HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

RBMA_Montreal_App

NEWS

2016年のRed Bull Music Academyの開催地は実験的な芸術が栄える都市「モントリオール」に決定

音楽におけるクリエイティビティを育成する目的で設立された、世界を旅する音楽学校とフェスティバルのシリーズ『Red Bull Music Academy』が、今年はカナダのモントリオールにて開催されることが決定。参加者の全世界共通の応募期間は、2016年1月18日(月)から2016年3月7日(月)までとなった。

 

1998年のスタートから今回で通算18回目を迎えるアカデミーは、Hudson Mohawke、Cosmin TRG、Akiko Kiyamaらが参加した2007年のトロント以来となるカナダでの開催となり、今回も1ヶ月にわたって現地シーンとも密接に関わる特別な音楽プロジェクトが開催される。

 

RBMA_Montreal_App

 

世界各地から選ばれたプロデューサー、ヴォーカリスト、ビートメイカー、DJ、楽器の演奏家など、独自に音楽を追究するクリエイターたちが音楽学校に参加。アカデミーでは、著名な音楽人よるレクチャー、最新のアートが展示されたスタジオでのレコーディング・セッションやコラボレーションが繰り広げられる。さらにその街を象徴する音楽的/文化的アイデンティティを紹介すべく、アカデミー独自のキュレーションで、パフォーマンスやエキシビジョンが期間中、ほぼ毎日開催される。

 

今回舞台となるカナダのモントリオールは、何十年にも渡り実験的な芸術が栄える都市。ディスコ、ジャズ、フォーク、ヒップホップ、テクノに根づいた豊かな街の音楽の歴史が、Oscar Peterson、Leonard Cohen、Rufus Wainwright、そしてArcade Fireという、偉大なるアーティストたちの音楽を産み出してきている。さらにカナダ人のアカデミー卒業生には、Lunice、Sinjin Hawke、昨年カナダ出身のMC、Drakeの最新アルバム『If You’re Reading This It’s Too Late』へプロデューサーとして迎えられ話題となったEkaliがいる。多言語社会、多文化が交差するこの街では、アートシーンやゲームデザイン、アニメーション産業が栄え、世界でもトップレベルの映像作家も輩出。また、個性的な建築物や産業的なその景観もモントリオールの個性を表現していると言える。多数のフェスティバルやエキシビション、コミュニティギャザリングなど、多様性のあるクリエイティビティが溢れるこの街に、Red Bull Music Academyの独自のテイストを加えられていく。

 

また、2015年、11月の衝撃的な事件により中止せざるをえなくなったRed Bull Music Academy ParisのTERM2。すべての参加者へ等しく機会を与えたいという意向から、RBMA Paris TERM2へ参加するはずであった30名が今回の募集で新しく選ばれる40名に加わり、合計70名が今回のモントリオールへと招待されることになった。応募要項や開催期間等の詳細は後日発表される。

 

また応募期間中は日本でも、アカデミーの雰囲気を少しでも感じるための説明会も兼ねたゲストを迎えてのワークショップセッションも国内数カ所で開催されるとのこと。イベント詳細は後日発表されるのでご期待いただきたい。

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.