HigherFrequency ハイヤーフリケンシー

20161111artists

NEWS

Lena WillikensとObjektが11/11に揃ってContactに初登場

斬新奇抜に電子音楽を連ねるDJと〈Cómeme〉など辺境レーベルからの作品で知られる才女Lena Willikensと、デビュー後数年でベース/テクノ・シーンの融合とその志向の促進に一役買い今十年間における時代の寵児となったObjektが、11月11日(金)にContactにてプレイする。

 

ケルン拠点の女性DJ/アーティストのLena Willikensが長年築いてきたキャリアは異質でありながら、揺るぎない一貫性を持っている。デュッセルドルフに在る実験精神と先進性をキーワードにしたコミュニティの場として注目を集めるクラブ「Salon Des Amateurs」において長年レジデントを務め、Matias Aguayo主宰レーベルが運営するラジオ番組『Radio Cómeme』では、所有するレコードコレクションからダークで予測不可能な音楽を世界に紹介し続ける番組行い、2014年に『Juno Records』のベスト・ポッドキャストに選出されている。また、Lena Willikensは少量ながらトラックのリリースも行っており、2015年には自ら運営に携わっているレーベル〈Cómeme〉よりEP『Phantom Delia』を発表している他、数曲ながらコンピレーションへの提供も行っている。さらには、1933年に製作された無声邦画『港の日本娘』のオリジナルサウンドトラックを作成するなど、テルミンやループペダル、ターンテーブルを用いたライヴパフォーマンスはアートフォームとしての注目を集めている。ボディミュージックを彷彿とさせる硬質かつタイトなビートに偏執的なフレーズとボイスサンプルを乗せたトラックは、彼女の音楽性を凝縮しているかのように濃厚な深みを秘めている。彼女の作品とDJから伺えるのは、既成概念にとらわれない自由で実験的な要素をダンスという肉体性と快楽性に結び付けている点だ。その結果、Willikensにしか成しえない特異なグルーヴによる殺伐としたサウンドスケープが実現されている。

 

 

Native InstrumentsのDSPプログラマーとしての顔も持つベルリン拠点のイギリス人、T.J HertzことObjektは、2011年にプロジェクトと同名のホワイト盤レーベル〈Objekt〉から突如リリースを始め、突出した個性と存在感でダブステップ通過後のシーンにプロデューサー/DJとして一気に頭角を現した。意識をえぐるように強烈な革新的サウンドデザインと緻密に構成された中毒性の高いディテール、テクノ特有の逸脱性を非4つ打ちのフォーマット上で表現した強力なダンストラックは、ベースミュージック〜テクノまで幅広い支持を集め、ダブテクノなど既存のジャンルとは異なるベースとテクノの融合体として評価を高めた。デビューから1年後に〈Hessle Audio〉からリリースされた出世作『Cactus / Porcupine』から、Dopplereffektとのスプリット盤『Hypnagogia』、2014年に〈PAN〉からリリースしたアルバム『Flatland』、また同アルバム収録曲のリワークを片面プレスした衝撃作『The Stitch-Up』と立て続けに話題作をリリースし、数多くのリスナーを唸らせる。作品を重ねる毎に、荒れ狂う電子音を見事に手なずけることで混沌と統制を両立させ、肉体性と機能性の兼備により、サウンドデザインとダンスミュージックの常識を覆してきた。また、作品同様に驚きに満ちた選曲と卓越したスキルによって展開される彼のDJセットも世界各地で話題を呼んでおり、今年はテクノの名門レーベル〈Tresor〉から初のミックスCD『Kern Vol.3』をリリース。同作は、エレクトロ、ハウス、ボディミュージックなど、広範なエレクトロニック・ミュージックを網羅しながら(ときにBPMも大きく変化させながら)、ハメとヌケを繰り返す圧巻のスタイルを打ち立て、新たなObjektの名刺代わりの作品としてキャリアに加えられた。

 

 

共演には、昨今の東京アンダーグラウンド・シーンを支える柱のひとつとなっているレコードショップ/レーベル〈Big Love〉から、最新7インチをリリースしたばかりの女性プロデューサー/DJのSapphire Slowsが登場。ゲスト2人との音楽的時代感覚が近似する彼女ならではのサポートは、フロアに常軌を逸したムードを作り出すだろう。Contactラウンジには、バイヤーとしてイタロ・ディスコやコズミック・ディスコをいち早く日本に紹介したDr. Nishimuraを始め、『Veta』のTakahashi、『rural』のNao、『LSI Dream』のasyl cahierがDJとして登場し、〈Detroit Underground〉から1stアルバムをリリースしたGalcidがライヴセットを披露する。

 

 

イベントの詳細は以下の通り。

 

 

 

 

20161111flyer-front

Lena Willikens & Objekt
Date: 2016/11/11(Fri)
Venue: Contact
Open: 22:00
Door: ¥3500
w/f: ¥3000
GH S members: ¥2500
Under23: ¥2000
Before 11PM: ¥1000

 

Line up:
[Studio]
Lena Willikens (Cómeme | from Germany)
Objekt (Objekt | PAN | Hessle Audio | LEISURE SYSTEM | from UK)
Sapphire Slows (Not Not Fun)

 

[Contact]
Dr Nishimura
Galcid – Live
Takahashi (Veta)
Nao (rural | addictedloop)
asyl cahier (LSI Dream)

 

More info: Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
※Contactは会員制となっております。ご来場の皆様に登録をお願いしております。
  • CDJ-2000NXS2 DJM-900NXS2

Pioneer DJ

COPYRIGHT © 2015 HigherFrequency ALL RIGHTS RESERVED.