HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Pioneer DJが、YamatoのCDJを駆使した超絶テクニックを収録した動画を公開

Pioneer DJが、世界を舞台に活躍するプロデューサーのYamatoがCDJを駆使した超絶テクニックを披露する動画を公開した。

 

 

Yamatoは、コカコーラ社の主催する『burn WORLD DJ CONTEST 2013 JAPAN』に優勝し、スペイン・イビサ島で行われた世界大会でAviciiからフェスの共演者に指名されハンガリー・ブダペストで日本人としては初共演を果たした。その後、DiploやZeddなどの名だたるアーティストと共演し、『Summer Sonic』や『Ultra Japan』、『electric ZOO』など大型フェスにも多数出演。また、Remixやオリジナルトラックも多数手がけており、2014年にはZeddのヒット曲“Clarity”のヴォーカリストとしても知られるグラミー受賞シンガーソングライターFOXESのシングル曲のリミックス“Glorious (YAMATO Remix)”を発表。 2015年1月にはオランダの人気レーベル〈Spinnin’ Records〉の楽曲をMIXした初のMIX CD『SPINNIN’ IN THE MIX mixed by YAMATO』を、そして自身初となるオリジナル楽曲として“Feel Your Light Feat. MATT CAB”をたて続けにリリースしている。彼のオリジナルパフォーマンスである『BLACK』はおよそ200万ヴューもの視聴があり、Afrojack、Laidback Luke、LilJonらがTwitterで話題にするなど、まさに世界のシーンでも一目置かれる存在となっている。

 

 

今回Pioneer DJが公開した動画には彼の真骨頂である、Pioneer DJの機材の機能をフルに活用したテクニカルで躍動感溢れるパフォーマンスを収録。早くも国内外からの注目を浴びている。動画は、Yamatoのオリジナルトラック“Shinwa”をライヴパフォーマンスするところからスタートする。4台のCDJ-2000NXS2とDJM-900NXS2に加え、16個のHOT CUEをDDJ-SP1でコントロールし、RMX-1000のアプリをiPadで用いてUSB Send/Returnで使用するなど、NXS2フルシステムと新機能を駆使したYamatoのパフォーマンスは次のレベルに到達している。

 

「CDJ-2000NXS2」および「DJM-900NXS2」は、多くのクラブに常設機材として設置されているプロ DJ/クラブ向けマルチプレーヤー「CDJ-2000NXS」とDJミキサー「DJM-900NXS」の音質や品質、機能を大幅にアップグレードしたモデル。

「CDJ-2000NXS2」では、スピーディーな選曲と瞬時な楽曲展開の把握が可能な高精細のマルチカラータッチディスプレイを採用したほか、任意の位置から瞬時に再生する「HOT CUE」を最大8箇所に拡大し、大型パッド搭載の追加型DJコントローラー「DDJ-SP1」に、本機のパフォーマンス機能を割り当てる機能を搭載。

「DJM-900NXS2」では、今まで以上に思い通りの自然なミックスができるようにEQやフェーダーのカーブ特性を刷新すると共に、各エフェクトのパラメータを詳細に調整できる機能の追加や、外部エフェクトを追加できるセンドリターンセクションを独立させるなど表現の幅の広がる楽曲アレンジができるようになっている。

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.