HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Pioneer DJがrekordbox dj専用2チャンネルDJコントローラー「DDJ-400」を6月下旬に発売

Pioneer DJ株式会社が、2018年6月26日にDJ向け楽曲管理アプリケーション「rekordbox™」をVer 5.3にアップデートし、併せてDJプレイ機能「rekordbox dj」を自在に操作できる専用2チャンネルDJコントローラー「DDJ-400」を6月下旬に発売することを発表した。

 

 

軽量で可搬性の高いデザインの「DDJ-400」は、友人の家に持ち込んで一緒に練習をしたり、パーティーや小規模な会場で演奏したりするのに最適なモデル。PLAY/PAUSEボタン、CUEボタン、BEAT FX、CDJスタイルのLOOPセクションなどの操作子レイアウトは、Pioneer DJ社のクラブスタンダードモデルを踏襲しているため、実際にクラブなどのDJブースに立つ機会があっても安心して演奏することができる。

近年、PC/Mac内の楽曲を使ったDJパフォーマンスに対応するDJコントローラー市場が拡大し、DJ人口が増加していく中、クラブなど公の場所でもDJをしてみたいという声が増えているが、現行のDJコントローラーの多くは、Pioneer DJ社のプロDJ/クラブ向けマルチプレーヤーおよびDJミキサーのようなクラブスタンダードモデルとは異なる操作子レイアウトを採用しているため、DJコントローラーを使って練習を行ったユーザーがクラブなどに常設されている機材を使用する際に、操作子レイアウトの違いから使い方が分からず、思い通りのDJパフォーマンスを行うのが難しいという声もあったという。「DDJ-400」は、そのような声に対応するためにクラブスタンダードレイアウトを採用し、クラブに常設されている機材と同一の操作感を可能にしている。

 

 

 

また「DDJ-400」は、ライセンスキーが付属されている「rekordbox dj」の新機能「チュートリアル」に対応しており、「rekordbox dj」がインストールされたPC/Macと繋ぐだけで、すぐに使用することができる。

2018年6月26日にリリースされた「rekordbox™」のVer 5.3に搭載された「チュートリアル」は、「DDJ-400」の基本操作からDJプレイに必要なノウハウの習得まで、幅広くサポート。本チュートリアルを通じて、これからDJをはじめられる方でも手軽に分かりやすくDJプレイに必要なノウハウを身につけることができる。

 

 

 

さらにVer 5.3より、演奏中の楽曲の情報を元に、相性の良い順に楽曲を並び変えて表示する「Track Suggestion」機能が追加となった。

「Track Suggestion」では、演奏中の楽曲と関連性の高い順にrekordboxライブラリの全ての楽曲を並び変えることができる機能。演奏中の楽曲と近しい年代にリリースされた楽曲を上位に表示する「Era」、演奏中の楽曲と同じ雰囲気の楽曲を上位に表示する関連性の高い順に表示する「Mood」、演奏中の楽曲と作曲者やレーベルなどが同じ楽曲を上位に表示する「Association」の3パターンで並び替えてくれる。今まで以上に楽曲コレクションを最大限に活用した、柔軟性の高い選曲が素早く行える。

 

「DDJ-400」は6月下旬にオープン価格で発売される。

商品の詳細は以下リンクからご覧いただきたい。

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/controller/ddj-400/black/overview/

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.