HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Kode9、KEN ISHII、Gonnoらが特別なセットで登場する『DIGGIN’ IN THE CARTS』はLIQUIDROOMにて開催

2017年10月末からスタートし、いよいよ今週末の11月17日(金)までの開催となった音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』。11月13日(月)からの最終週には、それぞれ「ノイズと舞踊」「即興」「ゲーム音楽」をテーマにした3つのイベントが開催される。

 

最終日の11月17日(金)に『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017』のラストを飾るのは、LIQUIDROOMで開催される、日本のゲーム音楽の歴史を創った立役者たちとその魅力に影響されたプロデューサーたちが出演するイベント『DIGGIN’ IN THE CARTS 電子遊戯音楽祭』だ。

もともと『DIGGIN’ IN THE CARTS』とは、2014年にRed Bull Music Academyが東京で開催された際に、日本の音楽史の魅力を発信すべくRed Bull Music Academyが公開をした、日本のゲーム音楽の歴史と魅力を探った全部で6つエピソードからなるドキュメンタリー映像シリーズ。「8ビット/16ビットゲームの時代=現在と比べてゲーム機の性能も低く、限られた音色で様々なゲーム音楽を生み出していた時代」を中心に、当時のゲーム音楽が現在の世界の音楽シーンにどれだけの影響を与えてきたかを、日本のゲームミュージックコンポーザー及び、世界で活躍するミュージシャン/プロデューサーたちのインタヴューを絡めながら紹介し、公開当時は世界中のゲームファンの話題を呼んだ。ぜひRed Bull Music Academyの公式チャンネルで公開されている『DIGGIN’ IN THE CARTS』のプレイリストをご覧いただきたい。

 

 

プロジェクトの最新イベントとして今回開催される『DIGGIN’ IN THE CARTS 電子遊戯音楽祭』には、UKからエレクトロニックミュージックをリードし続けてきたレーベル〈Hyperdub〉主宰のKode9が登場。彼が日本のゲームからインスパイアされて制作した音楽を、『アニマトリックス』やKEN ISHIIの『EXTRA』など数々の作品を手掛けたアニメーション監督「森本晃司」の映像作品が取り上げたA/Vショーと並行して披露する。

またKode9は、イベント開催同日に、日本のゲームミュージックの歴史を紐解くコンピレーションアルバム『Diggin’ In The Carts』を〈Hyperdub〉(国内は〈Beat Records〉)から全世界リリースすることも発表している。それに併せて、東京以外でもロンドンとロサンゼルスで『DIGGIN’ IN THE CARTS』のライヴイベントが開催することも決定した。

 

今回の東京公演及び、この後のワールドツアーではデトロイトテクノやシカゴハウスに影響を受けて制作された『ベア・ナックル』シリーズのサウンドの生みの親、古代祐三と川島基宏によるスペシャルユニットがライヴセットを披露することも発表されている。VJは、〈Planet Mu〉からのEP/アルバム作品やLoneのヴィジュアルを手掛けていることで知られるKonx-Om-Paxが務める。

 

 

そして東京公演では、東洋のテクノ・ゴッドとして名高いKEN ISHIIは国内初となる「90年代テクノセット」を披露。グラフィックデザイナー集団「MMM」が制作するVJセットと合わせて、観客を1990年代にタイムトリップさせてくれる。

 

また、プレイステーション用のカルトゲーム『LSD』を手がけたマルチメディアアーティストOsamu Sato(佐藤理)は、事前に各国のファンにSNSを通じて、 (『L.S.D』のゲーム画面のように)自国の街を歩いてもらう映像を募集しており、当日はその映像を編集したライヴA/Vショーを披露する。すでに南米、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、北米などさまざまな国から多くの映像が集まっており、大いに期待ができる。

 

 

『MOTHER1』『MOTHER2』『メトロイド』『バルーンファイト』『スーパーマリオランド』などの音楽で知られるChip Tanaka、〈Hyperdub〉からのリリースで注目を集め続けるゲームボーイ・トラックメイカーQuarta 330、世界からの注目も熱い新世代レーベル/クルー〈TREKKIE TRAX〉からはCarpainterはライヴセットで、日本のハウス/テクノ界を代表するGonnoはチップチューンを織り交ぜたスペシャルセットを披露する。またチップチューンの第一人者Hallyはゲームミュージック界を代表する仲間と共に「HALLY COLLECTIVES」として登場する。

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

DIGGIN’ IN THE CARTS
電子遊戯音楽祭

Date: 2017/11/17 (Fri)

Venue: LIQUIDROOM(恵比寿)

Open/Start: 19:00 / 19:30〜

ADV: 3,500円

※20歳未満は入場不可。顔写真付き身分証必須。

 

Line up:

Kode9 x Koji Morimoto AV set

Chip Tanaka

Ken Ishii Presents Neo-Tokyo Techno (’90’s Techno Set) Visuals by MMM

OSAMU SATO Presents LSD REVAMPED(LIVE) & SPECIAL VJ: TEAM LSD

Quarta 330

Yuzo Koshiro x Motohiro Kawashima Visuals by Konx-Om-Pax

Carpainter (Live Set / TREKKIE TRAX)

hally Presents HALLY COLLECTIVES (hally, Saitone, ヨナオケイシ, 細井聡司, 三宅優, 杉山圭一,Rolling Uchizawa)

GONNO presents beyond the chip sounds (Special DJ SET)

 

Exhibition: あそぶ!ゲーム展 presents ゲーム音楽のパイオニアたち

 

Concept: ゲーム音楽だらけのフェス。

『DIGGIN IN THE CARTS(ディギン・イン・ザ・カーツ)』は、「CARTS(ゲームカセット)をDIGる(掘り探す)」という意味。「DJがレコードを”DIGる”」といったヒップホップのスラングに絡めて、「素晴らしいゲーム音楽を掘り探す(紹介する)」という趣旨が込められています。本イベントでは、当時のゲーム音楽の持ち味や醍醐味はそのままに、現代風のテクノ、ハウス、ブレイクビーツといったジャンルにアレンジしてお届けします。

 

More info: https://www.redbull.com/jp-ja/diggin-in-the-carts-2017-22-08

※オールナイト公演につき、20歳未満の方のご入場はお断り致します。
年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.