HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

storedelivery

NEWS

レコード販売プラットフォームのQRATESが、世界のレコードストアにアーティストが直接作品を販売できる新サービス「Store Delivery」を発表

トウキョウ・デジタルミュージック・シンジケイツ株式会社が、同社が運営するデジタルと融合したレコード製造販売プラットフォーム「QRATES」にて、アーティストと世界のレコードストアが直接繋がり、レコードを卸売価格にて取引できるマーケットプレイスとそのシステム「Store Delivery」を2016年1月26日にローンチした。

 

 

昨年の4月からサービスがスタートした「QRATES」は、初期コストや在庫リスクなくアナログレコードのプレスと販売ができるアーティストのための音楽プラットフォーム。QRATES上に無料で作成できる専用ページから自らの音楽作品をデジタル配信で公開し、作品を気に入ったファンから購入予約と代金を事前に集めることで、レコードプレスにかかる一切の費用をカットし、完売時には収益も受け取ることができる世界初のウェブサービスとなっている。スタートから現在までにすでに 1,000件以上のレコードのプロジェクトが、アメリカやヨーロッパを中心に世界中のアーティストや音楽レーベルから投稿されており、続々とプロジェクトは成功し製品化されファンの手元に届けられている。

 

そして今回、QRATESで新たにリリースされたサービス「Store Delivery」は、QRATESで予約募集や販売されるレコードを、世界のレコードストアのバイヤーが自らのお店の商品として卸売価格にて買い取ることができる「卸販売システム」となっており、アーティストはQRATESに作品を投稿することでファンへの直接販売と同時にレコードストアから受注を受けることができ、在庫リスクを大幅に軽減した受注生産を実現することができる。

レコードのプロジェクトの投稿時に、アーティスト自らが卸販売価格を画面上で設定することで、提携ストアに提供する専用視聴システム上に作品の情報が届けられ、ストアのバイヤーが作品を気に入ればその場でダイレクトにレコードオーダーができる仕組みとなっている。オーダーされた作品はプレス完成時に工場から各ストアへ直送されるので、アーティストは面倒なレコードの出荷手配の手間やコストを減らし、創作活動やプロモーションに専念することができる。 またどの地域のどのストアが作品を何枚購入したかなど、卸販売に関する詳細な情報はシステムを通じてフィードバックされるので、アーティストはこれまで知ることができなかったデータを活用することでより緻密なマーケティング分析が可能になっている。

 

また「Store Delivery」は、アーティストにとってよりオープンでフェアなレコードの取引の機会を提供し、ストアに対しては世界中の優れたレコード作品を小ロットからでもアーティストから直接仕入れることができる世界的な「B to B」 マーケットプレイスとして機能することを目指し、まずは日本とヨーロッパの店舗を結ぶネットワークとしてスタートする。現在は、日本国内では、「Jet Set」、「HMV Recrod」、「Technique」など有力なストアと直接の提携を結び、またヨーロッパのパートナーとしては世界最大手のオンラインレコードストアであるイギリスの「Juno Records」と提携を結んでいる。Junoのオンライン店舗での販売と同店を通じてのヨーロッパの主要ストアへの2次流通も可能になり、日欧合わせて200店舗以上のストアとそのバイヤーにリーチすることが可能となっている。

 

今後は、2016年春にはアメリカ含む全世界のストアとの提携を計画しているとのことで、2018年度までには1000店舗規模の販売ストアネットワークの構築を目指しているという。

 

さらなる詳細は「QRATES Store Delivery」のサイトをご覧いただきたい。
https://qrates.com/storedelivery

 

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.