HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

NEWS

Leon VynehallがContactにてロングセットを披露、同日にDelano Smithの出演も緊急決定

Leon Vynehallが9月9日(土)にContactにて6時間に及ぶロングセットを披露、同日にDelano Smithの出演も緊急決定した。

 

Leon VynehallはUKのポーツマス出身のDJ/プロデューサー。2012年に〈Well Rounded Housing Project〉からEP『Mauve』でデビューすると、翌年にはその才気を高く評価され、Martynが運営しているレーベル〈3024〉に迎え入れられて、EP『Open』をリリース。同年には〈Aus Music〉からもEPをリリースするとたちまち注目を集め始め、勢いのまま2014年に〈3024〉から1stアルバム『Music For The Uninvited』をリリースすると、『Resident Advisor』のアルバムレビューでは「4.5 /5」を獲得し、また年末恒例の「Top 50 tracks of 2014」では、収録曲の“It’s Just (House of Dupree)”が堂々の11位にランクインしたことを筆頭にあらゆるメディアから評価を獲得。同作のスマッシュヒットを契機に、ベルリンのPanorama BarやイビザのDC-10といったヨーロッパのクラブにとどまらず、アメリカへもブッキングされるようになるなど、大躍進を遂げた。彼の音楽性はFour TetやFloating Pointsといった先人と並ぶ多様性を含んでいるにも関わらず、いずれの楽曲においても一貫性を感じることができるのは、彼がDJとして得た経験に由来しているダンスフロアの機能性に終始することのない一種の温かみを生み出すムードとエモーションが大きな理由と言えるだろう。2016年には、そういった現在の彼を反映させた2ndアルバム『Rojus (Designed To Dance)』を〈Running Back〉から発表。シンセやストリングスが揺らめいていたウワモノからさらに多様性を増し、黒さが溢れるグルーヴ上で表現した力強い楽曲が多くのハウスファンの心を捉えている。

 

 

Vynehallは現在ヨーロッパとアジアの5ヶ所、パリのConcrete、イビサのPikes、オスロのJaeger、リヨンのLe Sucre、そして東京のContactにおいて2017年のレジデントを務めている。今回のレジデンシーは、ツアーを控え楽曲制作に注力する為に決定したものだという。彼はそれぞれのベニューで自身一人、あるいは彼が選んだアーティストを迎えてオールナイトセットを行っており、パリのConcretではGerd JansonとのB2Bが披露された。今回の来日では、CONTACTエリアにて、6時間に及ぶロングセットを披露する予定だ。彼はロングセットについて「一晩の鍵を握らされた時や、6時間以上のセットを任された時は、本当に心地よく、くつろいでやれる」と話している。彼の極彩色の楽曲の礎となったありとあらゆる音楽が、ドラマチックに表現される一夜となるだろう。 

 

 

 

また、この日はデトロイトの最後の重鎮と呼ばれるDelano Smithの出演も緊急決定。シカゴに生まれデトロイトで育ったDelano Smithは70年代後期にキャリアをスタート。デトロイト・テクノが世界的名声を得る遥か以前、デトロイト・アンダーグラウンドを代表する第一世代DJの1人としてシーンの基礎を築き上げ、2003年には自身のレーベル〈Mixmode Recordings〉を設立、デトロイト・テクノ黎明期から長きに渡り、後続のDJ達に絶大な影響を及ぼし続けた。2012年にはDerrick MayやJeff Millsが絶賛した超待望の1stアルバム『An Odyssey』を〈Sushitech Records〉からリリース、世界中のトップDJ達もヘヴィー・プレイし、その人気と弛まぬ実力が決定的なものとなる。2014年には傑作2ndアルバム『Twilight』を発表、以降もDJとしてもヨーロッパを中心に世界中を飛び回り、常にアップデートされるデトロイト・サウンドをプレイし続けている。そして今年の9月には〈Sushitech Records〉から未発表音源をコンパイルしたアルバム『Detroit Lost Tapes』がリリースされる予定だ。

 

 

STUDIO XにはDelano Smithほか、これまでに『Future Terror』や『Cabaret』のレジデントを務め、現在は東高円寺のGrassrootsで『LAIR』と昨年スタートしたパーティー『DAZE OF PHASE』を主宰するKabuto、『Artemis』主宰のNehan、デトロイト/シカゴ・ハウスを軸に黒い音を主張するパーティー『tite-line』のKoudaiらが登場、CONTACTエリアには、Leon Vynehallと『DECK THE HOUSE』のzakiがプレイする。

 

UK注目の若手によるエクスクルーシヴなロングセットと、デトロイトの重鎮による卓越されたプレイが交差する夜を、お見逃しなく。

 

イベント詳細は以下の通り。

 

 

 

 

Delano Smith / Leon Vynehall 6 hour set supported by tite-line

Date: 2017/9/9(Sat)

Venue: Contact
Open: 22:00

Door: ¥3500

w/f: ¥3000

GH S members: ¥2500

Under23: ¥2000

Before11PM: ¥1000

 

Line up:
[STUDIO X]

Delano Smith (Mixmode Recordings)

Kabuto (DAZE OF PHASE/LAIR)

Nehan (Artemis)

Koudai (tite-line)

 

[CONTACT]
Leon Vynehall -6 hour set
zaki (DECK THE HOUSE)

 

 

More info: Contact

東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
※Contactは会員制となっております。ご来場の皆様に登録をお願いしております。
  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.