HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Luke Hessが4月に待望の再来日を果たし、VENTにてプレイ

Robert HoodやCarl Craig、Derrick May、URなど生粋のデトロイト・テクノを聴いて育 ち、Basic ChannelやDeepchordなどミニマル・ダブからも影響を受けたサウンドがOmar-Sと共に現在ヨーロッパで高い評価を得ているLuke Hessが4月14日(金)に待望の再来日。

 

デトロイトの新世代要注目アーティストLuke Hessは、90年代後半からDJとして活動を開始し、2007年にOmar-Sの〈FXHE〉からリリースされた『EP 01』で世界的に注目を集める。以後、Nina Kravizとのコラボ作を〈Rekids〉から、他にも〈Echocord〉、〈Kontra-Musik〉、〈Planet E〉などの名だたるレーベルから素晴らしい作品をリリースしてきた。また、2010年には自身のレーベル〈Deep Labs〉を設立し、デトロイトならでは音色が聴ける作品をコンスタントに発表し続けている。そのサウンドの背景には、デトロイトの先人たち、Robert HoodやCarl Craig、Derrick May、URなどが世に発表してきた生粋のデトロイト・テクノを聴いて育ち、Maurizio / Basic ChannelやDeppcordを始めとするミニマル・ダブからも影響を受けたという点がある。デトロイト・テクノが世界的な共通認識となり、一定のサイクルの在るシーンの中では常に高く評価をされ続け、Omar-Sと共に現在ヨーロッパで人気を得ている。デトロイト特有の心地良いメロディーと浮遊感のあるグルーヴ、ダビーでミニマルなテイストを織り込んだサウンドは常に日本のレコードショップでもレコめんどされている。またDJとしても、ベルリンのPanorama BarやロンドンのFabricなどの世界的人気クラブでプレイし、2009年には代官山UNITにて待望の初来日プレイを果たす。デトロイトのフェスティヴァル『MOVEMENT 2010』へも出演し、その人気は留まることがない。

 

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Luke Hess

Date: 2017/4/14 (Fri)
Open: 23:00
Door: ¥3,500

FB discount : ¥3,000

FB event page: https://www.facebook.com/events/1294742103938773/

 

Line up:

[ROOM1]

Luke Hess

So (LABYRINTH / TRI-BUTE)

Iori Wakasa (Dessous / Get Physical / Saw / Highgrad)

Shinya Okamoto (Foureal Records)

Naoya Hara (Alive)

 

[ROOM2]

TIMO

Karinga

Satomicus

kasahara (SYMPATHY / HIGHTIME)

AKARI (SUNNY / CONNEXION)

 

More info: VENT

http://vent-tokyo.net/schedule/luke-hess/ 
※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。 尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.