HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Shapednoise、Zenker Brothers、Amandraが揃ってContactに登場

先日Objektを招いた『Terra Incognita』が、1月26日(金)に再びContactのSTUDIOフロアにて開催される。過去の来日でも『Veta』など前衛的なイベントに招致されてきたShapednoiseに加え、〈Ilian Tapes〉の主宰である兄弟ユニットZenker Brothersが待望の初来日登場する。

 

そして、CONTACTフロアでは、那覇でスタートした『FORCE』の10周年パーティーが開催され、現行モダンテクノを索引する〈Semantica〉や〈Silent Season〉、自身のレーベル〈Ahrpe records〉からリリースを重ねるAmandraの初来日が決定している。

 

Shapednoiseはノイズテクノを主な表現領域とするプロデューサー兼レーベルオーナー。2013年にDominick Fernow (aka Vatican Shadow)の主宰レーベル〈Hospital Production〉から『The Day Of Revenge』、〈Opal Tapes〉からは『Until Human Voices Wake Us』とアルバムを立て続けに続けてリリースしたことで一躍その知名度を高めた。また2011年からはAscion、D.Carboneと共に〈REPITCH Recordings〉を運営しており、3人はコンスタントにスプリットEPやコラボレーションEPを発表してきている。2015年には、よりノイズやアブストラクトの指向を強くする〈Cosmo Rhythmatic〉を〈REPITCH Recordings〉傘下に設立し、Mika VainioとFranck VigrouxのコラボLPや、自身とBlack RainのコラボEPなど、アンダーグラウンドを騒がすリリース手がけている。その後、2015年には〈Type〉のカタログに初参加し、Justin K. Broadrickをフィーチャーした楽曲を収録したLP『Different Selves』を発表。翌年には、Roly PorterとRabitをフィーチャリングしたEP『Deafening Chaos Serenity』を同レーベルから発表し、ますますの注目を集めた。オーディオヴィジュアルプロジェクトMetaphysicalの他、数多くのアーティストとコラボレーションを重ねた実力は揺るぎない。2016年にはJohn TwellsとグラフィックデザイナーStefan Lewandowskiによる〈Type〉から発表された2nd LP『Different Selves』を引っ提げてジャパンツアーを敢行し、全3公演にてライヴセットを披露している。

 

 

 

ミュンヘンを拠点とするZenker Brothersは、その名の通り兄弟であるDario ZenkerととMarco Zenkerによるユニット。90年代、兄のDarioがミュンヘンのダンスミュージックシーンの影響を受け、ヒップホップやダブから徐々にジャンルの幅を広げ、15才でDJ活動を開始。その後、弟のMarcoが兄のプレイに影響を受け、2人は2007年に自身のプロダクションリリースのプラットフォームとして〈Ilian Tape〉を立ち上げる。同レーベルは近年では同郷のSkee Mask、Stenny、Andrea、Laksaのような新鋭たちをいち早くピックアップしており、Four TetやBen UFOやKowtonといった独自のグルーヴを開発するDJたちにリーサルウェポンを供給してきた。10年を経て、現行のテクノシーンを推進するへと成長したと言っても過言ではないだろう。

自身らもプロデューサーとして〈Tresor〉やMarcel Fenglerの〈IMF Imprint〉、〈The Trilogy Tapes〉などのレーベルから数々のリリースを果たすと同時に、彼らのB2Bセットは世界中で高い評価を得ている。

 

 

CONTACTフロアに出演するフランスの新鋭アーティストAmandra。その名を知らしめたのは、自らが率いる〈Ahrpe〉から発表した3枚のEP作品がきっかけだった。2014年のレーベル1作目『Monkaunis』、その翌年の『Lutsin』、2016年のダブルEP『Drachme Tolosate』は全て即ソールドアウトとなり、その直後には立て続けに現在のテクノシーンを象徴する〈Semantica〉や〈Konstrukt〉、〈Tikita〉、〈Silent Season〉など主要レーベルから楽曲をリリース。2017年12月には新設レーベル〈Obscura〉からアルバム『Dame De Bahia』は、早くからその期待を高めていたリスナーに充分に応える内容として受け入られている。

また同時に、Donato DozzyやRetina.itと出演した〈Konstrukt〉の5周年パーティー、パリはConcreteでのRobert Hoodとの共演や『Afterlife x ADE』など、活動開始からわずか数年でアーティストとしての地位を確立。彼の一環した世界観とミニマリズムが緻密に融合したライヴセットがヨーロッパを中心に評判を呼んでいる。

 

 

 

国内からは、Ena、O-Ma、Yoshitaka ShirakuraらがSTUDIOフロアに出演。

CONTACTフロアにて開催の『FORCE』の10周年をレジデントのYukimasaと祝うべく集結するのはIORI、Tomo Hachiga、Tatsuoki、Masafumi Takeの強力な国内勢となっている。

 

イベント詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Terra Incognita feat Shapednoise and Zenker Brothers

Date: 2018/1/26(Fri)
Open/Start: 22:00
Before 11PM: ¥1000
Under 23: ¥2000
GH S members: ¥2500
w/f: ¥3000
Door: ¥3500

 

[STUDIO]

Shapednoise (COSMO RHYTHMATIC | REPITCH | Germany)
Zenker Brothers (ILIAN TAPE | Tresor | Germany)

Ena (7even | Samurai Horo)

O-Ma -Live
Yoshitaka Shirakura (Conflux | Konvektion)

 

[CONTACT]

『FORCE 10 years Anniversary -1st Decade-』
Amandra (Ahrpe | Semantica | France) -Live
IORI (Bitta | Semantica)
Tomo Hachiga (HYDRANT)
Yukimasa (FORCE)
Tatsuoki (Broad)
Masafumi Take (Katharsis)

 

[FOYER]

『ARTRIUM』
日下部泰生
ハラタアツシ
Genome

 

More info:

Contact

http://www.contacttokyo.com/schedule/terra-incognita-feat-shapednoise-and-zenker-brothers/

You must be over 20 with photo ID.
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.