HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Jesse Kandaが緊急来日、クラブを寺院に見立てるサウンド&アートインスタレーションのイベントを開催

ArcaやFKA twigs、Bjorkの強烈なヴィジュアル面を担い、またプロデューサーとしての名をdoon kandaとして活動するJesse Kandaが5月29日(月)に緊急来日。LIQUIDROOMにてサウンド&アートインスタレーションのイベントを開催する。

 

Jesse Kandaは1987年、神奈川県逗子市生まれ。彼の名前を知らしめたのは、デジタルのフレームに生み出したイメージ──グロテスクでありながら、エロティックであり、抗えぬ淫靡な魅力が共存した異形のクリーチャー(?)たちであった。ヒトなのか動物なのか、欠損と過剰さが支配する強烈なインパクト。実はひっそりとこの世と現実に存在しているようなリアリティをもって迫ってくる。ArcaやFKA twigs、さらにはBjorkの楽曲と合間って、そのインパクト溢れるイメージがインターネットでさらなる拡散がされたことはひとつ間違いない事実。Aphex TwinとChris Cunninghamの再来という絶賛も相応のものだろう。ともかく、彼が作り出した視覚イメージは、ひとつポスト・インターネット/SNS時代で増殖し、広がる視覚イメージのなかでも一際インパクトを持ち、それに触れるものたちを魅了してきた。まさにそこへと接続したものたちの「感覚」をひとつ変えてしまったといったも過言ではないだろう。さらに最近では彼は、そのイマジネーションの発露を電子音楽制作へも投下し、doon kandaとしてサウンド・メイキングも行ない、この1月には12インチシングル『Heart』がKode9主宰の名門〈Hyperdub〉からリリースされた。そして海外では、NYのMoMAでのマルチメディア・アートのインスタレーションを行うなど、活発な活動を見せている。

 

5月29日(月)にLIQUIDROOMのスペシャルなイベントは、彼のアート/音楽を直に感じることができる非常に貴重なチャンスとなる。「クラブを寺院に見立てる」という、コンセプチャルなものとなるようで、現実とイメージの境界線を危うくさせる、肉体的なリアリティを持った強烈なイメージの過剰がもたらす、幻の神々たちとの邂逅となりそうだ。アートの展示とともに、doon kandaとしてのDJプレイも披露される模様であると共に、来てからのお楽しみという、いくつかのヤバい体験もあるようだ。

そしてLIQUIDROOM2階のギャラリーのKATAでは同日から、『Jesse Kanda “THERIANTHROPES” EXHIBITION supported by TOGA』が4日間限定で開催される。

 

両イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

LIQUIDROOM presents
doon kanda DJ SET + Jesse Kanda ART SHOW

Date: 2017/5/29 (Mon)

Venue: LIQUIDROOM

Open/Start 19:30

ADV: 3,000yen[tax in. / +1drink order]*(5.13 on sale!!)

 

*Ticket outlets:

e+<http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002225168P0030001

LAWSON[L code 73482]

PIA[P code 333-290]

 

More info: LIQUIDROOM

03-5464-0800

http://www.liquidroom.net

 

 

Jesse Kanda “THERIANTHROPES” EXHIBITION supported by TOGA

Date: 2017/5/29(Mon)~6/1(Thu)

Open-Close: 13:00-20:00

Venue: KATA[LIQUIDROOM 2F]

Entarance: Free

 

More info: KATA

http://kata-gallery.net

  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.