HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Pioneer DJが、Serato DJを使っての多彩な操作が行えるベーシックな2ch DJミキサー「DJM-S3」を10月上旬に発売

Pioneer DJ株式会社が、豊富な機能と分かりやすいGUIが高く評価されているSerato Audio Research Ltd.(以下、Serato社)製のDJソフトウェア「Serato DJ」を使って多彩なDJパフォーマンスが行える、ベーシックな2ch DJミキサー「DJM-S3」を10月上旬に発売する。

 

「DJM-S3」は、プロDJ/クラブ向けの2ch DJミキサー「DJM-S9」と同様に、Serato DJ専用サウンドカードを搭載しているので、PC/MacとUSBケーブルで接続するだけで面倒な設定をすることなく、すぐにSerato DJを使った演奏を始めることができる。

 

 

さらに「DJM-S9」のパネルレイアウトの踏襲と、磁気方式クロスフェーダー「MAGVEL CROSS FADER」の搭載、操作可能回数1000万回以上の高い耐久性と細かな操作性は、正確で思い通りのスクラッチパフォーマンスが可能に。正確で思い通りのスクラッチ演奏をすることができる。

 

  

Serato Control Vinyl(※1)との組み合わせによって、アナログレコードでDJプレイするような感覚でパフォーマンスができる。また、大型パッド搭載のDJコントローラー「DDJ-SP1」(※2)と組み合わせることで、叩く、連打するなどのダイナミックなパフォーマンスや、Serato DJに搭載されている豊富なエフェクトで、ライヴでの楽曲アレンジの幅が広がる。

 

(※1 Serato DJ をコントロールするための専用信号が収録された専用のSerato Control Vinyl を追加購入する必要があります。)

( ※2 DJコントローラー「DDJ-SP1」を追加購入する必要があります。)

(※3 Digital Vinyl Systemの略。コントロールディスク(DJソフトウェアをコントロールするための専用信号が収録されたCD/レコード)の再生位置や再生速度に合わせて、PC/Mac内の音楽ファイルを再生するシステム。 )

 

商品の詳細はこちらをご覧いただきたい。

 

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.