HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

〈Hospital Records〉主宰のLondon Elektricityと、9月に最新作を発表するMAKOTOがUNITの13周年記念パーティーに登場

UK最強の呼び声高いドラムンベース・レーベル〈Hospital Records〉のボス、London Elektricityが7月21日(金)に『DBS』と共に開催される代官山UNITの13周年記念パーティーに登場する。

 

Tony ColemanことLondon Elektricityは2016年、ロングセラーを記録した2011年リリースの名盤『YIKES !』から4年を経て、11月に通算6作目となるスタジオアルバム『Are We There Yet?』を発表。Liane CarrollやPete Simpsonといった多彩なヴォーカル陣をフィーチャーし、ピアノ、ストリングスといった生音を柔らかなメロディーとグルーヴィーなベースで包み込んだソウルフルな楽曲の数々で最高級のクオリティを見せつけた。今回は〈Hospital Records〉の21年の歴史を詰め込んだ、この日限りの「21 years of Hospital set」をプレイするとのことだ。

 

 

そして、LTJ Bukem主宰の〈Good Looking Records〉の専属アーティストとして1998年にデビュー以来19年、ソウル、ジャズ感覚溢れるサウンドで世界を席巻し続ける、日本を代表するドラムンベースDJ/プロデューサーであるMAKOTOが登場する。これまでに、2枚のアルバム『Human Elements』(2003年)と『Believe In My Soul』(2007年)に加え、DJ Markyの〈Innerground〉、Fabioの〈Creative Source〉、DJ ZIncの〈Bingo〉、〈Liquid V〉などのUK主要ドラムンベース・レーベルから、12インチシングル、EP、リミックス、コンピレーションへの参加など、数々の楽曲を発表している。そして今年9月、かねてよりコネクションのあった〈Hospital Records〉から満を持してアルバムをリリースすることが決定。絶好のタイミングでのLondon Elektricityとの共演となる。

 

競演には、〈W10 Records〉を主宰するMAKOTOの盟友Danny Wheeler、そして今年6月に300回放送を達成した『blockFM』の「Localize!!」からTETSUJI TANAKAが登場。代官山UNITの13周年、MAKOTOのニューアルバムを祝し、極上のサウンド・システムとSO IN THE HOUSEによる最高の映像でパーティーをお届けする。

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

UNIT 13th ANNIVERSARY

DBS presents “HOSPITAL NIGHT”

Date: 2017/7/21 (Fri)

Venue: UNIT

Open/Start: 23:30

ADV: 3,000yen

Door: 3,500yen

 

Ticket outlets: NOW ON SALE!!
PIA (0570-02-9999/P-code: 333-696)

LAWSON (L-code: 74079)

e+ (UNIT携帯サイトから購入できます)

clubberia http://www.clubberia.com/ja/events/268846-HOSPITAL-NIGHT/
RA https://jp.residentadvisor.net/event.aspx?974718

 

Line up:

LONDON ELEKTRICITY (Hospital Records, UK)

MAKOTO

DANNY WHEELER

TETSUJI TANAKA

 

VJ: SO IN THE HOUSE

Painting: The Spilt Ink.

 

 

More info: UNIT
Za HOUSE BLD. 1-34-17 EBISU-NISHI, SHIBUYA-KU, TOKYO
03.5459.8630
UNIT: www.unit-tokyo.com
DBS: www.dbs-tokyo.com

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.