウロを拠点に、20年以上もの間世界のドラムンベース界で活躍を続けてきたスパースターDJ Markyも登場。これまで幾度となく世界中でパフォーマンスを行ってきたが、今も世界各国の有名クラブや大規模なフェスティバルからのオファーが絶えず、そのパフォーマンスは幅広い人々を魅了している。2015年には遂に、自身主宰の〈Innerground Records〉からデビューアルバムとなる『My Heroes』をリリース。アルバムには、Marky自身が多大なリスペクトを抱くアーティストたちとのコラボレーション作品が収録され、この上ないドラムンベース作品でありながら、レイドバックなハウスグルーヴも取り込んだソウルフルな仕上がりとなっており、話題を集めた。

 

 

さらに、ジャズ、ファンク、ダブを融合したスタイルのグライムやベースミュージックが「新世代のブラック・ミュージック」と高く評価されている、若きマエストロSwindleも登場する。2015年9月に過去2年間ツアーした世界の各地にインスパイアされて制作した最新アルバム『Peace, Love & Music』で生まれた、ある種のボーダーレスなスタイルは、2016年にさらなる発展を見せた。世界中を飛び回るツアーの中で受けたインスピレーションを反映させて、続編的に発表していた世界中のファンクネスをコンパイルしたEPシリーズを2017年2月15日にはアルバム『Trilogy In Funk』としてリリース。勢いとどまることを知らないSwindleのパフォーマンスは必見だ。また、『Peace, Love & Music』を発表した際にSwindleへと行ったインタヴューも改めてご覧いただきたい。

 

 

注目の初来日アーティストである、韓国出身のフィメール・プロデューサーPeggy Gouも登場。現在はベルリンを拠点に活動する彼女は、2016年1月にGlacier Lustwerkをリミキサーに迎えてリリースした『The Art of War Part 1』で、Radio Slaveのレーベル〈Rekids〉からデビュー。その続編『Art of War Part 2 ‘EP』では〈L.I.E.S.〉からのリリースで知られるTerekkeがリミックスを担当。J Dilla、Patrick Cowley、YMO、DJ Sotofettなど多種多様なインスピレーションを受けた彼女の作品は、フロアをロックする驚異的な能力が発揮され、その完成度の高いサウンドも注目を受けることとなった。現在はブッキングのオファーも急増しており、ベルリンのBerghainでのギグや、Moodymann、The Black Madonna、DJ Kozeたちとの共演を果たしている。

Ninja Tune傘下の〈Technicolour〉から発表したEP『Seek For Maktoop』は、『Resident Advisor』や『Mixmug』を始め、『FACT』、『i-D』、『Thump』、『Dummy』などの国際的なメディアからの熱い支持と、BBC Radio 1のヘヴィープレイなどサポートを受けエレクトロニックミュージックのシーンの新星として2017年もさらなるステップアップが期待されている。

 

 

2017年も『THE STAR FESTIVAL』ならではのジャンルレスにダンスミュージックを中心としたラインナップに期待が高まる。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

THE STAR FESTIVAL 2017

Date: 2017/5/20 (Sat)〜2017/5/21 (Sun)

Place: スチールの森京都(京都府南丹市日吉町天若上ノ所25番地)

Open: 5/20 8:00

Start: 5/20 9:00
Close 5/21 17:00

 

Line up:

Nathan Fake (Ninja Tune / Border Community / Cambria Instruments)

DJ Marky (Innerground Records)

Swindle(Butterz / Deep Medi Musik / Brownswood)

Peggy Gou (Rekids / Technicolour )

 

 

Presale tickets:

[早割] 入場券 : ¥7,000 ※2/10〜2/28
[前売] 駐車券 : ¥1,500 ※2/01〜5/19

※2月28日まで、プレイガイドは楽天チケットのみでの販売となります。
楽天チケット http://r-t.jp/tsf

 

Public tickets:

[ステージ1] ※3/1〜3/31
入場券: ¥8,000
グループ割 入場券 (4枚組): ¥30,000

 

[ステージ2] ※4/1〜4/30
入場券: ¥8,500
グループ割 入場券 (4枚組): ¥33,000

 

[ステージ3] ※5/1〜5/19

入場券: ¥9,000
グループ割 入場券(4枚組): ¥35,000

 

[当日] 5/20〜5/21
入場券 : ¥10,000
駐車券 : ¥1,500
※各種前売券が売り切れた際、当日券の販売はありません。

 

Ticket outles:
CIRCUS OSAKA http://circus-osaka.com/
CIRCUS TOKYO http://circus-tokyo.jp/

チケットぴあ 0570-02-9999 (P-CODE : 782-517 / 駐車券 : 782-518)
ローソンチケット 0570-084-005 (L-CODE : 57242 / 駐車券 : 57260)
CN playguide 0570-08-9999
e+ http://eplus.jp
Resident advisor https://jp.residentadvisor.net/

 

More info: http://www.thestarfestival.com/

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.