HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

WWWβのハウス/ディスコ・ラインの新パーティー『o.m.n.i. //』が5月よりスタート、初回にはAkirahawksやKenji Takimiが登場

全方位へと拡張する新鋭のオルタナティヴ空間「β」に、ベルリンよりAkirahawks、東京の重鎮Kenji Takimi(瀧見憲司)、岡山よりSHIZKA(fka inoue shirabe)、マンチェスターから〈Rhythm Section〉主宰のContoursなどを招いたハウス/ディスコな新パーティがスタートする。

 

多彩なジャンル、多面なサウンド、そして多様なトレンドから「クラブ・オルタナティヴ」をテーマに、そのバックグランドやパーソナリティへも切り込み、現行ダンス/クラブミュージックにおける現代的オルタナティヴを突き進むWWWβのハウス/ディスコ・ラインの新パーティー『o.m.n.i. //』が5月よりスタートする。

 

第1回目は、ベルリンよりスペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げ、ユニークなリエディットを発表する〈House Mannequin〉からAkirahawksが再来日。さらに、その〈House Mannequin〉から「Takimi Mannequin」としてもリリースしたオルタナティヴなディスコ/ハウスの重鎮Kenji Takimi(瀧見憲司)が共演。

 

 

 

そして岡山より、パリの〈Antinote〉やLAの〈100% Silk〉のリリースで脚光を浴びたinoue shirabeの新名義SHIZKAがライヴセットを披露する。

 

 

 

そして、マンチェスターから、ラテンやアフロも取り込み躍進するUKの新興ハウスレーベル〈Rhythm Section〉を主宰し、自身もプロデューサー/DJとして活躍するContoursも緊急来日。幼少の頃から折衷的に様々な音楽に触れ、ドラムとパーカッションを学びながらラテンやアフリカのサウンドとリズムを体得。その影響は自身のDJやトラック、そしてAl Dobson Jr、Henry Wu、Chaos in the CBDなどをリリースする自身のレーベル〈Rhythm Section〉へと受け継がれている。ハウス、ジャズ、アフロ、ラテン、ブロークンビーツ、ヒップホップの間を行く、テキスチャーとリズムを探求し、オンラインラジオ「NTS Radio」と「Reform Radio」のマンスリーレジデントを務めている。

 

 

 

されに、ハニパンことDJ Honyepants、千葉からハンプティダンプティメガネことippei、ハウス/ディスコを軸に様々な音楽を横断するmoriuraが参加する。

メイン、ラウンジ共に充実したキュラクターのあるオムニバスなハウス/ディスコを通して感じて欲しい。

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

o.m.n.i. // Akirahawks / KENJI TAKIMI / SHIZKA

Date: 2018/5/4 (Fri – holiday)

Venue: WWWβ

Open/Start: 23:00

ADV: ¥1,500 @RA

Door: ¥2,000

U23: ¥1,000

 

Line up:

[DJ]

Akirahawks (House Mannequin / from Berlin)

KENJI TAKIMI (CRUE-L | Being Borings / from Tokyo)
Contours (Rhythm Section / from Manchester)
DJ Honeypants (from Tokyo)
ippei (HALO | homework / from Chiba)
moriura (TOPGUN / from Tokyo)

 

[LIVE]

SHIZKA fka inoue shirabe (from Okayama)

 

More info: http://www-shibuya.jp/schedule/008990.php

※ 未成年者の入場不可・要顔写真付きID

※ You must be 20 or over with Photo ID to enter.

  • 3/30 追加

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.